スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

花嫁はみんな身に付けている!「サムシングフォー」で素敵な結婚式に


花嫁はみんな身に付けている!「サムシングフォー」で素敵な結婚式に (Unicode エンコードの競合)せっかくの結婚式ですから、色々な思いやアイデアを詰め込んだ素敵な式に仕上げたいですよね。
そこで結婚式の準備を行う中で、いろいろな演出を考えるのはどのカップルも行っていることです。その中で最近流行っている「サムシングフォー」という演出について、ご存知ですか?

結婚式を間近に控えた人の中にはすでに取り入れている人もいるでしょうが、中には「サムシングフォーっていったい何なの?」という人もいるはずです。

そこで今回は、これから挙式・結婚する予定のある女性や、将来的に結婚をしたいという女性には是非、チェックして頂きたい「サムシングフォー」について徹底的にお話ししていきます。

花嫁がサムシングフォーを身に着けるとは、どのようなことなのでしょうか?早速、一緒に確認していきましょう。

 

Something Four(サムシングフォー)とは?

「サムシングフォー」は「4つの何か」という意味で、イギリスを中心に欧米では昔から続く、伝統的な結婚式での演出のうちの1つであり、いわゆるおまじないです。

この4つの何かにはそれぞれ思いが込められており、花嫁さんが笑顔で結婚生活を送ることが出来ますように・・・との願いが込められています。日本では、まだあまりご存じない方も多いかもしれません。

元々このサムシングフォーはイギリス発端のヨーロッパの動揺「マザーグース」の歌にある詞に由来しています。その詞がこちらです。

Something Old, Something New,    何かひとつの古いもの 何かひとつの新しいもの

Something borrowed, Something Blue, 何かひとつの借りたもの 何かひとつの青いもの

and a sixpence in her shoe       そして靴の中には6ペンス銀貨を

このフレーズを用いて、これを結婚式で身に着けると幸せになる言われ、約200年も前から現代にいたるまで受け継がれているのです。

欧米では皆が取り入れているこんな素敵なおまじない、ぜひ取り入れてみたいですよね。

それでは、このサムシングフォーの1つ1つの項目について、確認していきましょう。今回は、マザーグース発祥の地イギリスの美しき皇太子妃、キャサリン王妃のウエディングを例にとりながらご紹介していきます。

 

1. サムシングオールド(何か古いもの)

サムシングオールドとは、花嫁が何かひとつ古いものを身に着けることによって幸せになれるというおまじないです。

今、私達がこの世に存在しているのは祖先がいてこそであるのです。

ですから結婚という新たな人生を歩んでいくときに、一家に代々受け継がれてきた古き良きものを身に着けることで、祖先とのつながりを持ち、財産や安定を引き継ぐことができるようにとの願いを込めるのです。

サムシングオールドの具体的な例としては、新婦の母や祖母が使用した着物や帯、指輪やネックレスなどを身に着ける花嫁さんが多いようですね。

キャサリン妃は1800年代のレース技法を使用したウエディングドレスを着用しました。ものではなく昔の技法を取り入れるなんて素敵なアイデアですね。

また、今年の5月に結婚したキャサリン妃の妹、ピッパさんは6年前のキャサリン妃のロイヤルウエディングで自身が身に着けたイヤリングを、今回自分のウエディングでも身に付けました。こういったサムシングオールドのアイデアもあります。

 

2. サムシングニュー(何か新しいもの)

何か古いものを身に着けるというサムシングオールドの反対で、何か新しいものを身に着けるという「サムシングニュー」。

ウエディングドレスやベールなど、結婚式を挙げるときはどうしてもレンタルの物が多くなってしまいがちですが、サムシングフォーのジンクスでは、何か新しいものを取りいれることも大切です。

サムシングニューと呼ばれ、結婚式当日に下着、グローブ、ハンカチなど、何でも良いので何か新しいものを身に着けることに意味があるのです。

これには、2人の新婚生活がより充実した良いものになりますように・・・との思いが込められているのです。

ドレスはレンタルの方も多いですが、その場合でも下着などは自分で買うことがほとんどですので、あまり意識しなくてもサムシングニューは取り入れることができそうです。それでも、単に新しいものを身に着けるのではなく、それにもおまじないがあるとわかった上で身に着けるとより幸せになれそうな気がしますね。

キャサリン妃は、サムシングニューとして両親から贈られたイヤリングを身に付けました。

 

3. サムシングボロウ(何か借りたもの)

サムシングボロウとは、何か借りたものという意味で、すでに幸せな結婚生活を送っているカップルからハンカチ・ヘアアクセサリーなど、何でも良いので貸してもらうのです。

これには幸せを分けて貰って、自分達も幸せになるという意味が込められています。親しい友人の中にすでに結婚をしている人がいれば、是非何かしらの物を借りましょう。

キャサリン妃はエリザベス女王から美しい輝きのダイヤモンドティアラを借りています。

 

4.サムシングブルー(何か青いもの)

最後にご紹介するのは、サムシングブルー(何か青いもの)です。青は聖母マリア様を象徴する色でもあり、純潔という意味を持ち合わせて、愛情や忠実さを表す色でもあります。

ですから、結婚式当日に何か青いものをどこかに身に着けることによって、花嫁の純潔さ、清らかさがアップするというのです。

純白のイメージが強いウエディングに青いものをどうやって取り入れようか悩んでしまいますが、ブーケに青い花を入れたりリボンをブルーにしたりするなんて方法だと、手軽に取り入れられそうですね。

キャサリン妃は、ドレス下のペチコートのレースに青いリボンを縫い付けていました。

それぞれに意味が込められた4つの物を身に着けることで、花嫁は幸せになる準備をしているのかもしれませんね。

 

実際の花嫁に聞いた!サムシングフォーってした?

幸せのおまじないとして、欧米諸国では広く浸透しているサムシングフォーですが、日本ではどのくらい広がっているのでしょうか?

詳しいデータ数は分かりませんが、全ての花嫁さんがごく当たり前のように行うレベルには達していないようです。

それでは、実際に結婚式を挙げるカップルに聞いてみました。

  • サムシングフォーという儀式的なイベントのことは分からない。
  • サムシングフォーがどのような意味合いを持っているのか分かったらしてみたくなった。
  • ジンクスを信じるって楽しそう。
  • みんなの協力のもとで結婚式を挙げられていることを自覚できた。
  • サムシングオールドを母や祖母と相談している時間が楽しかった。
  • サムシングボロウに関しては、友人に色々と協力してもらった。
  • サムシングフォーの意味を知ったら、すごくしたくなった。
  • ブルーが大好きなので、サムシングブルーがお気に入り。

このように、サムシングフォーを結婚式に絡めると、何だか楽しそうではありませんか?ジンクスの由来や込められた想いを知れば、きっと興味が湧いてきますよね!

 

サムシングフォーをどのように結婚式に生かせばいいの?

「サムシングフォーって何だかすごく魅力的。ぜひ、私も結婚式に取り入れたいわ」という人もいるでしょう。けれども、どのように取り入れたら良いのか分からない人も多いでしょう。

そこで、こちらの項目ではサムシングフォーをどのように結婚式に活用していくか、まとめてご紹介いたします。

<サムシングフォーの活用例>

  • 祖先からつながりを引き継ぐために行うサムシングオールドの意味を、結婚披露宴でご紹介して、1つのイベントとして盛り上げる。
  • 親友にサムシングボロウをお願いしたことで、仲の良さが深まった。
  • サムシングフォーを結婚式の演出にして、想いが込められた式を作り上げる。
  • サムシングフォーは自分達だけでは出来ない演出方法なので、出席者も含めて盛り上がることが出来る!

欧米では一般的な慣習になっているため、大々的に自ら発せずとも、ゲストたちが「あなたのサムシングフォーは何?」といったように聞いてきてくれるものですが、日本ではまだ知られていないので、このしきたりをご紹介するとともに、自分のサムシングフォーも伝えてみましょう。

昔ながらの伝統的なものですので、それを知ることでゲストにとっても印象に残る式になるでしょうし、特にサムシングオールドやサムシングボロウに手伝ってもらった方々は特に嬉しく感じられるのではないでしょうか。

このように、サムシングフォーは出席者全員を巻き込んで、幸せになるためのおまじないをしているようなものです。

「結婚式のオリジナル性を高めたい!」「みんなの想いが込められた、最高の結婚式を作り上げたい」というカップルに、特別な意味を持ったサムシングフォーはオススメです。

日本でも、古来より結婚は家と家とのつながり、世代を継承していくものという考えがありますが、サムシングオールドなどはその考えにも合致しているため、受け入れられやすいのではないでしょうか。

また、サムシングブルーの「青」という色も、例えば青いバラは「奇跡のバラ」と言われていますし、幸運の青い鳥が示すように「幸運」という印象を与えやすいものです。

さらに、薄いブルーやパステルブルーなどにすると可愛らしい印象になりますし、深いブルーやネイビーに近い色合いになるとシックで大人っぽくなりますので、可愛らしい花嫁を目指す方にも落ち着いた美しさを持つ花嫁を目指す方にも、誰にでも取り入れやすい色です。

 
いかがでしたか?

以上、サムシングフォーとは何か、また4つのアイテムに込められた特別な意味をお話しいたしました。

まだまだあまり認知度の高くない欧米の慣習ですが、素敵なものですので積極的に取り入れてください。結婚式の演出としてゲストにお知らせをして活用してもよいですし、自分達の中で1つのジンクス、願掛けとして取り入れても素敵ですね。

人生の晴れ舞台である結婚式ですから、これからの幸せな結婚生活を願ってサムシングフォーでさらに幸せに満ち溢れた空間を作り上げましょう。皆さんに幸せが訪れますようお祈りしています。