スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

生花だけじゃない!結婚式のブーケにしたい素材4選!



結婚式でドレスを着る女性は、誰もが「ブーケ」を持つことでしょう。近年は和装でのブーケも人気があり、ブーケは結婚式になくてはならない存在となっています。

どんな花を使って、どんな形にして……と、どんなブーケにするのか考えるのも楽しいもの。お色直しごとにブーケを変えてみたり、テーブルの装花と合わせてみたり。未婚の女性ゲストが多ければ、ブーケトスをするという方もいらっしゃることでしょう。

このように、ブーケは結婚式の「演出」のひとつとして、大活躍する存在です。ではそんなブーケですが、「素材」について考えたことはあるでしょうか? 「ブーケはみんな生花でしょ?」と思いがちですが、他の素材で作るブーケも注目されています。

そこで今回は、生花を含めたブーケの「素材」を4種類ご紹介します!

 

ブーケにできる「素材」は、個性豊かな「素材」ばかり!


今回ご紹介する「素材」は、「生花」をはじめとした4種類の素材です。どれも個性豊かで、ブーケにしたときに花嫁の美しさを引き立ててくれるものばかり! それぞれにメリットやデメリットはありますが、イメージする「花嫁像」やブーケに求める「理想」などにぴったり合う素材が見つかりますよ。

それではブーケにできる素材の「生花」「造花」「ドライフラワー」「プリザーブドフラワー」の4種類を、順番に見ていきましょう。

 

【ブーケの素材その1】定番の生花!

「生花」は定番中の定番。昔から生花をブーケに使うケースは多く見られます。テーブルの装花やヘアアクセサリーなどに、ブーケとおそろいの生花をチョイスする女性も多いものです。季節の花のみずみずしさや美しさを楽しめるのも生花ならでは演出であり、大きなメリット。テーブルの装花にも使用した場合は、ゲストにお持ち帰りいただくことも可能です。

デメリットとしては、生花は長持ちしないということ。そのため、写真の前撮りの際にはもうひとつ同じブーケを用意しなければなりません。また、ブーケを保存するために押し花やプリザーブドフラワーに加工してもらう場合は、その料金も別途必要になります。ブーケ関係の予算が、やや高めにかかってしまうというデメリットがあるのです。

 

【ブーケの素材その2】精巧に作られた造花!

「造花」のブーケも昔からありますが、いま、造花のブーケがじわじわと人気を上げてきています。昔とは異なり技術が向上し、パッと見では造花とはわからないくらい、とても精巧に作られた造花でブーケを作ることができるのです。

鮮やかな色や、生花では難しい形や組み合わせなども、造花なら問題なくこなせます。また匂いや花粉もないため、アレルギーの方でも安心です。生花と違って軽いですし、枯れることもありません。海外ウェディングをする場合に持って行きやすかったり、結婚式後の保管もしやすいというメリットがあります。

いっぽう、本物の生花にこだわりたい方には向きません。いくら精巧でも、すぐ近くで見るとやはり造花だとわかってしまうというデメリットも。

 

【ブーケの素材その3】独特の美しさを放つドライフラワー!

いま、「ドライフラワー」で作られたブーケの人気が上昇しています。生花とは違った美しさのあるドライフラワーは、大人の雰囲気を演出するのにもぴったり! 花の種類によっては鮮やかな色彩を放つものもあり、生花のブーケよりもお洒落で美しくなるケースも。ナチュラルな色合いや雰囲気が、白いウェディングドレスにもよく映えます。

ドライフラワーは造花と同様に結婚式後も残しておけますし、前撮りや2次会などへの使い回しも可能。披露宴会場の小物やヘアアクセにも同じドライフラワーを使ったり、ブーケにドライフルーツを混ぜてみたりと、「可能性」がとても広がるというメリットがあります。

ただ、ドライフラワーは水分がなく乾いてしまっている状態。そのため、湿気に弱く壊れやすいなど、生花や造花と比べて取り扱いに気をつけなければならないというデメリットもあります。

 

【ブーケの素材その4 】生花の美しさを残すプリザーブドフラワー!

「プリザーブドフラワー」は、ドライフラワーと同様に生花を加工したものですが、長期間に渡って生花の美しさをそのまま残せるというメリットがあります。そのため、結婚式で使ったブーケをプリザーブドフラワーに加工するという女性も。いっぽうで、はじめからプリザーブドフラワーのブーケを使うという選択肢もあり、人気上昇中のブーケ素材でもあります。

生花と遜色のない見た目や手触り、加工によって異なる色にできるなど、鮮やかで美しいブーケを作ることができるのも嬉しいポイント。長期間の保存ができるので、プリザーブドフラワーも前撮りや2次会などの使い回しが可能です。

いっぽうで、「壊れやすい」「色移りをしてしまう」というデメリットがあるため、取り扱いには気をつける必要があります。また長期保存ができるといっても、数年で色褪せてくることが多いということも知っておくといいでしょう。

 

どの「素材」もブーケとして大活躍!最も自分に合ったものを選んで


ご紹介した4種類の素材は、それぞれにメリットとデメリットがありますが、どれも結婚式のブーケとして大活躍しています。どの素材のブーケが自分に最も合っているか、自分たちがイメージする結婚式にぴったりか、じっくりと検討して決めたいものです。

結婚式にとって、そして花嫁にとって大きな存在感を放つブーケ。納得のいくブーケを手に、最高の結婚式を演出してくださいね。