夫婦二人だけの時間を大切に!子供が出来る前の素敵な過ごし方6選 | 家族挙式のウエディング知恵袋

夫婦二人だけの時間を大切に!子供が出来る前の素敵な過ごし方6選


夫婦二人だけの時間を大切に!子どもが出来る前の素敵な過ごし方6選
結婚して二人の夫婦生活を楽しんでいる新婚カップルのみなさん。今の二人だけで過ごす生活が当たり前になっていませんか?

これから子どもが欲しいと思っているカップルもいると思いますが、子どもが生まれると必然的に子ども優先の生活になるので、夫婦水入らずの時間をつくるのが難しくなります。

とくに子どもが小さいうちは、毎日が慌ただしく過ぎていき、ふたりでゆっくり過ごす時間もほとんどないかもしれません。そう考えると、今の二人だけの時間はとても貴重なものですよね。

そこで今回は、夫婦二人だけの時間を大切にするために、子どもができる前の素敵な過ごし方をご紹介いたします。

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

子どもが生まれると、生活はどう変わるの?


結婚しても子どもがいない場合、生活スタイルがガラリと変わることはないでしょう。お互い仕事をしたり、お友達同士の付き合いを充実させたりと、比較的自由に動き回ることができます。

しかし、子どもが生まれると生活スタイルは一変。自分のペースで生活していくことが難しくなってしまいます。

とくに新生児のときは、昼夜関係なく泣き叫ぶ我が子に、お父さんもお母さんは振り回されますし、少し大きくなってきてからも、走り回る我が子を必死に追いかける日々が続いていきます。これまでのように夫婦でまったりとした時間を過ごすことは、難しくなるでしょう。

もちろん結婚してからも夫婦二人の時間はつくれますが、子どもがいるときといないときではその時間に大きな差があることは間違いありません。子どもがいない今だからこそできる、夫婦二人の過ごし方を考えてみてはいかがでしょうか?

 

夫婦二人だけの素敵な時間の過ごし方6選


今はまだ夫婦二人だけの時間が当たり前のように感じるかもしれませんが、子どもが生まれると夫婦二人の時間はとても貴重です。

なかには、小さな子どもを連れていくのが難しいお出かけスポットもでてきます。ここからは、夫婦二人だけだからこそできる、夫婦の素敵な過ごし方を紹介してきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

 

【素敵な夫婦の過ごし方1】子連れで行けないレストランに行く

子どもが生まれると、静かに味を楽しむような高級レストランには行きにくくなります。お店側から乳幼児の入店をお断りされる場合もありますし、たとえ入店OKのお店でも雰囲気が良いお店だと子連れでの食事はしにくいと感じる人も多いでしょう。

お客さんにしてみれば、料理だけでなく静かに食事ができる雰囲気にもお金を払っているので、それを自分の子どもが立てる声や音で台無しにしてしまうのははばかられますよね。

また子どもにしてみても、お子様メニューのようなものが少なく、静かにじっと座っておかなければいけない場所は、苦行にしかなりません。さらに、お酒好きな夫婦であれば、子どもがいることで、せっかく外食してもその大好きなお酒を控えなければいけなくなるでしょう。

ですから、夫婦二人で自由に歩きまわることができるうちに、子連れではなかなか行けないようなレストランやお食事処に行ってみることをおすすめします。

子どもが一緒の場合は、騒いでも周りに迷惑がかかりにくいところ、短時間で食べられるところ、子どもが食べるものがあるところが優先されるので、高級レストランを選択肢に入れることはなかなかできにくいでしょう。夫婦水入らずの素敵な時間を過ごして、ラブラブ度を高めてはいかがでしょうか?

 

<子どもが生まれる前に訪れたい、おすすめのレストラン>

  • アジュール フォーティーファイブ/ザ・リッツ・カールトン東京

ザ・リッツ・カールトン東京の45階に位置するモダンフレンチレストラン。ミシュランガイド東京で2016年から一つ星を獲得している名店ですが、9歳未満の子どもは入店をお断りしています。(※個室のみ9歳未満も可能。)

目の前に、東京タワーが広がる都内ならではの眺望を楽しみながら、こだわりのフレンチを堪能できますよ。

  • レストラン ヴァリエ

「レストラン ヴァリエ」は、大阪・中之島にたたずむ、フレンチレストランです。こだわりの食材を使った伝統的なフランス料理を、クラシックモダンの上質な空間で楽しめます。

10歳未満の子どもは入店をお断りしているので、子どもが生まれる前に訪れてはいかがでしょう。(※個室に限り、ランチタイムのみ、乳幼児の来店可能)

 

【素敵な夫婦の過ごし方2】映画館でゆっくり過ごす

子どもが生まれたら、行きにくくなる場所の1つが映画館です。子どもの泣き声や走り回る行為は、他のお客さんにとっては邪魔でしかなく、せっかく映画を楽しみに来ている他の人の迷惑になります。

子どもが騒いでしまっては、自分も結局映画を楽しめず、連れて行ったことを後悔することになる場合もあるでしょう。

子どもが小学生くらいになり、きちんと座って映画を見ることができるようになっても、子ども基準で映画を見に行くため、子ども向けのアニメ映画を見ることがほとんど。自分たちが興味のある映画は、DVDやブルーレイ頼みとなってしまうことも多いでしょう。

ですから子どもが生まれる前に夫婦二人で映画に行って、ゆったりとした時間を過ごしてみましょう。今のうちに、好きな映画をどんどん見てくださいね!

 

<子どもが生まれる前に訪れたい、おすすめの映画館>

  • ユナイテッド・シネマ豊洲

二人で映画を見に行くなら、「プレミア・ペアシート」のある「ユナイテッド・シネマ豊洲」がおすすめ。広々としたペアシートにゆったり座りながら、映画観賞ができます。

また、「ユナイテッド・シネマ豊洲」では、プレミア・ペアシートを利用した人限定で利用できるラウンジも完備。映画好きな夫婦にピッタリの贅沢空間です。

  • TOHOシネマズなんば

「TOHOシネマズなんば」は、話題の「MX4D」を備えた次世代の映画館です。「MX4D」とは、映画に合わせシートが動作したり、香りや風を感じるなど五感で体験できるアトラクション型のシアターシステムのこと。

まるで、映画のなかにいるような新体験ができますよ。

 

【素敵な夫婦の過ごし方3】旅行に出かける

子連れ旅行は、想像以上に大変です。まず子どもが旅行先で大人しくできるか、病気にならないかなどと常に気を配るのはもちろんですが、それだけでなく、オムツや着替え、ミルクなど荷物も二人で旅行するときの非ではありません。

大人だけなら大丈夫な行程も、子どもの体に負担にならないか考える必要が出てきます。その結果、行きたいところに行けなかったり、行っても思う存分楽しめなかったりする場合もあるでしょう。

そこで、まだ身軽な夫婦二人のうちに、旅行に行くことをおすすめします。近場の施設は子どもが生まれてからも行けますので、思い切って新幹線や飛行機で遠出するような旅行に出かけてみてはいかがでしょうか?

また、遊園地も夫婦二人だけの旅行におすすめ。遊園地は、子どもが生まれたあと訪れる夫婦も多いですが、ジェットコースターなどの絶叫マシンは、小さな子どもが乗れないものも少なくありません。アトラクション好きな夫婦ならば、今のうちに楽しんでおくのも良いですよ。

 

<子どもが生まれる前に訪れたい、おすすめの旅行先>

  • ヨーロッパ

ヨーロッパは、海外旅行地のなかでも人気のスポットですが、時差も大きく、飛行機に乗る時間が長いため、赤ちゃんを連れての旅行には少し不向きかもしれません。ヨーロッパには、人気観光スポットがいくつもありますから、子どもが生まれる前に、いろいろと巡ってみてはいかがでしょうか?

  • 絶景スポット

夫婦におすすめなのが「絶景スポット」。絶景スポットのなかには、秘境と言われる場所も多く、子連れに不向きなこともあるので、子どもが生まれる前に一度行ってみたかった絶景スポットに旅行してみるのも良いですね。

例えば、絶景スポットとして日本でも人気の「マチュピチュ」は、到着するまでの移動時間が30時間以上と長いため、小さな子連れの旅行には大変。また、高山病の心配もあるので、子どもがある程度成長するまでは避けた方が良いでしょう。

  • 東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾートが有する「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」は、小さな子どもにも人気のテーマパークですが、一部のアトラクションは身長制限が設けられているため、子どもの成長を待って乗ることとなります。

また、家族で訪れたときと夫婦二人で訪れるのとでは、楽しみ方が違ってきますから、夫婦ならではの楽しみ方をしてはいかがでしょう?パーク内には、カップルにおすすめのグルメスポットなどもあるので、二人で訪れるときはそういったスポットを中心に回るのもいいかもしれませんね。

 

【素敵な夫婦の過ごし方4】共通の趣味をつくる

子どもが生まれると、夫婦ともにしばらくの間は育児にかかりっきりになることでしょう。そのため、それまでの間に二人で楽しめる趣味をいろいろ見つけておくのも良いですね。

これを機に新しく共通の趣味をつくるもちろん、どちらか片方の趣味に、合わせてみるのもおすすめです。せっかく楽しむなら一人より、夫婦二人でしたほうが楽しいですし、共通の話題が多いほうが、夫婦生活を円満に続けることができますよ。

 

<夫婦で持ちたい、おすすめの共通の趣味>

  • 料理

食に興味がある夫婦におすすめなのが、「料理」。普段作っているような料理を二人で作るのも良いですし、フレンチなど、ワンランク上の料理にチャレンジしてみるのも良いですね。

最近では、レストランのような豪華な食事が作れる食材キットも販売しているので、料理に不慣れな夫婦にもおすすめの趣味といえます。二人で協力して一つのものをつくることになるので、達成感も味わえますよ。

しっかり料理を学びたいなら、二人で料理教室に参加してみるのもおすすめです。

  • テニス

アウトドア派の夫婦なら「テニス」にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?テニスは、老若男女が楽しめるスポーツなので、老後の趣味としても人気があります。

運動不足解消にも効果的なので、なまった体を動かしたいカップルにもおすすめです。ストレス発散にもつながりますよ。まずは近くのテニススクールを探すことからはじめてみてくださいね。

 

【素敵な夫婦の過ごし方5】夫婦一緒に友達と楽しい時間を過ごす

子どもができると、とくに女性は子育てに自分の時間を捧げることになり、友人とゆっくり会う時間が確保できなくなってしまいます。

ですから子どもができる前に、夫婦一緒に共通の友人と過ごす時間を大切にしたり、相手を拘束しすぎずに、自由な時間を過ごさせてあげたりすることも大切です。海外では夫婦は言わずもがな、ステディな関係になった恋人もお互いの友人に紹介しあい一緒に休日を楽しむのが一般的です。

日本では、男性は男性同士、女性は女性同士でつるんでいることが多いですが、いっそ家族単位で仲良くできる友達がいれば、「夫婦の時間」「友達の時間」を分けずに、常に一緒に楽しむことができます。

そういう関係があればあるほど、共通の知り合いも増えて夫婦の会話も必然的に長くなりますし、浮気の不安や片方だけが遊んでいる!という嫉妬も少なくなり円満な夫婦関係が続くことでしょう。子どもが生まれてからは家族ぐるみで仲良くできるようになるかもしれません。

ぜひホームパーティーや飲み会を企画して、夫婦一緒に過ごす時間を増やしましょう。

 

【素敵な夫婦の過ごし方6】夫婦で触れ合う時間をつくる

夫婦二人だけの時間を大切にする過ごし方として最後にご紹介するのは、意識するだけで効果を発揮するとても簡単な方法です。

それは、お互いに「夫婦で触れ合う時間を作ろう」と、意識して過ごすことです。手をつないで外出したり、行ってきますやお帰りなさいのハグをするなど、普段の生活の中で少しでもスキンシップできる方法を探していきましょう。

 

夫婦水入らずで、素敵な時間を過ごそう!


子どもが生まれると本当に毎日が忙しく、なかなかパートナーに対する気遣いができなくなったり、夫婦二人だけの時間を取れなくなったりしてしまいます。

そこで、いつまでも仲の良い夫婦でいるために、今回ご紹介した「子どもができる前の素敵な過ごし方」をぜひ意識して生活してみてください。

どれもつまるところ、二人が一緒に楽しめることを見つけ、体験し、共通の思い出やネタをいかにもっておくか、が大切です。

今は特別意識していなくても、子育てに追われると「二人だった頃にもっとこうしておくんだった、ああしておくんだった」と後悔の念が出るものです。そうならないためにも、ぜひ今のうちから実践してみてくださいね。

そうすることで、きっと今よりも充実した毎日を送ることができるはずです。そうやって夫婦の絆を深めることができれば、忙しくて疲れてしまったときでもお互いに助け合って乗り越えられるはずです。

夫婦でゆっくりと過ごす時間を確保して、いつまでもラブラブな関係をキープしましょう!

4月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加