結婚式で指輪以外を交換したい!指輪の交換以外のおすすめ演出4選 | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚式で指輪以外を交換したい!指輪の交換以外のおすすめ演出4選



結婚式の代表的なセレモニーに指輪の交換があります。厳かな雰囲気のなかでおこなう指輪の交換は感動的ですよね。

結婚式を象徴する指輪の交換は、必ずやらなければいけないセレモニーのように思えますが、実はそうではありません。さまざまな理由で指輪の交換をしないカップルも少数ですが一定数います。とはいえ指輪の交換をしないと「なんとなく間が持たない」「ゲストから驚かれそう」と心配になるカップルもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが指輪以外を交換する演出です。ゲストにとっても新鮮ですし、新郎新婦にとっても本当に欲しいものを交換できるため、満足度が高いでしょう。

この記事では、指輪以外を交換する場合の演出方法をいくつかピックアップしてご紹介します。ぜひ参考にしていただき、自分たちだけのオンリーワンな結婚式を作りあげてください。

 

結婚式で指輪交換をしない理由は?


結婚式で指輪の交換をおこなうカップルは、実に9割以上と言われています。しかし残りの1割以下は、指輪の交換をしません。またその割合も年々増加傾向にあります。

指輪交換をしない理由は実にさまざま。

  • 金属アレルギーで指輪を付けられない。
  • 飲食関係や薬品関係など職業柄指輪を付けられない。
  • 指輪を付ける習慣がなく、なくしそう。
  • ほかのものにお金をかけたい。
  • 入籍から結婚式まで日があいて、すでに結婚指輪を交換している。

結婚指輪は決して安いものではないため、日常的に指輪を付けられない、付けない場合は不要と考えるカップルが多いようです。

 

結婚式で指輪交換以外のおすすめ演出は?


「指輪はいらないけど何もしないのもさみしい」

指輪の代わりに、何かしらを交換したいと考えているカップルが多いのも事実。せっかくならば、自分たちの欲しいアイテムを結婚式で交換して納得できる演出をしたいですね。

それでは、指輪以外でどんなものを交換すればいいのか、具体的に見ていきましょう。

 

【指輪交換以外のおすすめ演出1】ふたりで時を刻む腕時計

実用的な腕時計は、指輪交換の代わりに交換するものとして人気アイテムのひとつ。新郎新婦でおそろいにしてもいいですし、それぞれが好きなものを用意してもいいですね。結婚指輪の代わりになるものなので、ちょっと上等な腕時計にするといいでしょう。長く使えるよう、定期的なメンテナンスを受けられるものがおすすめ。

ふたりで時を刻んでいく…という意味合いもあり、結婚の記念品にぴったり! 結婚指輪と同じように、新郎新婦のイニシャルや結婚記念日を刻印するのも素敵ですね。

なお、結婚式で腕時計をお互いに着けてあげるのもいいですが、ドレスやモーニングにはあまり似合わないので、ケースに入った状態で交換するとスマートです。

 

【指輪交換以外のおすすめ演出2】気軽に身に着けられるネックレス

指輪交換以外の演出では、毎日身に付けられるネックレスを交換するのもおすすめです。ネックレスであれば、仕事中でも身に着けられる場合が多いのではないでしょうか。

チェーンのデザインもさまざまなので、長く付けられるシンプルなデザインのものを選ぶといいですね。また指輪を通してネックレスにすることもできるので、「結婚指輪は欲しいけど、仕事で付けられない」というお悩みの解決にもなりそうです。

結婚式では、ネックレスをお互いに着けてあげる演出がおすすめ。指輪交換とはまた少し違った雰囲気になります。

 

【指輪交換以外のおすすめ演出3】ワインボックスセレモニー

「ワインボックスセレモニー」をご存じでしょうか? 欧米などではよくおこなわれているスタンダードな演出で、近年日本でもじわじわと人気が高まっているセレモニーで、指輪交換以外の演出としてもおすすめです。

ゲストの前で、ワインとお互いへの手紙を木箱のなかにおさめて鍵をかけます。未来のふたりへのメッセージが込められたタイムカプセルで、5年後または10年後に蓋を開けるという儀式です。まだまだ一般的ではないので、「ありふれた演出はしたくない」「おしゃれなセレモニーを取り入れたい」というカップルにもぴったり!

せっかくなので、お互いが生まれた年のワインをセレクトしてみませんか。粋な計らいに、ゲストも感心してくれそうですね。

 

【指輪交換以外のおすすめ演出4】運命の赤い糸伝説を取り入れる

「運命の人とは赤い糸で結ばれている」、それは日本をはじめ、アジア各地で知られている言い伝えです。その言い伝えを表現する演出が、今人気上昇中なのをご存じでしょうか?

具体的には、結婚指輪の代わりに水引きで編んだ赤いひもを、新郎と新婦がお互いの左小指に結ぶというもの。もともとは、埼玉県にある川越氷川神社でのみおこなわれていたセレモニーですが、全国に広がっていきました。

ロマンチックなうえにとても新鮮! 特に和装での人前式や神前式にぴったり。指輪交換に代わる演出として、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

結婚式では指輪交換にとらわれず、自分たちらしい演出を!


指輪交換以外の演出方法をいくつかご紹介しました。結婚式は、ふたりで作り上げるもの。無理をしたり背伸びをしたりする必要はありません。さまざまな演出方法や新しいアイデアを取り入れて、自分たちらしく納得できる結婚式にしてくださいね。

4月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加