結婚式の写真は綺麗&かっこよく写りたい!写真写りを良くするコツ5選 | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚式の写真は綺麗&かっこよく写りたい!写真写りを良くするコツ5選



一生に一度の記念である結婚式の写真は、写りの良い綺麗なものを残したいですよね。せっかく素敵なウェディングドレスやかっこいいタキシードを身にまとっていても、写真写りが悪かったら台無しです。出来上がってから「気に入らない!」と思っても、結婚式の写真を撮り直すことはできないもの。後悔する前に、写真写りを良くするコツを身につけましょう。

この記事では、気に入った写真が残せるよう写りを良くするコツをいくつかご紹介します。結婚式以外でも使えるワザばかりなので、知っておいて損はありません。記事を参考にしていただき、ぜひ写真写りマスターになってください。

 

知らなきゃ損!覚えておきたい写真写りのコツ


フォトスタジオでは、プロのカメラマンが細かく指示してくれたり、気分を盛り上げてくれたりするため、気に入った写真を残せることが多いでしょう。いくつか撮ってもらったなかから、ベストな写真を選べるためとっておきの1枚が手元に!

しかし結婚式では、いつどのタイミングで写真を撮られているか分かりません。ふと気を抜いた瞬間の残念なシーンをパチリ!とされてしまうかも。いつどんな状況で写真を撮られても素敵な一枚になるようにしたいですね。それでは、写真写りをよくするコツを具体的にみていきましょう。

 

【結婚式の写真写りを良くするコツ1】いつでも姿勢を正しく

モデルさんが美しくかっこいいのは、たぐいまれなスタイルだけではなく、姿勢の良さも大いに関係しています。ゲストから常に注目されている結婚式では、姿勢を美しく保つように心がけましょう。背筋をピンと伸ばしていれば、写真写りもぐんと良くなりますよ。

頭のてっぺんを糸で引っ張られているようなイメージでいると、自然に姿勢を正しく保てます。また、肩甲骨を少し真ん中に寄せるようにするのもおすすめです。常に美しい立ち姿をキープできていれば、綺麗なスナップ写真を残せそうですね。

【結婚式の写真写りを良くするコツ2】あごを引いて小顔効果アップ!

結婚式の間は、意識してあごを適度に引いてみましょう。ぜひ試していただきたい、小顔効果が期待できるテクニックです。しかし「あごを引く」といっても、いまいちどのようにすればいいのか、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。

具体的には、あごではなく首を後ろに引くように意識します。頭を下げるような形であごを引くと首にシワが寄ってしまったり、二重あごになってしまったりするため要注意!

スレンダーな人でも、頭や顔の動かし方ひとつで二重あごになってしまうので他人事ではありません。あごを引いて背筋をピンと伸ばし、美しい立ち姿を目指しましょう。

 

【結婚式の写真写りを良くするコツ3】所作を美しく

美しいふるまいやエレガントな所作を意識することも大切です。手の位置ひとつで、上品な雰囲気を醸し出せるので、ぜひ意識してみてくださいね。

新婦の場合、ブーケなど手に何も持っていないときは、おへその前で両手を重ねておくと綺麗に見えます。少し腕が疲れてしまうかもしれませんが、頑張っておへそ辺りの位置をキープしましょう。緩やかなカーブを描くように指先をそろえると、より上品に美しく見えますよ。

ブーケを持っている時も同様に、おへそ辺りで持つようにしてくださいね。見え方が全然違います。

新郎は、足を大きく開いていると品がなく見えるため、閉じて立つように心がけてください。また腕は伸ばし軽くこぶしを握るようにしましょう。せわしなく動かすのはNG。堂々とかつエレガントに新婦をエスコートして、かっこいい写真を残しましょう。

 

【結婚式の写真写りを良くするコツ4】目力アップを目指しましょう

写真写りを左右する大事なパーツは、やはり目です。パッチリとした目だと、より一層綺麗に、そしてかっこよく写真に写ります。とはいえ目を大きく見開くのも大変ですし、逆に不自然に見えてしまいますよね。

自然なパッチリ目を目指すために、上を見るようなイメージで目を上げてみましょう。あごを引くとついつい目線も下を向きがちになってしまうので、意識して上を見るように心がけてくださいね。

 

【結婚式の写真写りを良くするコツ5】細見えを目指そう!

「少しでも細く見られたい!」、女性も男性も、スラッと素敵に見られたいですよね。思い出に残る結婚式の写真が、実際よりも太って見えたらがっかりです。ちょっとしたコツで細見えが実現するので、ぜひ取り入れてください。

オフショルダーやノースリーブのウェディングドレスの場合、二の腕を体にピタッとつけると太く見えてしまいます。少し浮かせることで二の腕がスッキリと細くみえますよ。

また正面から撮るよりも、斜めからのショットの方がスマートに見えます。ケーキカットのシーンなどを撮影する場合、少し意識して体を斜めにしてみましょう。新郎と新婦が向き合うような立ち位置だと自然にほっそりと写りますよ。

 

ちょっとした工夫で写真写りはグンと良くなる!


少し意識をすれば、立ち姿も美しくなり表情も明るくなります。どれも比較的簡単なので、ぜひ取り入れてくださいね。きっと気に入った写真を残せますよ。

もちろん、写真写りばかり気にする必要はありません。新郎新婦の自然にこぼれる笑顔が一番! 結婚式を楽しみながら、ほんの少し意識してお気に入りの写真を残してくださいね。

4月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加