スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

プリザーブドフラワーのブーケを結婚式に!メリット・デメリットは?



結婚式で女性が迷うもののひとつに、「ウェディングブーケ」があります。衣装と同様に、「どんなデザインにしようか、花は何を使おうか」と、頭を悩ませる女性は多いのではないでしょうか。ドレスのデザインや色に合わせたり、自分の好きな花や季節の花を使ったり。ブーケと一言で言っても、デザインが決まるまでにはたくさんのことを考えるものです。

デザインや使う花と同時に、ブーケの「素材」に悩む女性も。ブーケの素材には、生花や造花、ドライフラワー、そしてプリザーブドフラワーなどがあります。どの素材も個性的で美しいブーケに仕上がり、人気のある素材。自分に合うのはどれがいいのか、じっくり考えたいですね。

今回はブーケに使われる素材のなかから、プリザーブドフラワーにスポットを当てて、メリットやデメリット、演出方法などをご紹介します!

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

プリザーブドフラワーのブーケのメリット・デメリットは?


プリザーブドフラワーは、生花を加工して作られます。「生花を加工」という点ではドライフラワーも同様ですが、ドライフラワーと大きく違うのは、その色合いやみずみずしさ。さらに、生花と変わらない手触りも楽しめます。

プリザーブドフラワーは、専用の液体で脱色をし、水分も抜き去ります。その後、改めて着色をするという工程を経て作られています。そんな、生花ともドライフラワーとも違う、プリザーブドフラワーの、メリットやデメリット、プリザーブドフラワーでの演出方法を見ていきましょう。

 

プリザーブドフラワーのブーケのメリットは?

プリザーブドフラワーには、生花以外の素材に共通するメリットが多くあります。同時に、プリザーブドフラワーならではのメリットも。

  • 長期保管ができ、使い回しが可能
  • 生花と遜色がない
  • 花粉や香りが気になる人でも、生花に近いブーケが使える
  • 実際の色とは異なる色にできる

生花を加工しているため、プリザーブドフラワーは長期保管が可能。もちろん、前撮りや2次会などの使い回しにも便利で、結婚式後もしばらくの間は美しい姿を保ってくれます。

プリザーブドフラワーは生花と遜色のない美しさがありますが、加工をすることによって、生花の花粉や香りがなくなります。そのため、花粉や香りに弱くて生花のブーケを諦めるという方でも、生花と変わらない美しさのブーケを楽しむことができるのも嬉しいメリットです。

元の生花の色とは異なる色を付けることができるのも、プリザーブドフラワーの大きな特徴のひとつ。新郎新婦の衣装のカラーに合わせてみたり、自分の好きな色やラッキーカラーを使ってみたりと、元となった花には存在しない色も楽しめます。

 

プリザーブドフラワーのブーケのデメリットは?

プリザーブドフラワーのデメリットには、一体どんなものがあるのでしょうか。メリットと同様に、デメリットも特徴的なものがあり、プリザーブドフラワーの個性が垣間見えます。

  • 使える花と使えない花がある
  • 壊れやすい
  • 色移りをする

プリザーブドフラワーには使える花と使えない花があります。バラやラン、ガーベラなど、種類が限られてきてしまうため、自分が好きな花をブーケにできないという可能性も。また壊れやすい一面も持っていますので、取り扱いには注意が必要です。

最も気をつけたいのは「色移り」ではないでしょうか。脱色をしてから着色という行程を経ているため、ドレスやタキシードなどに色移りしてしまう可能性があります。プリザーブドフラワーのブーケを使う際は、ドレスなどから少し離して持つなど、持ち方を意識しておくといいでしょう。

 

プリザーブドフラワーのブーケではどんな演出が可能?

プリザーブドフラワーのブーケによる演出としては、「色」を利用した演出が可能です。本来の色とは違う色に着色できるというメリットがありますので、ブーケの色をドレスやタキシードに合わせることも可能。これはメリットの項目でもご紹介いたしました。

また、同系統の色を複数使ってグラデーションのあるブーケにしてみたり、数個の花の花びらを使って、一輪の大きな花を作り上げたりすることも。プリザーブドフラワーでは、他の誰よりも個性的なブーケを演出することができます。

気をつけたいのは、プリザーブドフラワーはややコストがかかるという点です。特殊なデザインの場合は、より高くなる可能性があります。

 

美しいプリザーブドフラワーのブーケで、個性を前に押し出して!


美しさと個性的なデザインが叶う、プリザーブドフラワーのブーケ。取り扱いに気をつける必要があったり、使える花が限られていたりするものの、デメリットがあるのはどの素材も同じです。

プリザーブドフラワーは、複数の花を好きな色で統一したり、存在しない色を使ったりと、個性を前に押し出すことができます。見た目でも楽しむことができるプリザーブドフラワーのブーケで、より美しくより魅力的な花嫁姿を演出してみてはいかがでしょうか。