結婚式に遠方からゲストを招きたい!宿泊費やお車代はどうする? | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚式に遠方からゲストを招きたい!宿泊費やお車代はどうする?



結婚式は、招かれるゲストにとってもご祝儀や衣装代など、何かと出費が重なるイベントです。それに加えて遠方に住んでいるとなれば、ゲストの負担はますます大きくなってしまいます。

遠方に住んでいるゲストには、新郎新婦側が宿泊代やお車代を用意するのが一般的。ゲストの負担を軽減して、気持ちよく結婚式に出席してもらいたいですね。しかし、宿泊代やお車代を出す基準はどこなのか、全額こちらが負担すべきなのか、分からないことが多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、遠方に暮らすゲストを結婚式に招く際に必要な宿泊費やお車代のマナーについて詳しくご紹介します。

※結婚式のスピーチや乾杯、受付などのお礼をお車代と呼ぶことがありますが、この記事では、交通費や宿泊代の意味で使用しています。

 

結婚式のゲストへの宿泊代・お車代のマナー! 負担額や注意点は?


遠方に住んでいる親戚や友人を結婚式に招くときに発生するのが、宿泊代やお車代です。お車代を渡す際の負担額や注意点を詳しくご紹介します。宿泊費やお車代をいくらくらい用意するのか、どのように渡せばスマートか具体的に見ていきましょう。

 

結婚式のゲストに宿泊費やお車代を渡す基準は?

結婚式に招待するゲストが遠方の方の場合、宿泊費やお車代を用意するのが一般的です。しかしどこからが遠方なのか、基準がよく分からないもの。結論から言うと、距離の明確な基準はなく、かかる交通費や所要時間で遠方かどうかを判断します。

具体的には、「飛行機や新幹線を利用する」「片道5,000円以上かかる」「日帰りでは結婚式の出席が難しい」「交通費と宿泊費で2万円以上かかる」、などのような場合に宿泊費やお車代を用意するケースが多いようです。

 

結婚式のゲストへの宿泊代・お車代、どれくらい負担すべき?

結婚式に招待するゲストに宿泊代、お車代を用意するにあたり、いくらくらい用意すれば良いのかは、悩みどころだと思います。遠方からのゲストに負担をかけないよう、可能であれば、宿泊代、お車代どちらも新郎新婦の全額負担が好ましいと言えるでしょう。

場合によっては、全額を賄いきれないこともあることでしょう。特にリゾートウェディングなど、遠方から招くゲストの数が多いと全額負担が難しいケースもあります。このような場合は、半額負担でもかまいません。特に最近では、半額負担のケースも増えています。予算や経済状況に合わせて、ケースバイケースで対応してください。

しかし、結婚式当日や直前に、ゲストに対して宿泊費やお車代の半額負担の話をするのはNG。必ず招待状を出す前に、先方に伝えるようにしましょう。全額負担する場合も同様です。

結婚式に出席したくても、交通費や宿泊代がネックになることがあります。ゲストの不安を取り除く意味でも、必ず招待状を送るタイミングで伝えてください。もし、どうしても宿泊費やお車代が用意できないときは、ご祝儀をいただかないようにするなど、先方の負担が軽減するように工夫しましょう。

 

結婚式のゲストにお車代を準備するときの注意事項は?

結婚式に遠方から招くゲストに渡すお車代は、事前にインターネットなどで調べましょう。飛行機の場合、LCCなどの格安航空券もありますが、平均的な金額を渡すようにしてください。

渡す金額をきっちり端数まで用意するのはあまりスマートではありません。5,000円、1万円など、キリの良い金額を用意するようにすると良いでしょう。

1万円を超える際は、のしと水引が書かれたご祝儀袋を用意します。5,000円程度の場合は大きめのポチ袋にお車代を入れて、ゲストに渡しましょう。お車代は必ず新札を用意するようにしてくださいね。表書きは「御車代」もしくは「御車料」とし、新郎新婦の名前をその下に書きます。

親族にはあいさつを兼ねてそれぞれの両親から、友人には受付で渡すのが一般的です。また、現金を直接手渡しするのではなく、新幹線などの往復チケットを事前に郵送する方法もあります。

 

結婚式のゲストに宿泊代を準備するときの注意事項は?

ゲストが宿泊する施設やホテルは、新郎新婦が事前に用意しておくことが多いようです。結婚式場がホテルの場合、そのホテルの部屋を予約しておくと、移動する手間が省けるため、ゲストにとっても便利です。

また、ゲストの宿泊費用が結婚式のプランに含まれているケースもあるので、遠方からのゲストを多く招く予定のカップルは、予め結婚式場へ相談しておきましょう。この他、ホテルの宿泊予約をゲストにお願いして、費用のみを支払うケースもあります。そのような場合は、お車代と合わせて、ご祝儀袋にお札を入れて手渡すようにしましょう。

「当日は忘れそうで不安」というときは、事前に現金書留で送ってもOK! 現金書留で送るときも、ご祝儀袋やポチ袋にお札を入れるようにしてください。

 

結婚式に遠方からゲストを招くなら、事前の準備を万全に!


結婚式に遠方からのゲストを招く際の、宿泊費とお車代についてご紹介しました。交通費や宿泊費は、新郎新婦が全額負担するのがベストです。全額は難しくても、少なくとも半額は負担するようにしましょう。

お金のことはなかなか言い出せないセンシティブな問題のうえ、納得できないとずっとモヤモヤしてしまいます。せっかく遠方から足を運んでくれたゲストに対して、嫌な思いをさせるのは避けたいですよね。

結婚後にもゲストとの円滑な付き合いを続けるためにも、宿泊代やお車代についてのマナーをしっかり守りましょう。ゲストから「素敵な結婚式だった」と喜んでもらえるよう、おもてなしの心を忘れず、誠実な対応を心がけるようにしたいですね。

家族挙式CMギャラリー 私より、楽しみにしてくれる人がいる。
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に