スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

結婚式前夜はリハーサルディナー!身近な人達だけで素敵な思い出作り


結婚式前夜はリハーサルディナー!身近な人達だけで素敵な思い出作り (Unicode エンコードの競合)人生でのビッグイベントである結婚式を控えて、新郎・新婦は胸の高まりを抑えられないでいるでしょう。

ずっと準備を重ねてきた結婚式本番に、自分達のために集まってくれる親戚や友人、会社の同僚などと会えると思うだけでドキドキとワクワクが止まらないですよね。

もちろん結婚式当日を楽しんで過ごすことが1番なのですが、挙式・披露宴の主役である新郎・新婦の当日のスケジュールは目が回るほどに忙しく、ゆっくりしている暇などありません。せっかく来ていただいたゲストとじっくり話す時間も限られているのが現実です。

そこでオススメするのが、結婚式前日にゆっくりと家族や友人との時間を楽しむことが出来るリハーサルディナーです。

身近な人達だけでゆっくりと素敵な思い出作りをしながら、最高の時間を過ごしてみませんか?

そこで今回は、結婚式前夜にオススメのリハーサルディナーの楽しみ方についてご紹介いたします。

 

結婚式前夜のリハーサルディナーって何?

日本ではあまり馴染みのないウェディング用語ですが、リハーサルディナーとは、結婚式前夜に行われるイベントで、欧米では習慣となっています。

結婚式当日はどうしてもバタバタしてしまうので、結婚式前夜にゆっくりと食事を楽しみながら翌日の結婚式のこと、これからの人生のこと、二人の馴れ初めなどを語るのです。

通常、結婚式の前日に主役である新郎・新婦とお互いの両親、式がよりスムーズに運営できるようにサポートをしてくれるグルームズマンやブライズメイド、牧師さまなどで、本番さながらのリハーサルを行い、式の流れを確認します。

こうして翌日のシミュレーションが出来た後に、家族や親しい友人と共にワイワイと楽しむことが出来る食事会を開催するのがリハーサルディナーです。

食事をするのにもリハーサルが必要なの?と思ってしまいますが、食事の練習をするのではなく、リハーサルという形を借りて身近な人々と食事を楽しむのがメインイベントです。

決してフォーマルな食事会というわけではなく、あくまでみんなで時間を過ごすことがメインですので、美味しいお料理とお酒と共にリラックスして過ごして下さいね。

欧米ではこの際に、リハーサルディナーに出席して下さった皆さんに、お祝いの品を贈るしきたりがあるようです。

ただ、日本ではこの贈り物はまだ習慣化していませんので、いきなり物をあげてしまうと恐縮されることがありますので、日本で行う場合このしきたりは無視してしまうか、相手に重荷に思われないような小さいギフトを用意しておくのがオススメです。

 

リハーサルディナーは、プレ披露宴と捉えよう

リハーサルディナーは、結婚式前日のプレ披露宴という位置づけになります。親族やブライズメイドをしてくれる親しい友人と共に一緒に過ごすことで、新郎・新婦の緊張もきっとほぐれることでしょう。

本番は、新郎新婦や式場のスタッフはもちろん、両親や親族、受付や余興などを手伝ってくれる友人たちも新郎新婦のサポート側に回ります。そうでありながら、そんな彼らにゆっくりと感謝の気持ちを告げる時間は結婚式当日にはありません。

そのため、リハーサルディナーでプレ披露宴を行いつつ、新郎・新婦からゲストに対する感謝の想いをきちんと伝えるようにしましょう。本番は式の進行をこなしていくだけで精一杯になるでしょうから、改めて感謝の気持ちを伝えられるリハーサルディナーの場はとても貴重なものです。

式の後も、二次会などに駆り出されてゆっくり話す時間がないことも多いですし、せっかくゆっくり語り合いたくても披露宴でおなか一杯になって、酔いが回ってしまったらなかなかゆっくりとは語れません。一方、リハーサルディナーでは、大事な人たちとゆっくりと時間を取ることができるので、日本でも習慣になっていけば良いですね。

 

リハーサルディナーのメリットは?

何かと忙しい結婚式前夜ですが、リハーサルディナーはそんな忙しい中でも敢えて時間を作るほどの価値があるのです。

日本では、結婚式前夜と言えば自分達の家族だけで食事をして「今まで育ててくれて、ありがとうございました」というイメージがあります。この、何とも言えない嬉しさと寂しさとが混じった独特の雰囲気もとても良いものですが、お互いの両親や親族とワイワイ過ごしていくことにも、大きなメリットがあるのです。

<リハーサルディナーのメリット>

  • お互いの両親、親族同士の距離がグンと近づく。
  • 翌日に控えた挙式・結婚式のリハーサルが出来る。
  • 和気あいあいと楽しめる。
  • 久しぶりに会った家族と楽しい時間を過ごすことが出来る。
  • 翌日の結婚式に向けて、みんなのテンションがアップする。
  • 新郎・新婦の子供の頃の話など、普段は聞けない話を聞いて盛り上がる。
  • 美味しいものを食べられる。

このようにリハーサルディナーにはたくさんのメリットがあります。特に両家の交流は、結婚式前の顔合わせや結婚式当日などにもありますが、形式ばった場がほとんどです。そこで、みんなで寛いだ雰囲気の中でお食事やお酒を楽しめるリハーサルディナーがあれば、砕けた話が聞けてより親睦が深まるに違いありません。

感謝を伝えることができて、更に親族や身近な方々の交流が深まるなんて、一石二鳥のイベントですよね。ぜひ、リハーサルディナーを企画なさってはいかがでしょうか。

 

リハーサルディナーはどこで行うの?

「私も欧米のウェディングのしきたりを取り入れてみたい!だから、リハーサルディナーにトライしたい」「リハーサルディナーについて知ると、いいことばかり。せっかくだから取り入れたい」

ここまで記事を読んで頂いた方の中には、リハーサルディナーに興味を持ってぜひ試してみたいという方もいるでしょう。

そこで気になるのが、リハーサルディナーの開催場所です。いったい皆さん、どこで開催しているのでしょうか?

リハーサルディナーは、挙式・結婚式のリハーサルをした後なので、やはり会場から近い場所を選ばれる方が多いようです。

ホテルやレストランなどを予約して、自分達で準備することなくリハーサルウェディングを企画するのも1つの方法ですし、自宅が式場から近い場合やゆとりのある場合は自宅でBBQやホームパーティースタイルにもするのも良いですね。

BBQやホームパーティーの場合は、昼過ぎからのんびり初めると、ゆっくりと楽しい時間を過ごせながら、夜遅くになりすぎないので翌日の本番に影響を及ぼすことが少ないのでオススメです。

レストランや料亭でのディナーであれば翌日の披露宴の練習にもなるでしょうし、そして素敵なサービスとおいしいお料理とが楽しめるのが嬉しいですね。

開催場所はどこでも良く、皆で和気あいあいと盛り上がることが出来る場所を意識して選びましょう。身近な人達だけで素敵な思い出作りをしてみてはいかがでしょうか。

 

リハーサルディナーの費用は誰が払うの?

リハーサルディナーの費用は基本的に新郎側が払うことになっています。けれども、必ず新郎側が支払わなくてはいけないという決まりはありません。

もう結婚式前夜ですので、リハーサルディナーも結婚費用として計算し新郎新婦が支払うのもわかりやすくていいですね。

 

実際にリハーサルディナーをしたカップルの感想は?

ここまでで、リハーサルディナーのメリットが沢山でてきましたが、実際にリハーサルディナーをした方々はどのような感想を持っているのでしょうか?参考までに感想をまとめてみましたのでご覧ください。

  • 親族同士が仲良くなれたので結婚式本番も盛り上がった。
  • 結婚相手が家族と仲睦まじく過ごす姿を見て、本当にこの人と結婚して良かったと思った。
  • 結婚式前日に何だか力を使い果たしたみたい・・・。
  • 素敵な思い出が出来て、本当に楽しかった。
  • 両親に家族水いらずでお礼の言葉を言うことが出来てよかった。
  • とにかく楽しかった。
  • 大好きな人達に囲まれて、ハッピーオーラ全開になった。

このようにリハーサルディナーを実際に行った人たちのほとんどが、大満足しているようです。

身近な人達だけで盛り上がることができるので気を遣うこともなく、ただ楽しさを感じることが出来るのも魅力です。

そして、結婚式前に身近な方々がお互いに親睦を深めることができれば、結婚式当日も緊張がほぐれて楽しく和気あいあいとした披露宴が行えるのも大きなメリットですね。

身近な人と十分な時間を事前に過ごしているので、結婚式当日は普段なかなか会えない遠方の友人知人や、きちんと感謝の意を述べたい上司の方などに時間を取ることができます。

 
いかがでしたか?

以上、結婚式の前夜に行うリハーサルディナーに関して、お話させて頂きました。

一生のなかでも特に大切なイベント、結婚式を最高の思い出にしたいのはもちろんですが、せっかくならその前日も同じぐらい素晴らしい日にしていきましょう。リハーサルディナーは、新郎・新婦にとっても出席者にとっても特別な意味を持つものです。

新郎・新婦は翌日に控えた結婚式のリハーサルを行うことができるとともに、結婚式に対するモチベーションを上げることができますし、両親や親族は子供達が巣立っていくという現実をしっかり受け入れることが出来ます。新郎・新婦がお互いの実家でしんみりと家族で過ごすのも素敵ですが、子どもから親に感謝の意を述べる感動的な時間を、両家で共有するのも素敵ですね。

それと同時に、両家の親睦を深められて、気の置けない友人たちともゆっくり話すことができ、更に皆に感謝の意を前もって伝えることができるところもリハーサルディナーのメリットです。

気を遣わない空間の居心地の良さ、最愛の人達に囲まれている素晴らしさ、そのすべてを感じていきましょう。

リハーサルディナーは、家族、親しい友人との距離をもっと縮めるためにもオススメです。ぜひ、皆さんも企画してみてはいかがでしょうか。