スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

仙台駅西で、神社挙式が出来るおすすめの神社3選


家族挙式/神鳩殿

神社挙式といえば、古き良き日本の伝統的な作法のもと、執り行われる結婚式のスタイルの一つです。新婦は白無垢(しろむく)や色打掛(いろうちかけ)、新郎は紋付袴(もんつきはかま)といった和装にて行われる神社挙式では、厳粛で神妙な雰囲気を味わうことができます。

日本古来の挙式スタイルなので、ご年配の方に喜んでいただきやすいのもメリットといえますね。

今回は仙台駅西で神社挙式を挙げたいという方にぴったりの神社を3社紹介したいと思います。

※現地の見学は予約制になっております。事前に家族挙式各サロンへご連絡ください。
家族挙式ご相談サロン http://jinjya.kazoku-wedding.jp/salon/

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://jinjya.kazoku-wedding.jp/plan/

神鳩殿

ホテルの中で神社挙式を挙げられる神鳩殿!

家族挙式/神鳩殿

地元の人々に愛されるホテル「仙台国際ホテル」。神鳩殿(しんきゅうでん)は、そのホテルの中に鎮座する神殿です。伊達政宗公の時代から、仙台の総鎮守として信仰されている「大崎八幡宮」の分霊を祀っています。

床には大理石が敷かれ、総檜(ひのき)・銅板葺き・神明造りの天井と屋根を備え、ホテルの中にあるとは思えないほど本格的な神殿です。

ホテルの中の神殿という他にはないロケーションで、一味違う神前結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか。

神鳩殿のおすすめポイント

家族挙式/神鳩殿

【ポイント1】50名まで参列可能な神前結婚式

神鳩殿の挙式は衣裳とメイク、写真込みで97,200円+初穂料50,000円から可能です。衣装は白無垢(しろむく)、色打掛(いろうちかけ)の2つから選ぶことができます。また、お食事会や披露宴とのおトクなセットプランもあります。

披露宴のプランの参加人数は30名前後までとなっていますが、神前挙式では神殿に50名まで参列することができ、お二人の華やかな門出をより多くの方にお祝いしてもらえることでしょう。

【ポイント2】ホテルの中で完結するスムーズな結婚式

神鳩殿の魅力はなんといっても仙台国際ホテル内で式が完結する点でしょう。挙式後は、そのままホテル内の会場を利用して会食や披露宴への移動もスムーズです。また、神鳩殿へ続く廊下からは、枯山水式の和庭園を眺めることができます。こちらの庭園を利用して、色鮮やかな和装を身にまとっての前撮りも可能です。

お二人の晴れ姿を美しい1枚に収めてはいかがでしょうか。

【ポイント3】新幹線も停車する仙台駅から徒歩5分の好立地!

神鳩殿の鎮座する仙台国際ホテルは仙台駅より徒歩5分とたいへんアクセスしやすいのも嬉しいポイントです。仙台駅は仙台市地下鉄やJR東日本線の在来線に加え、新幹線も停車するので遠方にお住いの方にお越しいただきやすいのも大きなメリットといえますね。

◇所在地:MAPを確認する

  • 仙台市青葉区中央4-6-1
  • TEL 022-713-6300

◇交通・アクセス

  • 仙台駅から徒歩約5分

宮城縣護國神社

仙台城跡に鎮座する宮城縣護國神社

家族挙式/宮城縣護國神社

宮城縣護國神社(みやぎけんごこくじんじゃ)は、観光地としても賑わう「仙台城跡」に鎮座する神社。戦争で国に命を捧げた数々の郷土出身者の御霊を祀る神社の本殿は、あの伊勢神宮の「風の宮」の旧正殿でもあります。これは東北に初めて下げ渡された貴重な建築物です。昭和二十年には空襲で一度社殿を焼失していますが、多くの困難を乗り越えて現在の姿に復興したその姿は宮城県・仙台市の誇りとして、シンボル的な存在になっています。

どんな困難も乗り越えてきた強さを持つ神社での挙式は、お二人の未来にも末永く固い絆を約束するに違いありません。

宮城縣護國神社のおすすめポイント

家族挙式/宮城縣護國神社

【ポイント1】歴史の重みを感じる史跡の中での神前挙式

観光地としても人気の高い仙台城跡の本丸跡に鎮座する宮城縣護國神社。その周囲には伊達政宗像のほか、長い歴史が刻まれた石垣や復元された大手門脇櫓(おおてもんわきやぐら)等があります。日本の文化・歴史を愛する人にはたまらないロケーションでの挙式が叶いそうですね。

宮城縣護國神社での挙式は、97,200円+初穂料103,240円から可能です。また神前式のあとの会食や披露宴のご相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

【ポイント2】朱色の社殿で鮮やかな記念の1枚を

鮮やかな朱色の社殿で行われる神前結婚式は、古式にのっとった巫女による舞いや三々九度など華麗で荘厳な雰囲気があります。挙式後に行われる本格的な花嫁行列は、県外からの希望者も多いほどの人気です。挙式後は社殿の朱色と青葉山の緑のコントラストが美しい境内で参列者と記念撮影できるのもポイントです。

【ポイント3】駐車スペースが大きく、自動車で来場しやすい

宮城縣護國神社は東北自動車道・仙台宮城インターから約20分です。駐車場は大型バス30台、自家用車150台とスペースにもかなり余裕があります。電車でお越しの方も、仙台駅前から発車する仙台市観光シティループバス「るーぷる仙台」に乗車して仙台城址までお越しいただけます。交通手段の多さは遠方からご来場の方にとってはとても助かりますよね。

◇所在地:MAPを確認する

  • 宮城県仙台市青葉区川内1番地
  • TEL 022-223-7255

◇交通・アクセス

  • 東北自動車道・仙台宮城インターから約20分
  • 仙台市観光シティループバス「るーぷる仙台」『仙台城址』下りてすぐ

愛宕神社

仙台市を一望できる山頂で挙式を!愛宕神社

家族挙式/愛宕神社

愛宕神社(あたごじんじゃ)は、仙台市23区で、自然の地形としては最も標高が高いとされる「愛宕山」の山頂に鎮座しています。その創建は慶安3年(1650年)にまで遡り、火の神である軻遇土神(かぐつちのかみ)が祀られています。楼門の両袖には、愛宕大神の使いとされる天狗の座像が安置されています。愛宕山は東に太平洋、西に蔵王連峰、南に大年寺山、北に栗駒山を臨む景勝地で、かつてはあの吉田松陰も仙台に来た折に、この山からの眺望を楽しんだといわれています。

仙台の町並みを一望できる愛宕山の山頂で、厳粛な雰囲気の中、神前結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか。

愛宕神社のおすすめポイント

家族挙式/愛宕神社

【ポイント1】指輪の交換もできる!独自の神社挙式

仙台市の有形文化財にも指定されている拝殿では、古式ゆかしい神前結婚式を執り行うことができます。しかし、それだけではなく、事前に希望すれば、式中で指輪の交換を行うこともできます。日本の伝統を重んじた神社挙式とはいえ、西洋の文化も取り入れて婚約指輪を交換できるとやっぱり嬉しいですよね。

愛宕神社での挙式は、衣装・メイク・写真込みで97,200円+初穂料から可能です。初穂料は50,000円と比較的安価なのもポイントです。

【ポイント2】樹齢500年を超える「夫婦杉」が聳え立つパワースポット

愛宕神社では、境内の草木の一本一本が御神木として昔から大切に育てられてきました。なかでも拝殿脇に生える「夫婦杉」は樹齢500年以上の老杉。この夫婦杉は旅人の目標でもあり、ずっと仙台の街を見守ってきました。そんな御神木に見守られながら迎える結婚式では、きっとお二人の末永い幸せが約束されることでしょう。

【ポイント3】駅から近く、遠方の方にも来てもらいやすい!

愛宕神社は地下鉄「愛宕橋」駅より徒歩10分、市営バス「愛宕神社前」駅より徒歩5分の好立地です。山の上とは思えないほどアクセスが良好であることも大きなメリットですね。

◇所在地:MAPを確認する

 

  • 宮城県仙台市太白区向山4-17-1
  • TEL 022-223-6096

◇交通・アクセス

  • JR「仙台」駅前から市営バス「愛宕神社前」下車徒歩約5分
  • 仙台市地下鉄南北線「愛宕橋」駅より徒歩約10分

今回は仙台駅西で神前結婚式を執り行える神社を3つご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

それぞれ異なるメリットがありますが、神鳩殿、宮城縣護國神社、愛宕神社のいずれも仙台市の歴史と強い結び付きがあり、その歴史を紡いできた人々の強い思いを感じられることでしょう。ぜひとも仙台市での神社挙式をご検討してみてください。