スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

【ゲスト】結婚式の受付係のマナーや仕事を徹底解説!



結婚式の顔ともいえる受付係。結婚式でゲストを出迎える大切な役目を担う存在ですが、具体的にどんな仕事を任されるのか、守らなければいけないマナーはあるのか、など疑問が次々と浮かんできている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、新郎新婦から結婚式当日の受付係を任されたという方のために、受付係の仕事やマナーについてご紹介していきます。新郎新婦から受付を依頼された、という方はぜひ当日までにチェックしてくださいね。

 

結婚式で受付係が担当する仕事とは?


新郎新婦やその家族に代わり、芳名帳への記帳やご祝儀の受け取りなどをするのが、受付係の基本的な仕事です。一般的には、新郎側から2人、新婦側から2人が選ばれ、それぞれの側に分かれてゲストを出迎えます。

そのため、1人がゲストへのあいさつや案内を、もう1人がご祝儀の管理をするなど、役割分担を決めておくと動きやすいです。では、結婚式当日、具体的に受付係がどんな仕事をするのか、順を追って見ていきましょう。

  • <受付係の当日の動き>
  • 受付に来たゲストを親族の立場として出迎える
  • ゲストからご祝儀を受け取り、芳名帳への記帳をお願いする
  • お車代などを預かっている場合はゲストに渡す
  • 席次表などの配布物をゲストに渡し、会場の案内をする
  • すべての案内が終わったら、芳名帳とご祝儀を指定された人に渡す

新郎新婦からお車代を預かっている場合は、名簿などでゲストの名前を確認し、確実に渡しましょう。その際、他のゲストの目もあるため、さりげなく渡すようにするのがベターです。

また、すべてのゲストの案内が終わり次第、自分たちの記帳もおこないます。最後に預かっているご祝儀と芳名帳を、あらかじめ指定された方(新郎新婦の家族など)に渡せば当日の仕事は終了です。

 

結婚式で押さえておきたい、受付係のマナー


受付係は、新郎新婦やその家族の代表に代わりゲストを出迎える重要な役割です。それゆえ、ゲストから立ち居振る舞いをチェックされることもあります。ここからは、受付係を担当する際に押さえておきたいマナーについてチェックしていきましょう。

 

親族側の立場として振る舞う

結婚式当日、忘れてはならないのが受付係は親族側の立場であるということ。そのため、ご祝儀を受け取る際も「ありがとうございます」といって受け取るようにします。ただし、親族の対応をする場合は「本日はおめでとうございます」とあいさつするのがマナーです。

また、受付同士でしゃべっていたり、態度が悪かったりと、ゲストが悪い印象を抱くような言動は避けましょう。受付は、新郎新婦やその家族の代表としてゲストを出迎えていますから、それに恥ずかしくない立ち居振る舞いを意識したいですね。

 

身だしなみを整える

受付を担当するからといって、服装に決まりがあるわけではありません。ゲストとして結婚式に参加するときと同じように、基本的な身だしなみのマナーを守ればOKです。その上で、老若男女に受け入れられる、清潔感を意識した服装やヘアスタイルを選択するのがベターでしょう。

そのため、男女ともに派手すぎる服装やヘアスタイルはNG。とはいえ、結婚式はお祝いの場ですから、結婚式らしい華やかな印象は取り入れたいところ。また、受付係はなにかと手元を見られることが多いです。清潔さはもちろん、女性の場合はネイルがはがれていないか、なども確認しておきましょう。

 

遅刻をしないように注意

受付係の遅刻はもちろんNG。ゲストよりも早く会場に付くようにし、受付の準備を整えます。遅刻することのないよう、あらかじめ集合時刻や会場までのアクセス情報をしっかりと確認しておきましょう。

 

大金を管理していることを忘れずに

受付係の仕事で大切なのが、ご祝儀の管理。受付係は最終的に何十万、何百万という大金を管理することになります。そのため、ご祝儀を置いたまま持ち場を離れるようなことはしないようにしてください。どうしても離れなければならない場合は、必ずどちらか一方がその場に止まるようにします。常に緊張感を持ちながら仕事をしましょう。

また、ご祝儀を最後に渡すのは、あらかじめ決めた人のみです。受付の最中に関係者のふりをして近づいてご祝儀を盗む、という事件もあります。事前に式場のスタッフや新郎新婦と打ち合わせた方法以外でご祝儀を渡すことのないようにしましょう。

 

スマートに結婚式の受付係をこなそう!


結婚式当日、新郎新婦はなにかと忙しくゆっくり話をしている時間はほとんどないと思っていいでしょう。確認したいことや相談しておきたいことがある場合は、結婚式当日までに伝えるようにしてください。

また、受付係の仕事のなかでもとくに重要なのがご祝儀の管理です。新郎新婦が信頼をして任せているので、しっかりとその仕事を全うし、お祝いをしましょう。事前に今回ご紹介したマナーや仕事内容をチェックして、スマートに受付係の仕事をこなしてくださいね。