スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

結婚式に子どもと一緒に参列!子どもはどんな服装がいい?



大切な友人や親族の結婚式に子どもと一緒に招待を受けた、という人もいるでしょう。なかには、フラワーガールやリングボーイなどの役目をお願いされる場合も。幸せいっぱいの結婚式に子どもと一緒に参列できるのが嬉しい反面、服装をどうすればいいのか悩む人も少なくありません。

そこで今回は、結婚式に参列する「子どもの服装」についてご紹介をしていきます。「子どもに何を着せていけばいいの?」と悩んでいるお母さん・お父さんは参考にしてくださいね。

 

結婚式の子どもの服装はどうする?


結婚式はフォーマルな場ですから、子どもであっても大人と同様にフォーマルな洋服を身に着けるのがマナー。「カジュアルな衣装で」など特別なドレスコードが指定されていない限り、フォーマルなアイテムを用意しましょう。

「購入するのはちょっと…」という人は、レンタル衣装を利用するのもおすすめ。子ども用の結婚式衣装を扱うレンタルショップもありますよ。ここからは、女の子と男の子、それぞれに適した結婚式の子どもの服装をご紹介していきます。

 

結婚式の子どもの服装【女の子編】

女の子の服装は、シンプルなドレス、フォーマルなワンピース、スーツなどが定番。制服がある幼稚園や保育園に通っている場合は、それらを着ていくのもOKです。新郎新婦を引き立てるシンプルなデザインを意識しながら、服装を選びましょう。

足元もフォーマルなシューズを選択し、スニーカーなどのカジュアルなものは避けます。上品さと清潔感を意識して、トータルコーディネートをしてください。

 

結婚式の子どもの服装【男の子編】

男の子の場合は、スーツやブレザーが定番。女の子の場合と同様、制服がある場合はそれらを選択してもOKです。ズボンは子どもらしい半ズボンはもちろん、長ズボンでもかっこよく決まります。コーディネートに合わせて選びましょう。

シャツに蝶ネクタイを合わせるのも、可愛らしくおすすめ。足元は、ローファーのようなフォーマルな靴を合わせましょう。

 

子どもの服装を決める前にチェック! 注意したいポイント


大切な人の結婚式だからこそ、子どもの服装もマナー違反がないように注意したいですよね。子どの服装を選ぶにあたりいくつか気を付けたいポイントがあるので、ご紹介します。

 

派手すぎない衣装

ハレの日に華やかでかわいい衣装を選びたい親心もわかりますが、結婚式の主役はあくまでも新郎新婦のふたり。ふたりの演出を邪魔するような、派手な服装を選ぶのは避けましょう。

また、花嫁の色である「白」も避けるのが無難。白いドレスやワンピースは「赤ちゃんなら良い」「フラワーガールならOK」「子どもでも白はNG」など、人によって感じ方はさまざまです。不安になるようなら、白を避け別の色を選択する方が安心です。

 

長時間着ることを考えて

子どもの服装は見た目はもちろんですが、着やすさも意識したいところ。結婚式は、披露宴も合わせると数時間同じ服を着ることになります。そのため、慣れない服装に負担を感じる子どもいます。歩きやすさや着心地など、長時間身に着けることを考えて一つひとつのアイテム選びを進めていきたいですね。

 

食べこぼしをする可能性も……

披露宴では、お子様も一緒に料理を楽しみながら歓談することになります。ここで注意したいのが、「食べこぼし」の可能性。淡い色合いの服装だと、シミが残ってしまうことも……。レンタルの場合はとくに気を付けたい事案ですね。

食べこぼしが心配な親御さんは、黒など食べこぼしが目立ちにくい服装を選んだり、エプロンを持っていったりと、あらかじめ対策を立てておきましょう。

 

演出の手伝いをお願いされている場合は?


子どもが新郎新婦からフラワーガール(ボーイ)やリングボーイ(ガール)など、結婚式の演出のお手伝いをお願いされているケースもあるでしょう。どんな服装をすれば良いか悩んでしまう親御さんも多いかもしれませんが、この場合の服装選びも新郎新婦を引き立てることを意識すれば問題ありません。

ただ、フラワーガールやリングボーイの子どもたちが着る服装は、式場の雰囲気に関わることもあります。そのため、一度新郎新婦に服装の相談しておくと安心です。新郎新婦の意向がある場合はそれに合わせて服装選びを進めましょう。

ちなみに、女の子の場合は淡い色合いのドレスやワンピース、男の子の場合はスーツやブレザーなどが定番。フラワーガールの場合は、フラワーティアラを頭に付ける子も多いです。姉妹や兄弟でお願いをされている場合は、衣装をそろえると統一感が生まれますよ。

 

可愛らしい衣装を用意して、結婚式当日を迎えよう!


子どもの服装は、マナーや清潔感を大切に結婚式にふさわしいものを選びたいですね。可愛らしくおめかしした子どもたちに、新郎新婦やゲストも思わず笑顔になってくれるはず。

子どもたちと一緒に、大切な人の最高の一日を祝福してはいかがでしょうか? 幸せがあふれる結婚式は、子どもたちにとっても特別な思い出となりますよ。