結婚式でカメラマンをすることに!写真を撮るコツや準備など徹底解説 | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚式でカメラマンをすることに!写真を撮るコツや準備など徹底解説



新郎新婦から結婚式のカメラマンをお願いされ、嬉しい反面、失敗してしまわないか不安に思っている方もいるでしょう。結婚式での撮影を成功させるためには、カメラのテクニックだけでなく、事前にしっかりと準備をしておくことも大切です。

そこで今回は、新郎新婦から結婚式のカメラマンをお願いされたという方のために、事前にしておきたい準備や当日の撮影のコツをご紹介します。結婚式の素敵な写真を残したいという方は、ぜひチェックしてみてください。

 

結婚式のカメラマンに必要な事前準備とは?


新郎新婦から信頼されて結婚式のカメラマンをお願いされたからには、その役割をきちんと全うしたいですよね。そのためにも、事前に必要な準備はできる限り行うようにしましょう。ここでは、結婚式にカメラマンとして参加するときに必要な準備をまとめました。

 

必要な機材をそろえる

当日までに「カメラ」や「レンズ」、「ストロボ」といった、結婚式の撮影に必要となる機材は一通り用意しておきましょう。それに加え、問題なく撮影できるかどうか、動作確認をしておくことも大切です。

とくに注意したいのが「バッテリー」と「メモリーカード」。確認が不十分だった場合、「披露宴の途中でバッテリーが切れてしまった」、「メモリーカードが一杯で後半の撮影ができなかった」ということもあり得ます。事前に容量などを確認すると共に、万が一の場合も想定し、予備を用意しておくと安心です。

 

新郎新婦と念入りな打ち合わせ

新郎新婦がどんな写真を撮ってほしいのか知るためにも、事前にふたりとの打ち合わせの場を設けるようにしましょう。打ち合わせでふたりが撮ってほしい場面や構図などを確認しておくと、撮影漏れを防ぐことにつながります。

また、式場によっては撮影の仕方や場所に制限があることもあります。撮影に関して注意することがないか、事前に式場に問い合わせてもらうようにしましょう。

 

当日のスケジュールや席を把握する

こちらは、先ほどの打ち合わせにも通じることですが、事前に新郎新婦から結婚式当日のスケジュールを教えてもらうことも大切です。当日のタイムテーブルを把握しておくことで、スムーズに動きやすいですよ。

また、結婚式のカメラマンは、新郎新婦だけでなく、ゲストの撮影も担います。全てのゲストを撮影するためにも、タイムテーブルと合わせて、席次表も貰っておくと良いでしょう。

 

ふたりに喜ばれる写真を! 結婚式での撮影のコツは?


結婚式ならではのポイントを押さえて撮影すると、新郎新婦に喜ばれる写真を撮りやすいです。では、具体的にどんなポイントがあるのでしょうか? 続いては、結婚式で写真を撮るコツをご紹介します。

 

新郎新婦以外の写真も撮影する

結婚式の主役は新郎新婦ですが、ふたりばかり撮影しているのはNG。新郎新婦の両親や親族、ゲストなど参加者全員を撮影するように心がけましょう。結婚式当日は、一人ひとりのゲストとゆっくり会話ができない新郎新婦も多いので、ふたりが把握しきれない当日の様子も写真で確認してもらえますよ。

また、結婚式の思い出として式場の外観や内観、ウェルカムスペース、料理など、人以外の写真も撮っておくと、新郎新婦から喜ばれます。結婚式ならではの素敵な装飾も多いですから、ぜひ撮影してみてはいかがでしょうか?

 

バラエティに富んだ構図を撮影

撮った写真が全て同じようなものばかりという状態は、面白みがありません。衣装全体が写るように撮ったり、表情が分かるよう顔にズームしたりと、同じ場面の写真でもさまざまな構図で撮るようにしましょう。

また、カメラ目線の写真も良いですが、ふたりが見つめ合っている様子やゲストが談笑する様子など、カメラ目線でない写真も撮るのがおすすめ。結婚式当日の思い出がよみがえるような写真を撮りたいですね。

 

複数枚写真を撮るようにする

結婚式はタイムスケジュールが組まれており、当日は次から次へとイベントが進んでいきます。1枚の写真に気を掛けすぎると、次の撮影が上手くできないということも十分あり得るので、こだわりすぎは禁物です。

また、結婚式では被写体が静止していないことも多いので、一度に何枚か撮影しておくのがおすすめ。そうすることで、上手く撮影できていなかったり、目を閉じてしまっていたり、ということを回避することにつながります。

 

【番外編】撮影に集中しすぎない

結婚式の撮影に気合を入れて臨むのは良いことですが、周りが見えなくなるぐらい夢中になってしまわないように注意しましょう。集中しすぎてゲストやスタッフにぶつかってしまったり、入ってはいけない場所に入ってしまったり、ということもあります。当日は、周りの邪魔になっていないか、確認しながら撮影するようにしたいですね。

 

結婚式で幸せなふたりの様子を撮影!


新郎新婦にとって結婚式は、一生の思い出に残る大切な日。カメラマンを任されたからには、できる限り、素敵な写真が残るよう準備を整えて臨みたいものです。今回ご紹介したコツなどを参考に、ふたりの幸せな瞬間を撮影してくださいね。

新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加