【ゲスト】結婚式当日の予期せぬトラブル!対処法をチェック | 家族挙式のウエディング知恵袋

【ゲスト】結婚式当日の予期せぬトラブル!対処法をチェック



結婚式は新郎新婦はもちろん、招待されたゲスト側も、結婚式当日に向けて準備をおこないます。着て行く服を選んだり、ご祝儀の用意やヘアメイクの用意、式場までの行き方のチェックなど、ゲスト側の準備も実にさまざま。しかし準備を万全にしていたつもりでも、結婚式当日に予期せぬトラブルに遭遇してしまう可能性も。

今回はそんな結婚式当日の予期せぬトラブルについて、ゲスト側の目線で対処法をご紹介します! しっかりとチェックして、当日に慌てることのないようにしてくださいね。

 

結婚式当日に慌てないために!トラブル別対処法リスト


それではトラブル別に対処法を見ていきましょう。結婚式当日に予期せぬトラブルで慌ててしまうと、さらに他のトラブルを呼んでしまうことになりかねません。対処法を事前に頭に入れておくことで、落ち着いて行動することができますよ。

 

【結婚式当日のトラブル】ご祝儀を忘れた場合の対処法

結婚式当日にご祝儀を忘れてしまうケースは、実は少なくありません。結婚式の会場に到着してから気付くことも多く、受付で血の気が引いてしまうことも。しかし決して慌てず、まずは次の事柄をチェックしましょう。

  • 受付時間終了までに余裕があるかどうか
  • 会場の周囲にコンビニやスーパー、ATMなどがあるかどうか

時間に余裕があり、周囲にコンビニやスーパー、ATMなどがあるのであれば、すぐに祝儀袋と現金を用意します。新札が手に入りにくいのが痛いですが、そこはやむを得ません。しかし、もし近くに土日も営業している郵便局や、新札に対応しているATMがあれば、新札も手に入りますよ。

ご祝儀を準備している余裕がない場合は、受付を担当している方に事情を伝えるようにします。そして結婚式後に現金書留でご祝儀を送ったり、直接本人に届けたりするといいでしょう。結婚式から日が経ちすぎないよう注意し、お詫びの言葉を添えるのを忘れないようにしてくださいね。

 

【結婚式当日のトラブル】遅刻しそうな場合の対処法

どれだけ万全の準備をしていても、予期せぬトラブルは起こるもの。そのひとつに「遅刻」が挙げられます。結婚式当日に遅刻してしまいそうな場合は、決して黙って遅刻をしてはいけませんし、「もう無理」と諦めてドタキャンするなんてもってのほか。必ず結婚式の会場に連絡を入れるようにしてください。

  • 必ず会場に連絡を入れる
  • 連絡先がわかる友人も招待されていれば、友人にも連絡を入れる
  • 会場に到着する時間の目安を伝える

会場に到着後は独断で行動はせず、会場のスタッフの指示に従って行動するようにします。勝手にチャペルや神殿、披露宴会場に入ってしまってはいけません。大切な儀式の最中だったり、誰かのスピーチの最中だったりするかもしれないからです。入場できるタイミングまで少し長めに待たなければならない場合もありますが、落ち着いて待つようにしてくださいね。

ご祝儀はとくにスタッフの指示がなければ、結婚式終了後に新郎新婦のご両親に渡すといいでしょう。遅れてしまったお詫びと、お祝いの言葉を添えて、丁寧に手渡ししてくださいね。

 

【結婚式のトラブル】会場の備品を汚したり、破損したりしたときの対処法

挙式や披露宴の最中に、何らかの理由で備品を汚してしまったり、壊してしまったりしてしまうケースがあります。慣れない靴で転んでぶつかってしまった、飲み物や食べ物をこぼして汚してしまった、子どもが悪戯をしてしまった……など、理由はさまざま。

そんなときも、焦って隠そうとしたり、黙っていたりするのはマナー違反。必ず会場のスタッフに伝え、どう対処するべきか相談するようにしましょう。

 

【結婚式のトラブル】当日急に行けなくなってしまったときの対処法

結婚式当日、身内の不幸や、自身の病気や怪我など、やむを得ない理由で行けなくなってしまうケースがあります。当日、突然行けなくなった場合は、会場や友人に必ず連絡を入れ、可能であれば新郎新婦にも伝えるようにしましょう。

また早い段階でキャンセルしなければならないことがわかっている場合は、早めに新郎新婦に連絡を入れてください。当日まで黙っている、ということのないようにしましょう。

 

【結婚式のトラブル】結婚式の最中に体調が悪くなったときの対処法

何事もなく結婚式の会場に到着したものの、挙式の最中や披露宴の最中に体調が悪くなってしまった……そんなときは、決して我慢はしないようにしましょう。着慣れない服や、履き慣れない靴、厳かな場面での緊張なども手伝って、余計に体調が悪くなってしまうことも。

我慢することで悪化し、結果的に倒れてしまうなどの迷惑をかけることになってはいけません。体調が悪くなったら会場のスタッフに相談し、そっと退席したり、別室で休ませてもらうようにしてください。挙式の最中は退席が難しいので、挙式が終了したらすぐにスタッフに相談しましょう。

スタッフから新郎新婦にも事情を伝えてもらえますので、心配は不要です。退席する際には、同じテーブルの友人知人や、新郎新婦のご両親に一言伝えることができるといいですね。そして目立たないよう、スタッフの指示や誘導に従って静かに退席しましょう。

 

結婚式当日のトラブルは、まずは落ち着いて対処することが大切!


結婚式当日のトラブルとその対処法についてご紹介しましたが、これは起こり得るトラブルの一部、代表的なものでしかありません。予想外のトラブルが発生したとき、まず大切なのは焦らないこと。どんなトラブルであっても落ち着いて対処することが大切です。

落ち着いて対処するのはもちろん、ひとりで対処しようとはせず、「連絡するべきところに連絡」「会場スタッフに相談」等の行動も忘れないようにしてくださいね。

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加