スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

結婚式のブーケに造花を使いたい!造花のメリット・デメリットは?



結婚式で花嫁が手に持つブーケ。洋装だけではなく、和装でもブーケを持つことが増えてきました。ブーケにはよく生花が使われますが、造花やドライフラワー、プリザーブドフラワーなど他の素材を使用することも多く、それぞれにメリットやデメリットがあります。

造花のブーケは昔から使われ、押し入れの奥や棚の上などに、母親が使ったブーケが今も残っているというお宅もあるのではないでしょうか。プラスチックケースに入った花束があれば、それはあなたのお母様のブーケかもしれません。

元号は平成から令和になりましたが、造花のブーケは昭和の時代にも普通に使われていました。今回はそんな造花のブーケについて、メリット・デメリットや、造花ならではの演出方法をご紹介します!

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

造花のウェディングブーケのメリット・デメリットや演出方法は?


生花の美しさやみずみずしさに比べれば、劣ってしまう――そんなイメージのある造花ですが、造花のブーケは一見すれば生花と見紛うほど美しいものが数多くあります。造花に関する技術も進歩し、より「本物」に近い造花が多くなりました。

では造花のブーケのメリットとデメリット、そして演出方法を見ていきましょう。

 

造花のウェディングブーケのメリットは?

造花のウェディングブーケのメリットは、生花にはないものばかり。ここが生花とは大きく違うところとも言え、「結婚式のスタイル」によっては、このメリットが造花を選ぶ理由にもなります。

  • 生花のブーケに比べて軽い
  • 枯れることなく長期保管が可能
  • くり返して使うことができて経済的
  • 季節を気にすることなく好きな花を選びやすい

造花のブーケは軽く、長時間持つようなことがあっても腕が疲れにくいのがまず嬉しいメリットのひとつ。そして最大のメリットは、「枯れない」ことと「長期保管が可能」というところにあります。母親のブーケが残っているご家庭もあるくらいですから、多少の劣化はあるものの、数十年もの長期にわたって保管ができるのです。

この「枯れない」「長期保管」は、ブーケをくり返して使えるということにも繋がります。前撮りや海外挙式、2次会や海外挙式後の国内での披露宴など、日をまたいでブーケを使う必要があるときには、とても重宝します。生花のブーケでは、毎回同じものを用意する必要が生じてしまいますが、造花ならそんな心配はいりません。

また、生花では季節によっては手に入りにくい花も、季節を気にせずに選ぶことができます。「本当に好きな花」でブーケを作ることができるのです。

 

造花のウェディングブーケのデメリットは?

造花のウェディングブーケにはメリットが目立つように感じますが、デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

  • 近くで見ると造花だとわかる
  • 生花ならではの香りがない
  • 本物ではない、安物というイメージ

造花は作り物ですので、いくら精巧に作られていても、目の前で見たり触れたりすれば、造花とわかってしまいます。また生花ならではの香りがないため、香りを楽しみたい場合は香水を使わなければなりません。

造花そのものに対する、「本物ではない」「安物」というイメージが邪魔をしてしまうケースも。実物を見れば決して本物には負けない魅力があることがわかりますが、イメージが邪魔をして造花ブーケに物足りなさを感じてしまう可能性があります。

 

造花のウェディングブーケではどんな演出が可能?

造花のウェディングブーケによる演出は、造花だからこそ実現できるものが多くあります。たとえば生花で作るのは難しいデザインのブーケに挑戦してみたり、ミニブーケとブートニアを、キャンドルサービス代わりに配ってみたり。枯れることのない造花ですから、ゲストにも気軽にお持ち帰りいただくような演出の数々も叶います。

さらに、もしあなたのご自宅やご実家にお母様のブーケが残っているのであれば、それをリメイクして使うことも可能です。親子で同じブーケを使って結婚式だなんて、素敵だと思いませんか? 成人式や披露宴の振袖も、母親が着たものをリメイクするケースが増えており、その波は造花のブーケにも押し寄せています。

結婚式を挙げる会場で対応可能かどうかは、まずはウェディングプランナーさんなどに確認をしてみましょう。また、ブーケのリメイクサービスをおこなっている業者もありますので、チェックしてみることをおすすめします。昭和や平成から令和に、時代と世代を超えて同じブーケを使うという、素敵な演出になります。

 

枯れることのない造花のブーケで、いつまでも「残る」結婚式を!


枯れることがない造花は、「枯れない」という意味では結婚式にぴったりの素材とも言えます。これから新生活を築き上げていく新郎新婦のおふたりにとって、いつまでも枯れることのない愛情はとても大切なもの。造花のブーケにその愛情を反映してみてはいかがでしょうか。

造花のブーケは長く残しておけるものでもあります。いつまでも思い出や愛情が「残る」結婚式を、造花のブーケで演出してくださいね。