スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

結婚式はどの季節にする?季節ごとのメリット・デメリットを紹介!



大切な人と幸福の第一歩を踏み出す結婚式。結婚式は、人生で最高に幸せな瞬間のひとつではないでしょうか。結婚が決まってから結婚式を挙げるまでには、さまざまな準備が必要です。

そんな結婚式の準備のひとつに「日取り決め」があります。いつ結婚式を挙げるのか、自分やパートナーの都合や周囲の都合などを総合して考えることでしょう。日取りを決めるにあたっては、六曜や季節を考慮するケースはとても多く見られます。

今回は結婚式の日取りを決める要素のなかから、季節にスポットを当ててみたいと思います。各季節ごとに結婚式を挙げる際のメリットやデメリットをご紹介! ぜひ、結婚式の日取り決めの参考にしてくださいね。

 

季節によって異なる、結婚式のメリット・デメリット


日本には春夏秋冬という四季があり、それぞれの季節には大きな特徴があります。それに伴って、結婚式が多い季節もあれば、少ない季節も。各季節ごとのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

春の結婚式!メリットとデメリットは?

まずは春の結婚式について見ていきましょう。3月から5月の温かくて花も多く、新緑も美しい季節である春は、結婚式を望むカップルが多い人気シーズンです。

新緑を眺めながら屋外で楽しむガーデンウェディングや、咲き誇る桜とともに撮影、母の日を取り入れた演出といった、季節を味方につけた結婚式が叶います。3月はまだ肌寒さが残るものの、分厚いコートもいらず、新郎新婦はもちろんゲストも服を選びやすいというメリットがあります。

デメリットは、その季節の特性が影響しています。3月から4月は決算や異動シーズン、そして5月はゴールデンウィークがあるため、ゲストが参加しにくいケースも。また人気のある季節ですので式場の予約が入れにくく、料金も割高になる傾向があります。

 

夏の結婚式!メリットとデメリットは?

続いては夏の結婚式です。6月から8月に結婚式を挙げるカップルは、暑さと共に減少。全体的に、ややデメリットが目立つ部分があります。

ジューンブライドとして6月を希望するカップルは多いものの、あいにくと日本では梅雨で雨が続いてしまいます。そして近年は梅雨明けから暑さが厳しいことも多く、台風の可能性もあり、夏場の結婚式を控えるカップルも少なくありません。自宅からフォーマルを身につけてくるゲストにとっては、暑さによる熱中症や汗によるメイクの崩れなど、気温によっては辛い状況になる可能性も。

そのいっぽうでナイトウェディングや夏の演出を楽しんだり、春や秋と比べて料金が割安で予約が入れやすかったりと、夏だからこそのメリットもあります。夏の結婚式を希望するのであれば、夏を活かした演出をすると共に、ゲストに対しては暑さをフォローできるおもてなしができるといいですね。

 

秋の結婚式!メリットとデメリットは?

暑さが残る9月から冬の足音が聞こえる11月までの秋は、結婚式にとってベストシーズンとも言えるほど人気がある季節です。数多くのカップルが、秋の結婚式を選択しています。

人気があるということは、メリットも多いということ。まずは過ごしやすい気候が最大のメリットと言えるでしょう。新郎新婦はもちろん、ゲストにとっても暑すぎず寒すぎず、衣装も選択の幅が広がります。ガーデンウェディングや屋外での演出もでき、会場によっては紅葉をバックに記念撮影も。秋の味覚も存分に楽しめ、おもてなしもしやすい季節です。

メリットが多いとはいえ、もちろんデメリットもあります。人気のシーズンということは、大安の土日などは式場の予約がいっぱいに。そのため予約が取りにくかったり、結婚式の料金が割高だったりします。またゲストとして招待したい相手が、「先に他の結婚式に招待されてしまっている」などといった、「結婚式が同じ費に重なる」ケースもあります。

 

冬の結婚式!メリットとデメリットは?

最後は、冬の結婚式のメリットとデメリットをご紹介します。12月から2月という、寒さが本格的になるシーズン。このシーズンの結婚式は、夏と同様に結婚式を挙げるカップルが減少します。しかしピンポイントで人気のタイミングも。

結婚式を挙げるカップルが減ることで予約が取りやすく、料金も割安なケースが多いというメリットがあります。また、クリスマスやバレンタインなど、カップルにとって特別な思い出の多いイベントも。そのイベントに合わせて結婚式を考えるケースも見られます。

いっぽうのデメリットは、やはり冬という季節にあります。結婚式を予定していた日に雪が降れば、交通機関のマヒなどでゲストが来られなくなる可能性があるのです。また年末年始にさしかかると、誰もが多忙で出席できるゲストが少ないケースも考えられます。冬の寒さで屋外の演出も難しく、どうしても屋内ばかりになりがちです。

 

メリットとデメリットを理解して、納得の行く季節に結婚式を!


秋がベストシーズンだからといって、秋に結婚式をしなければならないわけではありません。逆に、冬や夏に結婚式をしてはいけないというわけでもありません。結婚式の日取りや季節は、新郎新婦のおふたりや両家にとって最も都合の良い、最適と思われるタイミングでおこなうのが一番です。

どの季節で結婚式を挙げるとしても、メリットとデメリットは必ず存在します。それらをきちんと理解して、納得の行く季節に結婚式が挙げられるといいですね。