スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

ブーケトス&ブーケプルズがしたい!おすすめの演出方法や注意点を解説



結婚式の演出のひとつに、幸福をお裾分けする「ブーケトス」や「ブーケプルズ」があります。とくにブーケトスには、「キャッチした女性は、近いうちに結婚ができる」というイメージが強いのではないでしょうか。

いっぽうで、ブーケトスやブーケプルズに対しては、新婦側もゲスト側も次のような悩みを抱えるケースも。

「ブーケトスやブーケプルズに憧れているけれど、ゲストに独身女性がいない」
「ブーケトスやブーケプルズに参加してみたいけど、がっついているように思われそうで抵抗がある」

今回はこれらの悩みを解消していきながら、ブーケトスやブーケプルズのおすすめの演出方法や注意点を解説していきます。

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

【ブーケトス】おすすめの演出方法と注意点


ブーケトスは、投げたブーケを受け取った女性が次に結婚できるという演出です。キリスト教式や人前式でおこなわれるケースが多く、花嫁が後ろ向きに投げたブーケを、未婚の女性がキャッチするという流れになりますが、前出のとおり抵抗感を持ってしまうゲストや、独身ゲストがいないというケースも。

そんな悩みも解決できるおすすめの演出方法や、ブーケトスに関する注意点をチェックしていきましょう。

 

【ブーケトス】おすすめ演出方法

ブーケトスやブーケプルズには、幸福をお裾分けするという意味合いもあります。そのためブーケトスは、独身女性にこだわらず、ゲスト全員に参加してもらう方法がおすすめです。ブーケをキャッチしたゲストには、ブーケを渡してもいいですし、何かプレゼントを渡すというのもおすすめです。

子どものゲストが複数いる場合は、子ども全員にプレゼントが行き渡るような演出を考えてみてもいいですね。また、家族挙式のようにゲストが少人数の場合は、全員にプレゼントを渡すという方法も! 番号を書いた小さな造花を人数分投げて、番号に応じたプレゼントを渡すのもおすすめです。

 

【ブーケトス】気をつけたい注意点

ブーケに使われる素材はさまざまで、生花や造花、ドライフラワー、プリザーブドフラワーなどがあります。なかでも生花で作られたブーケは重く、スポンジに含ませた水が飛び散ったり、壊れてワイヤーが飛び出してしまうことがあるため注意が必要です。

状況次第ではゲストの衣装を汚してしまったり、ケガをさせてしまう危険性も。ワイヤーの飛び出しや、ゲストの衣装を汚してしまう可能性については、プリザーブドフラワーでも同様です。

そのため、ブーケトス用の小さいブーケを別に用意するようにしましょう。できれば造花のように、軽くて壊れにくく、危険性の少ない素材がおすすめです。

 

【ブーケプルズ】おすすめの演出方法と注意点


「ブーケプルズ」とは、ブーケに繋がった人数分のリボンのなかから、ブーケを引き当てた女性がブーケをもらえるという演出です。ブーケトス同様に、ブーケを手にした女性は近いうちに結婚ができると言われています。くじ引きのような感覚のため、ブーケトスよりは抵抗感なく参加できるという特徴も。

この演出はタイミングや場所を選ばないため、挙式後や披露宴の最中など、さまざまなタイミングでおこなえます。ブーケトスができない会場でも、ブーケプルズなら実現できるというメリットでもあるのです。

そんなブーケプルズのおすすめの演出方法と、注意点を見ていきましょう。

 

【ブーケプルズ】おすすめ演出方法

ブーケプルズでおすすめしたい演出方法は、「ハズレを作らない」という方法です。おめでたい結婚式で幸福をお裾分けするのですから、「ハズレ」というマイナス要素をなくしてしまうのです。

「ハズレ」をなくすためには、ブーケ以外の「当たり」を用意する必要があります。小さなミニブーケや、チャームなどをリボンの先に結ぶケースは実際に多く見られます。

また、ゲスト全員に参加してもらう場合は、どの世代のゲストにも楽しんでもらえるようなアイテムを用意してもいいでしょう。お菓子や雑貨など、高価すぎないものがおすすめです。

 

【ブーケプルズ】気をつけたい注意点

ブーケプルズで気をつけておきたい注意点は、リボンの長さや本数です。あまり長すぎて絡まってしまってもいけませんし、短すぎて参加者がぎゅうぎゅう詰めになってしまってもいけません。また、本数を間違えてしまうと気まずいことに。

絡まりにくいリボンを選定するのはもちろん、他のゲストからも見やすく、参加するゲストも余裕のある距離を保てる長さを考えるようにしましょう。

また、実際のブーケにリボンを結びつけるのは時間がかかってしまいます。「ハズレ」をなくす演出をする場合も同様で、できればブーケプルズ用のブーケを用意しておくようにしましょう。

 

幸福をお裾分け!ブーケトスやブーケプルズもおもてなしのひとつ


結婚式では、新郎新婦がゲストに対してさまざまなおもてなしをします。ブーケトスやブーケプルズも、おもてなしができる演出のひとつ。幸福をお裾分けできるという、とても素敵なおもてなしです。

会場やゲストの顔ぶれ、人数などによって、ブーケトスにするかブーケプルズにするか選択が変わることがあります。どちらを選んでも、ゲストの誰もが笑顔になるような演出ができるといいですね。