「仏前式」とはどんな挙式スタイル?基礎知識と流れを紹介! | 家族挙式のウエディング知恵袋

「仏前式」とはどんな挙式スタイル?基礎知識と流れを紹介!



キリスト教式や神前式といった挙式スタイルは、日本で馴染み深いものです。どちらも宗教色があるものとはいえ、誰もが気軽に選択し、それぞれの思いと共に結婚式を挙げています。そんな宗教色のある挙式スタイルのひとつに、「仏前式」があるのをご存じでしょうか?

今回は、近年人気が上昇している「仏前式」について、基礎知識と挙式の流れをご紹介します!

 

「仏前式」の基礎知識と流れをチェック!


「仏前式」とは、仏様の前で挙式を挙げるスタイル。仏様の前でご先祖様などに結婚を報告し、生涯を誓い合います。仏前式では、式を進行するのは「司式者」と呼ばれる僧侶です。

仏前式自体はキリスト教式や神前式ほど多くありませんが、とても厳かでアットホームな雰囲気さえ感じる挙式スタイル。それでは仏前式の基礎知識と流れをチェックしていきましょう。

 

寺院で、そして仏壇の前で!仏前式はどこでできる?

仏前式を挙げたいと思ったとき、まず「どこでできるのか」が気になりますよね。仏前式は、「寺院」もしくは新郎新婦の自宅や親族宅にある「仏壇の前」、そして仏前式対応の専門式場やホテルでおこなうことが可能です。また寺院については、どこの寺院でもいいというわけではありません。

  • 仏前式を受け入れている寺院
  • 新郎もしくは新婦の家のお寺がある菩提寺
  • 新郎もしくは新婦の宗派である寺院
  • 仏前式対応の専門式場やホテル

寺院では、仏前式を受け入れていても宗派が違うとNGというケースや、どの宗派でもOKというケースがあります。まずは気になる寺院や菩提寺など、問い合わせてみることをおすすめします。また新郎新婦の宗派が異なる場合は、どちらかの宗派に合わせればOKです。

 

仏前式のゲストは誰を呼べる?披露宴はどうする?

仏前式のゲストは、基本的に新郎新婦の家族と親族のみになります。家族挙式と近い形を想像するといいでしょう。挙式後の披露宴や会食は、場所を移動しておこなうのが一般的。専門式場やホテル、レストランなどを利用します。

 

仏前式はどんな流れで進むの?

それでは仏前式の流れについて見ていきましょう。宗派によって異なりますが、大体以下のような流れをイメージしておけば大丈夫です。また以下の流れに指輪の交換を途中で入れるケースもあります。

【入堂】
まずは新郎新婦の両親や親族が入堂。
寺院の場合はご本尊、自宅の場合は仏壇に向かって右が新郎親族、左が新婦親族です。

その後、新郎新婦が媒酌人に付き添われて入堂、最後に司式者(僧侶)が入堂します。

【敬白文朗読】
司式者(僧侶)が焼香後、仏様やご先祖様に向かって、結婚式をおこなうという報告をします。全員起立します。

【念珠授与】
司式者(僧侶)が白い房の念珠を新郎に、そして赤い房の念珠を新婦に授ける儀式です。
新郎新婦は、授かった念珠を四指(左手の親指以外)にかけて合掌します。

【司婚の辞】
新郎新婦に対し、結婚における誓いを司式者(僧侶)が問いかけます。いわゆる誓いの言葉です。
新郎新婦が誓いを読み上げたり、媒酌人が代わりに読み上げるケースも。

【新郎新婦の焼香】
新郎、新婦の順で焼香し、合掌します。このとき念珠は左手にかけたままで、親族も合掌します。

【誓杯】
いわゆる三三九度と同じ儀式です。新郎新婦のあと、「親族固めの杯」を親族全員でおこないます。

【法話】
新郎新婦の門出を祝い、司式者(僧侶)が法話と祝福の言葉を述べてくれます。

【退堂】
仏前式が終わり、退堂します。司式者(僧侶)ののち、新郎新婦、媒酌人、そして親族という順番です。

 

仏前式はプロデュースしてもらえる?

仏前式をおこなっている寺院のなかには、プロデュース会社を紹介してくれる寺院もありますが、そうではない寺院も少なくありません。仏前式を検討する際には、まず自分たちで寺院に問い合わせる前に、仏前式のプロデュースを行っている会社を探してプロデュースを依頼するといいでしょう。希望の寺院で挙式ができるよう、サポートしてくれますよ。また、仏前式を扱っている専門式場などを探してみてもいいですね。

挙式後の披露宴についても、仏前式とトータルでプロデュースしてもらえると心強いもの。仏前式は菩提寺や自宅でおこなうケースもあるため、つい「自分たちでなんとかしなければ」と思ってしまいがちですが、しっかりとサポートしてくれる存在がいることを忘れないようにしましょう。

 

ご先祖様に結婚を報告し、将来を誓う「仏前式」!


仏前式について基礎知識や流れなどをご紹介しましたが、仏前式は仏様やご先祖様に結婚を報告するもの。とくに「ご先祖様に報告」という部分は、キリスト教式や神前式などには見られない、仏前式の大きな特徴とも言える部分ではないでしょうか。

ご先祖様からの繋がりとご縁、これからの新たな家族との繋がりなどを大切にする、そんな思いがより深まる仏前式。家族と親族だけという、厳かななかにあるアットホームな雰囲気のなかで、将来を誓い合うのも素敵ですね。

仏前式という挙式スタイルは、きっとこれからも人気が出てくることでしょう。仏前式とはどんなスタイルなのか、この機会にぜひ知っておいてくださいね。

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加