花嫁はみんな身に付けている!「サムシングフォー」で素敵な結婚式に | 家族挙式のウエディング知恵袋

花嫁はみんな身に付けている!「サムシングフォー」で素敵な結婚式に


花嫁はみんな身に付けている!「サムシングフォー」で素敵な結婚式に (Unicode エンコードの競合)幸せの詰まった結婚式は、色々な思いやアイデアを詰め込んだ素敵な式に仕上げたいもの。結婚式の準備を進めていくなかで、どのカップルもさまざまな演出を考えることでしょう。

結婚式で人気がある演出のひとつに、花嫁が身につける「サムシングフォー」という演出があることをご存じでしょうか? そこで今回は、これから結婚式を挙げる予定の方や、将来的に結婚を考えている方にぜひチェックして頂きたい「サムシングフォー」についてご紹介いたします。

 

結婚式で人気の演出「サムシングフォー」とは?


「サムシングフォー(Something Four)」には、「4つの何か」という意味があります。イギリスを中心に、欧米では昔から続く結婚式の伝統的な演出の1つであり、いわゆるおまじないの類いです。

この「4つの何か」にはそれぞれ思いが込められており、「花嫁が笑顔で結婚生活を送ることができますように」との願いが込められています。近年、日本でもよく知られるようになり、結婚式で取り入れる方が増えてきました。

元々このサムシングフォーは、イギリス発端のヨーロッパの童謡「マザーグース」の歌にある詞に由来しています。その詞がこちらです。

「Something Old, Something New, 」
何かひとつの古いもの 何かひとつの新しいもの

「Something borrowed, Something Blue, 」
何かひとつの借りたもの 何かひとつの青いもの

「and a sixpence in her shoe」
そして靴のなかには6ペンス銀貨を

このフレーズで挙げられているものを結婚式で身に着けると幸せになると言われ、およそ200年も前から現代にいたるまで受け継がれているのです。欧米では誰もが取り入れている素敵なおまじないを、ぜひ結婚式に取り入れてみたいですよね。

それでは、この「サムシングフォー」のそれぞれの項目について、確認していきましょう。

 

【サムシングフォー】サムシングオールド(何か古いもの)

「サムシングオールド」とは、花嫁が何かひとつ古いものを身に着けることによって幸せになれるという意味があります。

今、私達がこの世に存在しているのは祖先がいるからこそ。ですから結婚によって新たな人生を歩んでいくときに、一家に代々受け継がれてきた古き良きものを身に着けることで、祖先から続く財産や絆、安定などを引き継ぎ、幸福になれるようにとの願いを込めるのです。

「サムシングオールド」の具体的な例としては、新婦の母や祖母から、アクセサリーや着物、帯など借りて身に着ける花嫁さんが多いようです。

 

【サムシングフォー】サムシングニュー(何か新しいもの)

何か新しいものを身に着けるという「サムシングニュー」。ウェディングドレスやベールなど、結婚式を挙げるときはどうしてもレンタルに頼ることが多くなってしまいがちですが、サムシングフォーのジンクスでは、何か新しいものを取り入れることも大切です。

サムシングニューでは、結婚式当日に下着、グローブ、ハンカチなど、何か新しいものを身に着けることに意味があります。これには、「2人の新婚生活がより充実した良いものになりますように」との思いが込められているのです。

ドレスはレンタルの方も多いですが、その場合でも下着などは自分で買うことがほとんど。あまり意識しなくても、サムシングニューを取り入れることができます。それでも、単に新しいものを身に着けるのではなく、サムシングフォーがあるとわかった上で身に着けることで、より幸せになれそうな気がしますね。

 

【サムシングフォー】サムシングボロウ(何か借りたもの)

「サムシングボロウ」には、「何か借りたもの」という意味があります。すでに結婚して幸せな生活をしている先輩カップルから、ハンカチやヘアアクセサリーなど、何でも良いので貸してもらうのです。

これには「幸せを分けて貰って、自分達も幸せになる」という意味が込められています。親しい友人ですでに結婚をしている人がいれば、ぜひ何か借りてみてはいかがでしょうか。

 

【サムシングフォー】サムシングブルー(何か青いもの)

最後にご紹介するのは、「サムシングブルー(何か青いもの)」です。青は聖母マリアを象徴する色でもあり、純潔という意味を持ち合わせて、愛情や忠実さを表す色でもあります。

サムシングブルーでは、結婚式当日に何か青いものをどこかに身に着けることによって、 花嫁の純潔さ、清らかさがアップするとされています。

ブーケに青い花を入れたりリボンをブルーにしたり、指輪に青い宝石をあしらってみたり。他にも青いものを取り入れる方法は多いため、サムシングブルーは、サムシングフォーのなかでも多くの花嫁さんが取り入れているほど。他のサムシングフォーと比べて、気軽に実行できるメリットがあります。

 

サムシングフォーをどのように結婚式に生かせばいいの?

サムシングフォーをぜひ結婚式に取り入れたいものの、どのように取り入れたら良いのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、こちらの項目ではサムシングフォーをどのように結婚式に活用していくか、以下にまとめてご紹介いたします。

  • 祖先からつながりを引き継ぐために行うサムシングオールドの意味を、結婚披露宴で紹介して盛り上げる。
  • 親友にサムシングボロウをお願いして、仲の良さを深めていく。
  • サムシングフォーを結婚式の演出にして、想いが込められた式を作り上げる。
  • サムシングフォーは自分達だけではできない演出のため、ゲストと一緒に盛り上げていく。

欧米では一般的な慣習になっているため、大々的に自ら発せずとも、ゲストたちが「あなたのサムシングフォーは何?」といったように聞いてきてくれます。しかし日本では、若い世代以外にはあまり知られていません。このしきたりをご紹介するとともに、自分のサムシングフォーも伝えてみてもいいですね。

 

「サムシングフォー」をゲストにも伝えて、素敵な結婚式を!


サムシングフォーは昔ながらの伝統的なものですので、それを知ることでゲストにとっても印象に残る式になります。特にサムシングオールドやサムシングボロウに手伝ってもらった方々はとくに嬉しく感じられるのではないでしょうか。

日本でも、古来より結婚は家と家とのつながり、世代を継承していくものという考えがありますが、サムシングオールドなどはその考えにも合致しているため、年配の方にも受け入れられやすいことでしょう。

人生の晴れ舞台である結婚式。幸せな結婚生活を願って、サムシングフォーでさらに幸せに満ち溢れた結婚式にしてくださいね。

4月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加