結婚式当日の花嫁に必要な準備を徹底解説! | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚式当日の花嫁に必要な準備を徹底解説!



一生の思い出になる結婚式当日。準備は万全のはずだけど、何か抜け漏れがないか心配な花嫁さんもいるのではないでしょうか。今回は、結婚式当日の花嫁の持ち物やすべきことを解説します。

 

結婚式当日に花嫁がしておくべき準備


準備は前日までに終わっていますので、当日は式場へ持って行く物の確認や結婚式開始前にやることを見直すことになります。過ごし方についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【当日の準備 その1】当日の持ち物をチェック

せっかく準備をしてきたのに、忘れ物を一つでもしてしまうと気分が下がってしまうものです。ここでは一般的に用意しておくべき持ち物の例をご紹介します。ご自身の結婚式の内容に合わせて、より具体的なリストを作ってみてくださいね。

【インナーなど衣装関連】
洋装であればブライダルインナーやストッキング、和装であれば肌襦袢、タオル、足袋など。二次会も行う場合は、二次会用のドレスやアクセサリー、シューズなども忘れずに。

【メイク道具】
当日はヘアメイクスタッフによるセットになりますが、念のため自分のメイク道具も持って行くと安心。特に化粧下地やリップなどは、どうしても肌や唇に合う合わないがあるため、敏感な方は使い慣れた物の方が良い場合もあります。そのほか、二次会以降のイベントでの化粧直しにも活躍しますよ。

【制汗グッズ】
汗拭きシートや制汗スプレーも携帯しておくのがおすすめです。ドレスや着物は思いのほか重く動きづらいことや、照明がたくさん当たる場所に長くいることから、花嫁さんは汗をかきがち。不快さを軽減するのはもちろん、匂い対策にも有効です。

【花嫁の手紙】
披露宴で花嫁からお世話になった方への手紙を読む場合は、手紙を忘れていないかもう一度確認を。

【ハンカチ」
友人のスピーチや生い立ちムービー、余興など、結婚式中に感極まってしまいつい涙が出てしまうことがあるでしょう。涙もろい方は2、3枚あると安心です。

【当日持ち込み予定の小物やポチ袋・現金】
結婚指輪やこまごまとした小物など、前日までに会場に持ち込んでいないものがあれば忘れずに持っていきます。また、受付をしてくれる方へのお礼や遠方から来るゲストへの足代など、現金とそれを入れるポチ袋も併せて準備しておきましょう。現金は新札がベターですので、前日までに用意しておいてくださいね。

 

【当日の準備 その2】なくても困らないけれど、あると便利な物

次は、マストではないですがあると便利な物をご紹介します。

【マスクや帽子】
花嫁はヘアメイクをしてもらうため、結婚式場まではノーメイク、髪型も自然なままで移動します。
また、会場でもヘアメイクが始まる前に早着の親族と会ってしまう可能性も。恥ずかしい方はマスクや帽子を準備して隠せるようにしておきましょう。

【軽食や飲み物】
新郎新婦は披露宴まで食事の時間がないことや、披露宴中もなかなか食事を食べられないことから、お腹がすいてしまいがちです。おにぎりやゼリー飲料など、手軽につまめる食べ物を準備しておき、支度の合間や披露宴で中座した際にさっと食べられるようにしておくのがおすすめです。

【大きめのバッグや袋】
当日にゲストから結婚祝いをもらうことがあります。両親など誰かに持って帰ってもらうにしても、持ち物を入れたバッグとは別に大きめの袋などを用意しておくと何かと便利です。

【カメラ】
挙式中や披露宴中はカメラマンがついていますが、自分でもカメラを持っておくと写真撮影をより楽しめるのではないでしょうか。枚数を気にせず気楽に撮影できますし、結婚式後の二次会や三次会でも活躍します。

 

【当日の準備 その3】朝ごはんはしっかりと

当日の朝は、しっかりと朝ごはんを食べるようにしましょう。ワクワク感や緊張で何も喉を通らない!という気持ちも理解できますが、当日は早朝から夜遅くまで動きっぱなし。その上慣れない衣装を着たり、いろいろなゲストと交流したりすることで体力も消耗してしまいます。なるべく栄養のあるものを食べて、体調万全で1日を過ごしてくださいね。

 

【当日の準備 その4】式場へは脱ぎ着しやすい格好で

家からの移動、衣装に着替えるまではどのような格好でいればいいのか、お悩みの花嫁もいるのではないでしょうか。一般的には私服の状態でヘアセットとメイクをしたあとに、ドレスや和装に着替えます。髪型や化粧を崩さないよう、前開きのシャツやストンと下から脱げるワンピースなどが脱ぎ着しやすいですよ。

着替える前に会社の上司や新郎親族などのゲストに会う可能性も考え、きれい目の格好がおすすめです。

 

【当日の準備 その5】親族やスタッフへのあいさつ

双方の親族、受付などを請け負ってくれているゲスト、スタッフと積極的に顔を合わせ、「本日はありがとうございます、よろしくお願いします」とあいさつをするようにしましょう。ゲストは忙しい中来てくれていますし、お手伝いを頼んだゲストやスタッフには1日お世話になります。常に感謝の気持ちを持って接するようにすれば、全員がより気持ちよく過ごせるはずですよ。

 

準備と心構えをしっかりとして、すてきな1日を!


結婚式当日の花嫁の準備について5つご紹介しました。花嫁は結婚式の主役。持ち物や準備ができていれば心にゆとりが生まれ、周りへの気配りをはじめとした過ごし方にも意識を向けられます。楽しくも忙しい結婚式。しっかり準備を整えて最高の1日にしてくださいね。

家族挙式CMギャラリー 私より、楽しみにしてくれる人がいる。
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に