スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

理想の花嫁になるために・・・美容にかける予算の相場ってどれくらい?


理想の花嫁になるために…美容にかける予算の相場ってどれくらい? (Unicode エンコードの競合)

「一生に一度の結婚式だから、最高に美しい自分を魅せたい」「自分に自信がないから、結婚式までに少しでもキレイになりたい」

このように一生に一度の結婚式を迎える花嫁は、自分史上最も美しい状態で結婚式を挙げたい、新郎はもちろんゲストたちにも披露したいと思うのは当然ですよね。

憧れのバージンロード・純白のウエディングドレス・最高のロケーションなど、周りの環境がパーフェクトに揃っているだけに、花嫁自身のコンディションも結婚式に向けて最高の自分に整えていく必要がありますよね。

実際に多くの花嫁が、結婚式までにエステや痩身、美顔、産毛剃り、ネイル、つけまつげなどありとあらゆる美容法を行っています。

もちろん、色々できることに越したことはないのですが、ここで気になる疑問が・・・。理想の花嫁になるために、世の中の女性はいったいどれくらいのお金をかけているのでしょうか?

結婚式はこれまでの人生でも使ったことがないような大金がポンポンっと出ていくイベントです。それに自分磨きに使う金額が加わるとなると、どこまでお金をかけられるか不安になりますよね。

そこで今回は、多くの花嫁さんが実際に行った美容法の中でも特によく実践されたものを厳選してお伝えします。

 

結婚式までに花嫁はどんなことに美容費をかけるの?

花嫁は、結婚式までにいったいどのようなことに、お金をかけるのでしょうか?1つ1つの項目をしっかり確認していきましょう。

 

やっぱり花嫁は毛が気になる!脱毛

普段のムダ毛処理は自宅で簡単に自己処理をして済ませているという人も、結婚式を控えているのなら普段通りのムダ毛処理だけでは少し不安になりませんか?

結婚式の主役は何といっても花嫁です。来ていただいたゲスト皆さんの注目を一身に集めるため、頭のてっぺんから足の先まで見られてしまいます。
そんな中で、万が一にも処理できていないところがあったりすると恥ずかしいですよね。

更に結婚式では新郎新婦には強い照明が当たり、ムダ毛などもよく見えてしまいます。それだけでなく、ウエディングドレスは脇・デコルテ・二の腕・背中・顔がいつもよりも露わになりますので普段よりも入念なケアが求められるのです。

これらの部位に処理残しがあっても恥ずかしいですし、処理をしようとしすぎるあまり肌荒れしたりしてしまうと花嫁の魅力も半減してしまいます。

普段あまり露出することのない背中などは、自分で処理するのも難しいですよね。

そこで、おススメするのがブライダル脱毛プランです。簡単な1日脱毛なら比較的低価格で行えますが、本格的な脱毛プランの場合は約10万~15万円かかってしまいます。

そして完璧に脱毛するには何度も通って施術しなければいけませんし時間もかかりますので、結婚が決まると同時に脱毛については考えておくようにしましょう。

もちろん、お手軽なプランでも結婚式前に施術すれば当日はツルツル肌の花嫁に近づけますし、費用と時間とを考えて必要な部位のみに絞って施術すれば費用を抑えることもできます。

お手軽にできるブライダル脱毛は、多くのエステ店で1部位2000円程度から施術できたり、全身脱毛でも月額1万円ほどから受けることができたりします。

美しい理想の花嫁になるために、ツルツル肌はマストです。

 

花嫁の美しさはネイルから

結婚式当日は顔や全身だけでなく、指先も注目される部分だと覚えておきましょう。指輪の交換では、新郎新婦の手元がクローズアップされて写真やビデオにも残りますし、他にもケーキ入刀やキャンドルサービス、両親への手紙などあらゆる場面で新婦の指先は目立ちます。

ウエディングに限ったことではありませんが、手元までケアが行き届いている女性は、それだけで美しさが増して見えます。

せっかくなら、ウエディングドレスに合わせて華やかで美しいブライダルネイルを取り入れることをおススメします。

ブライダルネイルはウエディングドレスやカラードレスのデザインに合わせて作り上げていきますので、デコレーションの数やデザインによって値段には個人差がありますが、大体5000~12000円の範囲内で収まります。

あまりお金をかけたくない場合は、自宅で簡単に出来るジェルネイルキットやシールタイプの物を活用するのも良いかもしれません。

筆者の場合は、ウエディング前にネイルサロンに通える時間がなく、仕方なくシールタイプのネイルで代用しました。しかし当日の、二次会ぐらいになってくると少し剥がれてきてしまいましたし、デザインがドレスにぴったりフィットしていなかったために、少しちぐはぐな印象になってしまいましたので、やはりプロの手を借りるのが1番だと感じました。

 

まつげエクステで顔の華やかさアップ

結婚式当日は華やかなウエディングドレスを身にまとい、たくさんの人に注目を浴びることでしょう。そこで、花嫁自身もウエディングドレスに負けないぐらいの「華やか顔」になることをおススメします。

そこでおススメするのが、まつげエクステです。地まつげがよほど長くボリュームのある方を除いて、マスカラだけでドレスに匹敵するような十分なボリュームを出すのは難しいものです。
また、ボリュームを出すのであればつけまつげも効果的なのですが、どうしても「つけてる感」が否めなく、カメラマンにクローズアップされて撮られたり、ゲストが間近に来られたりすると、つけまつげを付けていることがあからさまになってしまいます。
そこで、自分のまつげにエクステを付けていくまつげエクステが大注目されています。

まつげエクステは本数や長さによっても違いますが、大体100本のまつげエクステで約5500~7000円になることでしょう。

まつげエクステは、施術してからしばらく持続しますし、結婚式の後に新婚旅行に行かれたりするときにも、美しい目元を維持したまま行けるのでおススメです。

 

ダイエットにお金をかけるかは・・・自分次第!

「結婚式までにマイナス5キロを目指したい!」「二の腕と顔をほっそりさせたい」などと、結婚式までに痩せたいと願う花嫁さんは、たくさんいるはずです。

ここまでの美容法に関しては大体の金額を予想することが出来ましたが、ダイエットは方法によって費用にも大きな差が出ますので、一概には言えません。

例えば、低炭水化物ダイエットやサラダダイエットなど、スーパーで気軽に手に入れられる食材を利用して食事管理をした場合や、ウォーキングやジョギングをしてダイエットに臨む場合は、それほどお金はかかりません。

けれども、酵素ドリンクやダイエットフードなどを購入した場合は、効果はあるかもしれませんが、その分費用がかかってしまうことを忘れないようにしておきましょう。

また、自宅で簡単に出来るダイエットではなく、プロのエステティシャンなどの手を借りる場合はガッツリと美容費用がかかってしまうと覚悟しておきましょう。

痩身エステに通う場合は、結婚式直前の1日引き締めコースでも良いですし、半年~1年かけて理想のパーフェクトボディを目指すのも1つの方法です。

痩身エステは専用の機械を使用するので、確かに効果は大きいですが、費用は高額になりますので注意しましょう。

 

ヘアケアも忘れずに!

結婚式前には、髪の毛のカラーリング・カットも忘れないようにして下さい。それに加えて、髪の毛にハリとツヤをアップさせるために、トリートメントもおススメします。

「アップスタイルにするから、髪の毛にはそれほど気合いを入れなくてもいいのかしら?」と言う女性もいますが根元が黒くなっていたり、毛先がパサパサになっていたりしては、せっかくのヘアスタイルも魅力が半減し、仕上がりも悪くなります。

理想の花嫁になるために、抜け目なくケアをしていきましょう。ヘアサロンのメニューは平均して、カット4000円、カラー7000円、トリートメント5000円、ヘアセット5000円程度を目安にすると良いでしょう。

 

いかがでしたか?

以上、理想の花嫁になるために多くの女性が実際にかけた美容に関する予算の相場をご紹介いたしました。

正直、女性の美容費はかかります!そして男性には、なぜそこまで女性が美容に多くの費用をかけるのか分かりかねる部分も多いと思います。その理由はいたってシンプルで、女性は、新郎や家族、ゲストたちの前で美しい花嫁でいたいだけなのです。
結婚式という人生の大舞台を、キレイな自分で迎えたいという女性の気持ちは何も女性の自分勝手な願望ではなく、新郎や家族のためにも美しい自分でありたいという気持ちが入ってると理解してあげましょう。

結婚式は当日だけでなく、ずっと後まで思い出や写真に残るイベントです。そのために少しくらい美容代がかかっても、見逃してあげましょうね。