「サムシングブルー」の意味って?結婚式に青い物を取り入れよう | 家族挙式のウエディング知恵袋

「サムシングブルー」の意味って?結婚式に青い物を取り入れよう


「サムシングブルー」の意味って?結婚式に青い物を取り入れよう (Unicode エンコードの競合)
皆さんは「サムシングブルー」という言葉をご存じでしょうか。サムシングブルーとは、新郎新婦の末永い幸福を願っておこなわれる、「サムシングフォー」というヨーロッパの言い伝え・4つのおまじないのうちの一つです。サムシングフォーについては、前回の「花嫁はみんな身に付けている!「サムシングフォー」で素敵な結婚式に」でもご紹介いたしました。

結婚後の生活が幸せとなるように願いを込める、4つのおまじないサムシングフォー。なかでもとくに人気があり、多くの花嫁が取り入れているのがサムシングブルーです。そこで今回は、サムシングブルーにスポットを当てて、より詳しくご紹介いたします。

 

サムシングブルーとは?結婚式にどうやって取り入れればいい?


サムシングブルーは前述のとおり、サムシングフォーという4つのおまじないのうちのひとつです。もともとはマザー・グースの歌が由来となっているのだそう。

  • サムシングニュー:何か新しいもの
  • サムシングオールド:何か古いもの
  • サムシングボロウ:何か借りたもの
  • サムシングブルー:何か青いもの

これらの4つを花嫁が身につけることで、幸福が永遠に続くとされる言い伝え・おまじないです。日本でも浸透してきており、とくに「サムシングブルー」が有名で人気があります。

サムシングブルーは、結婚式で何か青いものを身につけるというもの。青は聖母マリアを象徴する色とされ、サムシングブルーには「花嫁の清らかさと誠実な愛情」いう意味が込められています。

基本的には、見えない場所にそっと身につけるものとされています。つまり、誰から見てもわかるような「青いドレス」を着用する場合は、サムシングブルーとは趣旨が異なるため注意が必要です。しかしながら、近年は隠さない形でサムシングブルーを取り入れるケースも見られます。

では実際にどのようにサムシングブルーを取り入れていけばいいのか、ご紹介いたします。

 

定番!サムシングブルーを結婚指輪にあしらって!

サムシングブルーの取り入れ方として、定番中の定番は「結婚指輪にあしらう」というもの。結婚指輪の内側に、サファイアなどの小さな青い宝石を埋め込むのです。ジュエリーショップで結婚指輪を購入する際にも、スタッフからおすすめされたり、カタログに記載されていたりするため、取り入れる方は少なくありません。

 

かわいらしくエレガントに!ブーケにサムシングブルーを忍ばせて

続いては、ブーケにサムシングブルーを忍ばせるという方法です。これも定番人気があり、多くの花嫁さんが取り入れています。小さな青い花をちりばめたり、一輪だけ忍ばせてみたり、ブーケのリボンに使用したりと、さまざまな方法があります。アレンジひとつでオリジナリティも出せますよ。

小さな花をちりばめるなら、「ブルースター」がおすすめ。ほかにもアジサイやカーネーションなど、サムシングブルーに向いている「青い花」は多くあります。

 

欧米風に!ガーターにブルーリボンを

欧米のサムシングブルーでは、ガーターにブルーのリボンをあしらうケースが多く見られます。日本でもブルーのリボンがあしわられたガーターが販売されていますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。ガータートスの演出をするのもおすすめです。

 

足下に注目!靴にサムシングブルーを取り入れる

靴にサムシングブルーを取り入れてみるというのはいかがでしょうか。ウェディングドレスの裾から、ちらりと見えるブルーの靴はとてもオシャレ。靴そのものが青くてもいいですし、靴の飾りやソール部分などに青を取り入れてみてもいいですね。

 

ティアラやヘッドドレス、アクセサリーにサムシングブルーを!

ウェディングドレスを身に纏った花嫁は、もちろんヘアスタイルも演出することでしょう。シンプルにまとめてみたり、花やティアラ、ヘッドドレスなどで飾ってみたり。マリアヴェールで覆うというケースもあるのではないでしょうか。

ティアラやヘッドドレスなどにサムシングブルーを取り入れるのも、おすすめの方法です。髪に花を飾る場合は、ブーケとともに同じ青い花を取り入れてみてもいいですね。また、イヤリングやネックレスといったアクセサリーも同様で、サムシングブルーを取り入れやすいポイントです。

リボンや花、宝石など取り入れ方はさまざま。アレンジできるケースもあるので、式場やヘアメイク担当の方などに相談して、納得のいく形に仕上げていきましょう。

 

【番外編】会場装飾やリングピロー、ウェディングケーキにサムシングブルー!

番外編として、会場装飾やリングピロー、ウェディングケーキにサムシングブルーを取り入れる演出も、密かな人気を集めています。「身につける」という趣旨からは少し外れますが、サムシングブルーの素敵な演出として思い出に残りますよ。

会場の装飾では、テーブルクロスや装花、席次表など、ブルーを取り入れやすいものはたくさんあります。引き出物の袋をブルー系にしてみてもいいですね。ブルーを主役にするというよりは、アクセントとして取り入れると綺麗にまとまります。

ウェディングケーキの場合は、ケーキの飾りをブルーの花びらなどにするなど、ブルーをアクセントにします。ゲストに配るタイプのケーキなら、お皿や箱などにブルーを使用しても素敵ですね。

リングピローは、結婚指輪を結ぶリボンをブルーリボンにするのがおすすめ。純白のリングピローに、ブルーリボンは相性が良く、ウェディングドレスや結婚指輪にも映えますよ。リングピローそのものを、淡いブルーの布地で製作してみてもいいですね。

 

サムシングブルーで末永く変わらぬ幸せを


今回はヨーロッパで古くから続くおまじない「サムシングフォー」から、人気が高い「サムシングブルー」について詳しくご紹介しました。日本でも数十年前にはすでに人気があったサムシングブルー。海外のおまじないですが、日本の結婚式にとっても大切な存在となっています。

結婚式当日は、新郎新婦にとって人生でも大切な日です。もし余裕があるようであれば、サムシングブルーだけではなく他のサムシングフォーも取り入れてみてはいかがでしょうか。

結婚後の変わらぬ幸せを願って、サムシングブルーやサムシングフォーで結婚式を素敵に彩ってくださいね。

新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加