スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

【ゲスト】結婚式の招待状、必要最低限の返信マナーをチェック!



仲の良い友人や同僚、親族など、近しい人たちの結婚はとてもおめでたく、嬉しいことですね。その結婚式に招待されれば、その喜びはひとしおです。手元に届いた招待状の、連名になっている両家の名前を見て「本当に彼・彼女が結婚するんだ」と、実感が湧くのではないでしょうか。

おめでたい席の招待状ですから、失礼のないように返信をしたいもの。そこで今回は、ゲストとして招待された方に向けて、招待状の必要最低限の返信マナーをご紹介します!

 

結婚式の招待状の返信はマナーを守り、心を込めた返信を!


招待状は、新郎新婦側がゲストに対してたくさんの気持ちを込めて送るもの。それを受け取ったゲスト側も、その気持ちを受け止めて、祝福の気持ちと共に返信したいですね。その際には、単純に「出席」にマルを打つだけではいけません。必要最低限のマナーを守り、心を込めた返信をするようにしましょう。

 

結婚式の招待状、返信はいつまでにすればいいの?

結婚式の招待状への返信は、早くて2、3日以内、できれば1週間以内にするのがマナーです。招待状には返信期限が書かれており、なかには長い期限が設けられているケースも。しかし新郎新婦側のスケジュールはとても厳しく、出欠の有無や人数を早く知りたいものです。

出欠がわかってから準備するものはとても多く、席次はもちろん、座席数の決定や引き出物の手配などがあります。早めに返事をすることで、新郎新婦側の準備もスムーズに進み、喜ばれることでしょう。

また、早めの返事は「早く結婚式に行きたい」といった気持ちも伝わり、とても喜ばれます。

 

招待状の「出席」と「欠席」、マルで囲むだけじゃだめ?

招待状の返信ハガキには、「御出席」「御欠席」と書かれているはず。この場合、出席や欠席をマルで囲むだけではマナー違反。出席の場合は、次のように意思表示をしましょう。

  • 万年筆や筆ペンを使うとベスト
  • 「御出席」の「御」と、「御欠席」を定規を使って二重線で消す
  • 「出席」をマルで囲む
  • 「出席」の前に「喜んで」「慶んで」、後ろに「させていただきます」と付け加える
  • 余白にお祝いのメッセージを書くのも◎
  • 「御住所」の「御」と、「御芳名」の「御芳」を定規を使って二重線で消す

新郎新婦側は招待状を送る前に、送る相手に電話やメールなどで意思の確認をしてから招待状を送っているケースが多く、よほどのことがなければ「欠席」という返事をすることはないでしょう。しかし、電話やメールなどで「出席」と伝えていても、いざ招待状が届いたときにはやむを得ない事情で欠席しなければならなくなっていることも。

欠席の場合は、到着から少し間を置いてから返事をするようにしましょう。その際は「御」と「御出席」を二重線で消し、余白にお祝いの言葉と「とても残念ですが、都合により欠席させていただきます」等のおわびの言葉を添えます。欠席の理由は慶事や予定が重なっているのであれば書いてもいいですが、法要や病気などのケースは書かないようにします。

 

結婚式の招待状、返信するときの宛名欄はどうする?

招待状を返信するとき、そのままポストに投函してしまうのはNGです。宛名欄には、返信先の名前に「行」がついていることでしょう。「家族 挙式子 行」という形です。このとき、そのまま返信してしまうのはマナー違反。

相手の名前の下に「行」がついているときは、定規を使って二重線で消し、「様」と書き直すようにします。これは結婚式の返信に限らず、どんなシーンでも同様です。個人宛ならば「様」、企業宛ならば「御中」など、「行」を消して必ず書き直すようにしましょう。

 

結婚式の招待状、返信ハガキに通信欄があったときは?

招待状の返信ハガキには、「アレルギーがある方はご記入ください」「式場側に伝えたいことがあればご記入ください」など、通信欄があることがあります。この通信欄には、必要なことを記入するようにしましょう。通信欄がなくても、伝えたいことがある場合は余白を利用します。

返信ハガキが新郎新婦側に届いた頃に、一度連絡をしてより詳しく伝えられるとベスト。とくにアレルギーの場合は、内容によっては式場側とも打ち合わせが必要になるケースも。全て相手任せにするのではなく、よりスムーズにトラブルなく結婚式ができるように、こちらからも協力ができるといいですね。

 

招待状の返信には書かなかったけど、家族を連れて行ってもいい?

招待状の返信には自分の名前しか書かなかったものの、配偶者や子どもを連れて行くというケースが稀にあります。しかしこれはNG行為。招待する側は、「あなた」を招待しています。当日、返信ハガキに書かなかった配偶者や子どもを連れて行くと、子どもの席の確保や料理の追加など、式場側にも迷惑がかかってしまいかねません。

もし子どもや配偶者も一緒に出席したいという場合であれば、返信する前に相手に確認するようにしましょう。OKが出たら、返信ハガキには必ず出席する人数分の名前を書くようにしてくださいね。

 

「出席」で返信したけど、急な用事で欠席しなければならなくなった!

当初は出席予定で、出席として返信したものの、急な用事で欠席しなければならないケースがあります。結婚式自体、招待状が届いてから数ヶ月先ということも多いため、急遽欠席になるというのはやむを得ないこと。

欠席しなければならなくなったときは、速やかに新郎新婦に連絡するようにしましょう。当日にドタキャンをするのだけはNGです。また、結婚式当日まで余裕があるのに、当日に連絡をするのもやめましょう。

 

結婚式の招待状は、返信から最大級の祝福を!


結婚式の招待状は、最低限のマナーを守って返信をすれば、返信ハガキを見た新郎新婦を幸せな気持ちにすることができます。そして結婚式はとてもおめでたく、新郎新婦が人生の新たな一歩を踏み出す記念すべき日でもあります。そんな幸福の瞬間に立ち会えるのは、とても嬉しいことです。当日はもちろん、招待状の返信の段階から、最大級の祝福を送りたいですね。