結婚式の二次会に招待!誰を&どこまで呼べばいい? | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚式の二次会に招待!誰を&どこまで呼べばいい?



結婚式の二次会、誰を呼ぶか決まっていますか? 結婚式の二次会は、披露宴と比べて自由度が高いパーティーであることが多く、誰をどこまで呼べばいいのかなかなか決められないというカップルも珍しくありません。

そこで今回は、結婚式の二次会に招待するゲストに注目! 一般的に招待する人・しない人など、ゲスト選びの参考となる事柄をまとめました。二次会に、誰をどこまで呼べばいいのか、一緒に考えていきましょう。

<関連記事>結婚式の二次会、いつごろ招待する?招待状のマナーや注意点もチェック

 

二次会に招待する人、しない人の選び方


そもそも、結婚式の二次会に必ず招待しなければいけない人、してはいけない人というのは存在しません。新郎新婦が一緒に幸せな時間を分かち合いたいと思った人を招待しましょう。しかし、一般的に招待されることが多い人や少ない人がいるのも事実です。そこでここからは、招待されることが多い人と少ない人をそれぞれ紹介していきます。

 

【二次会のゲスト選び】招待されることが多い人は?

結婚式の二次会は、挙式や披露宴などと比べると、カジュアルな雰囲気のパーティーであることが多いです。そのため、気を使わずに楽しむことができる、友人や会社の同僚、後輩などを招待するカップルが多数。

とくに、やむを得ず披露宴への招待を断念した人がいれば、優先して招待したいと考えているカップルも多いです。挙式や披露宴は、家族や親族の優先度が高いため、友人を招待できなかったということも珍しくありません。自由度の高い二次会なら、そういった人たちも招待しやすいですね。

また、披露宴に招待している友人を二次会に招待したいと思っている新郎新婦もいるでしょう。実際、披露宴から引き続き参加してもらうケースも多いですが、二次会から参加するゲストよりも時間や費用の負担が大きくなりがちです。参加の有無を強制するようなことは避けてくださいね。

 

【二次会のゲスト選び】招待されることが少ない人は?

一般的に結婚式の二次会には、両親や親族を招待することが少ないです。というのも、繰り返しになりますが、結婚式の二次会は、カジュアルな雰囲気のなかおこなわれることが多いパーティー。両親や親族がいると気を遣って思うような演出ができなくなってしまうこともあります。

また、同様の理由で、職場の上司や目上の立場の人を招待することも少ないです。とはいえ、普段の関係性などを踏まえて招待したいと考えている場合は、招待しても問題ありません。どんなゲストを呼びたいのか、よくふたりで話し合って決めましょう。

 

結婚式の二次会に招待するゲストを決めるポイント


二次会のゲスト選びの基準が分かったところで、次はゲストを選ぶポイントをご紹介します。具体的にどんな部分を見て、ゲストを選んでいけばいいのでしょうか? 結婚式の二次会で、誰を呼ぶべきか悩んでいるカップルは、ぜひチェックしてくださいね。

 

【ゲスト選びのポイント1】グループごとに招待する

結婚式の二次会に招待するゲストは、グループごとで考えるのがおすすめ。例えば、学生時代に仲が良かった友人のグループ、趣味仲間のグループ、職場の同僚という形で、グループごとに招待します。

招待したいグループを決めることで、招待したい人もおのずと決まってくるでしょう。また、グループごとに招待することで、ゲストが二次会で一人だけになることを避けられますし、仲間内で呼ばれた・呼ばれていないという問題が出てくることもなくなります。

 

【ゲスト選びのポイント2】個人参加かどうか

先ほどの話にも通ずるところがありますが、招待したい人が新郎新婦以外に知っている人がいない場合は要注意。顔見知りのゲストがいない場合、二次会での話し相手がおらず、一人きりになってしまうこともあります。

個人参加になりそうなゲストを招待したい場合は、招待予定の他のゲストとの仲を取り持つようにしておくなど、楽しく過ごしてもらえるような対策を考えておきましょう。

 

【ゲスト選びのポイント3】遠方からの参加にならないか

二次会の開催場所と離れたところで暮らしている人を招待したい、と考えている新郎新婦もいるでしょう。しかし、遠方からの参加は、交通費の負担が大きくなることに加え、帰宅時間も遅くなってしまいます。場合によっては、宿泊が必要な場合も出てくるでしょう。

結婚式の二次会のためだけに、労力をかけてきてもらうのは申し訳なく感じるもの。できれば招待を控えるのがベターです。どうしても招待したい場合は、本人に確認を取ってからお願いするようにしましょう。

 

今後も親しくしたい人を、結婚式の二次会に招待しよう!


ここまで、二次会に招待するゲストの基準やポイントをご紹介しましたが、基本的には新郎新婦が今後も親しくしたい、と考えている人を招待すればOKです。二次会当日までスムーズに準備をすすめるためにも、本番4~5ヶ月前までには、誰を呼びたいのかリストアップしておくといいでしょう。計画的に準備をすすめて、最高の二次会にしてくださいね。

新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加