スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

結婚式には生花のウェディングブーケ!生花のメリット・デメリット



結婚式でブーケを持つという新婦は、とても多いのではないでしょうか。キリスト教式や披露宴でドレスを着るという方はもちろんですが、今は和装に合うブーケのデザインもあり、ブーケが活躍する場が広がっています。

ブーケの素材には、生花や造花、ドライフラワー、プリザーブドフラワーなどがあります。それぞれに個性豊かで、どれも美しいブーケが仕上がる素材です。今回は「生花」にスポットを当てて、メリットやデメリットをより詳しくご紹介します!

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

生花ブーケのメリット・デメリットや、演出例をチェック!


「生花」は文字通り、生きている花のこと。ブーケの定番中の定番でもあり、生花のブーケを選択する方も多くいらっしゃいます。みずみずしさと生花ならではの美しさがありますが、メリットもあれば当然デメリットもあるもの。また、生花だからこその演出の数々もあります。

生花のウェディングブーケには、どんなメリットやデメリットがあり、どんな演出ができるのか、チェックしていきましょう。

 

生花で作るウェディングブーケのメリットは?

生花で作るブーケのメリットは、生花だからこそのメリットばかりです。造花をはじめとした他の素材にはない、生花の良さがそのままメリットになっています。

  • 華やかでみずみずしく、美しい
  • 季節の花で季節感を出しやすい
  • 香りを楽しむことができる

生花のブーケは、ブーケである瞬間にも生きています。そのため、みずみずしさは造花などの比ではなく、本来の花の美しさを楽しむことができます。ヘアアクセサリーやテーブルの装花などにも同じ花を使えば、会場全体がより華やかに。季節の花をそこに取り入れることで季節感の演出も可能です。

また、香りを楽しめるのも生花のブーケならでは。他の素材では香りがなく、香りが欲しい場合は香水を使うしかありません。好きな花の香りを楽しみながら、結婚式の幸福の瞬間を迎えられるのも生花ならではです。

逆に「特定の花の香りが苦手」という場合は、該当する花を使わないようにブーケに関する打ち合わせを綿密にしたほうがいいでしょう。当日(もしくは前撮りの日)まで、ブーケの実物を確認することができません。事前の綿密な打ち合わせによって、香りの問題をクリアすることができます。

 

生花で作るウェディングブーケのデメリットは?

生花で作るブーケには、もちろんメリットだけではなくデメリットもあります。このデメリット部分が気になって、生花以外を選ぶという方も。

  • 長持ちせず、いつかは枯れてしまう
  • 前撮りなどに使い回しができない
  • 生花ブーケは重い

生花は生きている花ですから、当然ながら結婚式後にはいつか枯れてしまいます。花瓶に生けておけば少しのあいだはもちますが、美しい姿をずっとそのまま保っていることはできません。そのため前撮りと本番での使い回しができず、ブーケを2回用意する必要も。

少しでも長く保存するためには、プリザーブドフラワーやドライフラワー、押し花などへの加工が必要です。自分で加工できる場合はいいですが、プロに頼むのであればその分の料金がかかることになります。

また、生花ブーケは重いことをご存じでしょうか。結婚式のあいだ美しさを保つことができるよう、オアシスにたっぷりの水分を含ませています。そのため思いのほかずしりとした重みを感じることがあります。

 

生花のウェディングブーケならではの演出は?

生花のウェディングブーケならではの演出には、テーブルや会場の装花をブーケと揃える、というものがあります。装花に同じ花を使うことは、メリットの項目でもお伝えしましたが、会場全体の華やかさがアップするだけではなく、披露宴のイメージの統一感や、一体感にも繋がります。

ほかには、ミニチュアのブーケや、ブーケに使用した花をあしらった席札を用意するのもおすすめ! ゲストひとりひとりのテーブルにメインの花を数輪挿した花瓶を置き、そこに席札を立てかけておくだけでも、立派な演出になります。

また、テーブルに使った装花は、ゲストの方に自由にお持ち帰りしていただくケースが多くあります。その際に、ひとこと「ブーケと同じ花で、幸福をおすそわけいたします」と司会や式場の方にアナウンスしていただくといいでしょう。また、生花の上手な生け方を席次表に添えてみるなど、ちょっとした工夫をすることで、ブーケと同じ花をゲストの方々にも楽しんでいただけます。

生花ならではの演出は、テーブル回りに多く、アイデアひとつで数多くの演出が可能です。ただ、生花をそれだけ用意することになりますので、その分の予算や調達の手間などがかかります。式場によっては難しいケースも。まずは生花をどの範囲まで使えるか、式場側に確認してくださいね。

 

生花のウェディングブーケで、華やぎに満ちた結婚式を!


生花にするなら、使用後のことも考える必要がありますが、それも醍醐味のひとつ。押し花やプリザーブドフラワーなどへの加工を依頼したブーケが、結婚式からしばらくたって手元に届いたとき、再び幸福を噛みしめることができます。

生花だからこその美しさや華やかさが魅力の、生花ブーケ。メリットだけではなくデメリットもありますが、それはどの素材でも同じです。自分のスタイルや持ちたいブーケのイメージなどをよく考えて、決めることができるといいですね。