ウェディングドレスのスカートの種類を紹介!どのデザインにする? | 家族挙式のウエディング知恵袋

ウェディングドレスのスカートの種類を紹介!どのデザインにする?



自分史上、最高に美しい姿で過ごしたい結婚式。美しさを引き出してくれる最良のウェディングドレスを身にまとって、笑顔で過ごしたいですよね。しかし、さまざまな種類のウェディングドレスがあるため、結婚式ではどんなデザインのものを着れば良いのか迷ってしまうと思います。

ラインの違いでウェディングドレスのイメージは大きく変わるので、自分に似合ったものを着たいもの。特にスカートは面積が大きいため、ウェディングドレスの印象を左右します。ふんわりしたデザインが良いのか、それとも体にフィットしたデザインが良いのか、自分に似合う一着を見つけましょう。

ウェディングドレスのスカートには、一体どんな種類のものがあるのでしょうか。この記事では、ウェディングドレスのスカートの種類を徹底解説します。これからウェディングドレスを探す予定の花嫁さん必見です。

 

ウェディングドレスのスカートにはどんな種類があるの?


ウェディングドレスは大きく分けて、「シルエット・ライン」「デコルテ・ネックライン」「スリーブ(袖)」の3パーツで構成されています。スカートの種類は、シルエット・ラインに分類され、ウェデイングドレスの印象を大きく左右する要の部分です。

自分がなりたい花嫁のイメージや体型に合ったものを選びたいですね。ウェディングドレスのスカートにはどんな種類があるのか詳しくご紹介します。

 

【ウェディングドレスのスカートの種類1】ギャザースカート

「ギャザースカート」は、布をきゅっと縮めて縫い、裾にかけてふんわりと広がるシルエットが特徴的なラインのスカートです。上半身をコンパクトにして、スカートにボリュームを持たせることで、華奢で可憐なイメージを演出できます。上半身をすっきりと見せたい花嫁におすすめです。

 

【ウェディングドレスのスカートの種類2】タッキングスカート

ギャザースカートと少し似ていますが、「タッキングスカート」は、生地を寄せてタックを作り、ボリュームを出しているスカートのこと。ドレスに立体感が出て華やかな印象になるのが特徴です。

選ぶ素材によって、ゴージャスにもかわいくもなります。例えば、光沢のあるサテンやシルクであれば大人っぽくシックな雰囲気に。透け感のあるオーガンジーなどを選べば、軽やかでガーリーな印象に。なりたい花嫁のイメージに合わせて、素材選びにもこだわりましょう。

 

【ウェディングドレスのスカートの種類3】ティアードスカート

ティアードは「段になった」という意味で、「ティアードスカート」は、文字通りフリルやギャザーを何段も重ねたデザインのスカートのことを言います。

生地をたっぷりと使った、豪華な印象のスカートです。何段も重なったフリルは、かわいらしくフェミニンなイメージ。女性らしい雰囲気の花嫁を目指したい方におすすめのラインです。

 

【ウェディングドレスのスカートの種類4】バッスルライン

ヒップラインが膨らんだシルエットの「バッスルライン」は、クラシカルで格調が高いイメージのスカート。19世紀半ばから20世紀はじめ頃に流行したデザインで、アンティークのウェディングドレスのような独特の雰囲気が魅力です。

バッスルと呼ばれる腰当てがスカートのなかに入っているため、ボリュームのあるヒップラインを作れます。ヒップにボリュームを持たせることで、ウエストがきゅっと締まったメリハリのある女性らしいシルエットを実現。クラシカルでエレガントな花嫁を目指したい方におすすめです。

 

【ウェディングドレスのスカートの種類5】バルーンスカート

「バルーンスカート」は、風船のように膨らみのあるシルエットが特徴的。ギャザースカートと違う点は、ウエストだけではなく裾も絞ったデザインであるところです。

丸くふんわりとしたシルエットは、華やかでキュート。歩くとスカートがふわふらと揺れる様子もかわいらしいです。バルーンスカートは、ウェディングドレスに個性を出したい花嫁に支持されています。

 

【ウェディングドレスのスカートの種類6】オーバースカート

ドレスのスカート部分に重ねて着るタイプのものを「オーバースカート」と呼びます。重ねることにより、ウェディングドレスのイメージががらりと変わるので、お色直しや二次会などのパーティーに最適です。オーバースカートの他、スカートとトップスがつながっている「オーバードレス」もあります。

 

ウェディングドレスの印象を決めるスカートのポイントは?


ウェディングドレスの種類に関わらず、印象を大きく決めるポイントが二点あるのでご紹介します。結婚式を挙げる会場の広さや雰囲気、スタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

 

長ければ長いほどエレガントな「トレーン」

「トレーン」とは、ウェディングドレスの長く伸びた裾のことを言います。トレーンは長ければ長いほど、優雅で神聖なイメージ。大聖堂や長いバージンロードを備えたチャペルでの正統派ウェディングにぴったりです。

 

上品な印象を与える「ドレープ」

ゆるやかなひだのことをドレープと言い、スカートに取り入れられることが多いデザインです。ドレープのたっぷり入ったスカートは、気品がありゴージャスな雰囲気。スカートの他にウエスト部分やネックラインにも使われます。

 

スカートでウェディングドレスのイメージが変わる!自分らしいシルエットを選ぼう


ウェディングドレスのスカートの種類をご紹介しました。ウェディングドレスのスカートにはさまざまな種類があり、またトレーンの長さやドレープの入り方によっても、イメージは大きく変わります。数ある種類のなかから自分のなりたい花嫁のイメージに近いデザインのスカートを選びましょう。

新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に