結婚式のムービー撮影、依頼するメリットとは | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚式のムービー撮影、依頼するメリットとは



結婚式当日、新郎新婦のスケジュールはとても忙しく、目まぐるしく変わる演出をこなしているだけであっという間に式が終わってしまうものです。そのため、後でゆっくりと式の様子を写真や動画で見たい、式の思い出をその場限りにせず、ずっと残しておきたいという人も多いでしょう。

ほとんどの結婚式会場には専属のカメラマンがおり、二人の結婚式をしっかりと撮ってくれます。普段、プロのカメラマンに撮影される機会はなかなかないので、モデルになった気分で撮ってもらうのも貴重な機会ですね。

ここでは、結婚式でムービーを撮影してもらうメリットについて考えていきましょう。

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

結婚式でムービー撮影をする?しない?


結婚式でムービー撮影をするのかどうか、悩んでいるカップルもいるでしょう。ここでは、ムービー撮影を依頼するメリットだけでなく、ムービー撮影をしなかったカップルの事情もあわせてご紹介。二人にとって最適な選択を探っていきましょう。

 

結婚式で、ムービー撮影を依頼するメリットは?

結婚式でムービー撮影をしてもらう最大のメリットとも言えるのが、「あとで見返せる」ということ。

結婚式当日は、思った以上に慌ただしく進んでいくので、あっという間に一日が過ぎ去ってしまいます。写真より動画の方が臨場感が伝わりやすいので、なかには「やっぱり、ムービー撮影をお願いしておけばよかった……」と後悔する花嫁も。

動画に残しておくことで、あとでゆっくり結婚式を振り返ることができますよ。中座しているときの様子やゲストのコメントを撮影してもらえば、新鮮な気持ちで見返せそうですね。

また、データとして残しておけば、二人だけでなく家族や友人、これから生まれてくる子どもと一緒に見返せるというメリットも。とくに両親は、ゲストの対応で結婚式をゆっくり楽しめないことがあるので、あとでDVDなどに焼いて送ってあげると喜ばれるかもしれません。

 

結婚式でムービー撮影をしなかった事情は?

メリットをご紹介しましたが、結婚式でムービー撮影をしなかったというカップルももちろんいます。ムービー撮影をしないカップルの事情はさまざまですが、以下のケースが考えられます。

  • 結婚式の予算を削りたい
  • あとで動画を見返すのが恥ずかしい

プロのカメラマンに依頼した場合、思った以上に費用がかかるケースも少なくありませんが、安い業者を探したり、動画撮影が得意なゲストに依頼すれば費用を抑えることもできます。費用面での負担に悩んでいるカップルは、外部や友人への依頼も検討してみる価値はあるでしょう。

また、改めて自分たちの動画を見返すのは気恥ずかしいと思っているカップルもいるかもしれませんね。しかし、両親がムービー撮影を望んでいるケースもあります。親孝行と思ってひと言聞いてみるのもいいかもしれません。

 

ムービーの撮影は、誰に依頼する?


結婚式のムービー撮影をする、と決めたら次は依頼先選びです。結婚式のムービーの撮影は、「式場と提携している業者・カメラマン」「外部の業者・カメラマン」「友人など参列するゲスト」のいずれかに依頼することになります。

式場と提携しているカメラマンに依頼するのが一般的ですが、予算の都合や二人のこだわりなどにより、外部の業者や友人に依頼することもあります。依頼先によってメリットやデメリットがあるので、詳しく見ていきましょう。

 

結婚式場と提携している業者・カメラマンに依頼する

最も多いのが、結婚式場と提携している業者やカメラマンに依頼する方法です。自分たちで探す手間が省けるというメリットはもちろんですが、式場の撮影ポイントを熟知したカメラマンが担当してくれるので、プロの仕上がりが期待できます。

ただし、結婚式場と提携している業者やカメラマンへの依頼では、費用負担が大きいこともあります。予算と相談しながらどれが二人にとってベストな方法なのか、決めていきたいですね。

 

外部の業者・カメラマンに依頼する

結婚式場と提携している業者・カメラマンの仕上がりが好みでない場合や、費用節約を理由に、外部の業者・カメラマンに撮影を依頼するカップルもいます。

この場合、自分たち好みのプランがある業者を選べるのが最大のメリットですが、式場によっては結婚式や披露宴の最中に外部の人間による撮影を禁止している場合もあります。もちろん外部業者による撮影可能な式場も多いですが、撮影ができても「持込み料」がかかるケースもあるので要注意です。

また、撮影可能であっても、立ち入り禁止の場所があるケースもあります。外部の業者カメラマンに依頼する予定が少しでもあるカップルは、式場を契約する前にカメラマンの持込みが可能なのか、持込み料がかかるのか、ということをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

 

友人などに依頼する

ムービー撮影が得意な親族や友人がいれば、依頼するのもいいかもしれません。費用節約のために依頼したというカップルもいますが、外部の業者に依頼する場合と同様に「持込み料」がかかる場合もあるので、あらかじめ注意しておきましょう。

プロではないので、期待するほどの映像が撮れないこともありますし、お願いされた方はどうしてもムービー撮影がメインになってしまうので、式や披露宴を十分に楽しめないこともあります。

そのため、「撮影が得意!自分でやりたい!」という方が身近にいる場合を除いては、プロにお願いする方が無難でしょう。快く引き受けてくれたゲストには、お礼も忘れずにしたいですね。お礼の金額は、1万円~3万円が目安です。

 

プロに依頼する場合、どんなプランがあるの?


結婚式会場や業者によって、ムービー撮影のプランはさまざまです。例えば、挙式のみまたは披露宴のみ撮影のプラン、挙式から披露宴まで全体を撮影するプラン、写真とセットのプランなど、お好みのプランが必ず見つかるように組まれています。

ここではその代表的なプランをご紹介します。

 

挙式を撮影して披露宴で流すプラン

挙式の様子をムービー撮影してもらい、それを即座に編集して披露宴で流すというプランは、披露宴はもちろん二次会にも使用できる人気のプランです。

専属カメラマンだと新郎新婦の間近から撮影してくれますし、参列者たちも映してくれるので、式に参列した方たちにも嬉しいサプライズとなります。結婚式だけでなく、披露宴まで入れてくれるプランなどもあるので、チェックしてみるといいでしょう。

 

挙式から披露宴まで全て撮影してもらうプラン

せっかくムービー撮影してもらうなら、結婚式から披露宴までの一部始終を撮影してもらえるプランがおすすめです。一世一代の晴れ姿を余すところなくカメラに収められるだけでなく、ゲストの様子もたくさん写してもらえますよ。

結婚式や披露宴の間は、新郎新婦からゲストの様子が分かりにくいものです。そこで、プロのカメラマンに各テーブルを回ってもらってゲストが楽しんでいる様子を映してもらったりすると、後から見るたびに「こんなにたくさんのゲストに祝福されたんだなぁ」と余韻に浸ることができるでしょう。

 

挙式前後にムービーを撮影してもらうプラン

結婚式のメイキング映像のようにムービー撮影するのもおすすめです。たとえば、式場でいろいろ相談している二人の真剣な姿、ゲスト一人一人にメッセージをしたためている姿などを撮影しておき、披露宴の途中で流すとゲストにも喜ばれることでしょう。

結婚式のムービー撮影のプラン内容は、各結婚式場や外部業者によってさまざまです。金額や仕上がりも、それぞれ違うので後悔のないよう自分たちでよく調べましょう。

 

結婚式でムービー撮影をして、思い出を残そう!


今回は、結婚式のムービー撮影のメリットについて考えてきました。写真に比べて動画は恥ずかしい!と思う方も多いものですが、やはり一生に一度のことです。一生に一度の晴れの姿を美しく感動的に残せるチャンスですので、迷っているなら撮ってもらった方が良いでしょう。

あとから「やっぱり撮影してもらえればよかった」と思うことがないようにしたいですね。

誰にとっても結婚式は大きな買い物です。そのため、実際に結婚式の準備を進めだすと何でもかんでも自分たちの思い通りにできる方は少なく、二人で優先するべきところ、妥協すべきところを一つ一つ考えていかなければいけません。

ムービー撮影もその選択肢に入るものですが、料金面やプランを調整しながら少しでも撮影が依頼できるようにしていただきたいものです。お二人の素敵な結婚式、そして美しい晴れ姿を形に残し、いつでも楽しめるようにしてくださいね。

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加