スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

国内のリゾート挙式ってここが素敵!人気の秘密を探ってみよう!


国内のリゾート挙式ってここが素敵!人気の秘密を探ってみよう!

有名ホテルで盛大に挙式・披露宴を行うのは、どうも私達らしくない気がする。家族や友人とゆっくりとした時間を過ごしたい。海外まで行かなくてもリゾート気分を味わいたい。

このようなご希望がある方々に最適なのは、国内のリゾート挙式です!

国内のリゾート挙式とは、避暑地の軽井沢や国内のリゾート地として定番の沖縄などで、家族や親しい友人など10~30名ほどを招待して、アットホームな挙式・パーティーを行うウェディングスタイルです。

海外まで行かなくても非日常的な雰囲気を味わえると、近年国内リゾート挙式の件数は右肩上がりです。その年代も、20~50代と実に幅広いのが特徴です。

そこで今回は、素敵な魅力が満載の「国内のリゾート挙式」の人気の秘密を探って行きます。

これを見たら、きっとあなたも国内のリゾート挙式の良さやワクワクするような魅力にくぎ付けとなるはずです。一緒に、確認していきましょう。

 

国内のリゾート挙式の素敵な5つの魅力とは?

国内リゾート挙式を行ったり、選択肢の1つとしてリゾート婚を考えたりするカップルが増えているのは、ただの偶然ではありません!

それはもちろん、国内のリゾート挙式に素敵な魅力が隠されているからです。さて、その魅力とはいったいどのようなものなのでしょう?

 

魅力1 ホテルや専門式場に比べて、ロケーションが抜群

国内のリゾート挙式の最大の魅力は、特に写真撮影において最高のロケーションであるということです。

もちろん、街中のウェディング会場でも専用のガーデンなどを持つ結婚式場が多くありますし、高層ビルをバックにウェディング撮影を行うのも都会派のカップルにオススメです。

ですが、映画やドラマの撮影と違って一般のウェディング撮影ではバックに人が入らないように撮影するのも難しいですし、思い通りの撮影ができないことも多いものです。

また、披露宴会場となると広さも限られるため、なかなか思い通りの写真になりません。

一方、リゾート挙式の場合はどうでしょう。都心から離れた場所にあるリゾート挙式の会場は、広大な敷地を所有しているのでゆったりと過ごせます。

美しい空・青々とした緑・可愛らしい花・太陽・青い海、その全てが絶好のロケーションとなり、そんな抜群のロケーションのおかげで、一生の思い出に残るような素敵な写真を撮影することができますし、新郎・新婦はもちろん、出席者のモチベーションもアップします。

非日常的な雰囲気を演出してくれるのは、ナイスロケーションがあってこそ!気軽にリフレッシュしたい方、特別感を味わいたい方は、国内のリゾート挙式に決まりですね。

 

魅力2 お金をかけずにリゾート気分を味わえる

リゾート気分を味わえるのは、海外だけではありません!国内でも、心がウキウキするような楽しい気持ちや非日常的なワクワク感を味わうことができるのです。

国内のリゾート挙式に全くお金がかからないというわけではありませんが、海外リゾート挙式に比べれば確実に費用を安く抑えることができます。

また、規模によっては国内でホテルウェディングをするよりも、費用が抑えられるケースもあります。

海外挙式の場合は最低でも3泊4日ほどの日程が必要になりますし、渡航費も高額になりますから、国内のリゾート挙式のように1泊2日でさくっと旅行する感覚では行けません。

新婚旅行と国内リゾート挙式をセットにしてしまえば、総合的に見て費用をグンと抑えることができるのでオススメです。

「リゾート気分を味わいたい。けれど、あまりお金をかけたくない」という方は、是非国内のリゾート挙式をご検討下さい。

 

魅力3 出席者で共通の思い出が出来る

リゾート挙式の場合、アクセスの良い街中で挙げる挙式に比べてゲストの方々とゆっくり話せて共通の思い出作りができます。

例えば、東京で結婚式を挙げたとして親族や友人が近くに住んでいる場合、挙式の後は解散して帰路についてしまいます。また、遠方に住んでいても日帰りのできる距離であれば、やはり式の後に帰ってしまいます。

みなさん忙しい毎日を送られていますので、これは仕方ないことです。そんな忙しい皆様に無理を言って時間を作ってもらい、リゾート地まで来てもらうとどうでしょう。日帰りできる距離でなければ、宿泊をする必要があります。

ゲストの方々を拘束してしまって悪いなと思う反面、ゆっくりと夜まで話すことができますので、思い出に残る一日を過ごせるでしょう。

ゲストの皆様にとっても、帰る時間を気にせずにのんびりと思い出話にふけることができるので喜ばれること間違いなしです。

遠方に住んでいて普段なかなか揃うことがない家族や親族、仕事や家庭があって会う回数が激減した友人など多くの人達で有意義な時間を共有することができます

それだけでなく、その後再び集まった時には当時の思い出を語り合い楽しく過ごすことができるでしょう。「○○ちゃんの結婚式で初めて行った沖縄、最高だったわ~!」「皆で、お泊りするのが久々だったから楽しかったよね」と思い出話に花が咲くことでしょう。

 

魅力4 観光や食事など、挙式・披露宴以外のことも楽しめる

国内でリゾート挙式を行う新郎・新婦のほとんどが、家族や友人に「挙式だけでなく、1つの旅行だと思って楽しんで欲しい」と思っています。リゾート挙式を行う場合、挙式の前後にゲストハウスなどに宿泊し、家族や友人と一緒に観光名所を巡ったり、食事やお酒を楽しんだりする時間も十分に確保できるでしょう。

ホテルで挙式・披露宴を行う場合は、せっかくご招待したのにほとんど喋れずに終わってしまったというケースが多々ありますが、国内のリゾート挙式の場合にそういう意見はあまり聞かれません。

例えば、以下のアクティビティを企画するのはいかがでしょう?

  • 挙式前日に、皆でBBQ!
  • 両家で式場近くの観光名所巡り。
  • 結婚式の前夜祭を、歌って踊ってアクティブに楽しむ。
  • 両家で思い出に残るような品物を作る。(ろくろ体験・オルゴール作りなど)

沖縄や北海道など観光名所に事欠かない場所であれば、結婚式の前後を観光の日として楽しむのがオススメです。また、帰る時間を気にせずに済むのでアフターパーティーや前泊する場合は前夜祭を行うのも盛り上がるでしょう。

 

魅力5 言葉が通じるので年配の親族にも安心

海外のリゾート地も魅力は沢山あります。ハワイやグアムなど、お買い物にも熱が入ってしまう場所は多くあります。

ただ、海外のリゾート地で付きまとう問題と言えば言語の問題です。現地の言葉が話せる方たちであれば問題ありませんが、ゲストの皆様が全てそうとは限りません。

若い方々は勢いで乗り切れても、お年を召した方だとなかなか思い切って行動できずホテルからなかなか出られず楽しめない、という事が考えられます。

その点、国内であればいくら土地勘がなくても色々と動き回ることができますし、どなたでも楽しんでいただくことができることでしょう。

 

リアル口コミ!国内リゾート婚を選んだ理由は?

実際に国内でリゾート挙式を挙げることを選んだカップルに、その理由を聞いてみました。今後の参考までに、是非チェックしておきましょう!

  • お世話になった祖父母にお礼がしたかった。海外は遠いので、近場で旅行と結婚式を同時に叶えられる国内リゾート婚にした。
  • 2人とも仕事が忙しく、休みが取れない。近場で非日常的な気分を味わえる、沖縄リゾート婚を選んだ。
  • ガーデンパーティーを挙げたかった。
  • 親しい友人の国内リゾート婚に出席して、アットホームな感じがすごく良かったから。
  • 両家の親交を深めたかったから。
  • 都内から比較的近いのに、リゾート感を味わえる点が気に入った。

と、手軽にリゾート気分を満喫できる点が気に入って挙式された方が多くいらっしゃることが分かりました。海外リゾートの解放感と、国内の便利な点とがうまくマッチしたのが国内リゾート挙式だと言えそうですね。

 

オススメの国内のリゾート挙式スポット!

ここまで読んでいただけた方には、国内リゾート婚っていいかも…?と興味を示していただけているのではないでしょうか。

それでは最後に、オススメの国内のリゾート挙式スポットをご紹介いたします。あなたのお気に入りスポットも、きっと見つかるはずです。

 

都心から1時間で行ける!軽井沢は大人気

セレブな気分を味わいたい、憧れのガーデンウェディングを楽しみたい、都心から気軽に行けるスポットがいいという方には、軽井沢をオススメします。

軽井沢は昔も今も変わらぬ人気をキープしている国内屈指のリゾート地ですし、多くの宣教師が滞在していたことから、たくさんの教会が存在しています。

避暑地として有名な軽井沢ですが、冬の季節もとても魅力的です。教会の街と言われる軽井沢のクリスマスは、イルミネーションがきらめき、とても幻想的な雰囲気を醸し出してくれますよ。

 

雄大な大地のエネルギーを全身で感じる!北海道

美味しい空気と雄大な自然に囲まれて、のびのびと愛を誓い合ってみませんか?普段、慌ただしい毎日を過ごしている方にこそ、旅行を兼ねて、是非北海道に足を運んで頂きたいのです。

目の前に広がる青い空と大地が、挙式に参加したすべての人に、大きなエネルギーを与えてくれることでしょう。特に狭い国土の日本において、広大な大地を見渡せるのは北海道ならではです。自然の大きさを体感して身も心もリフレッシュしましょう。

さらに北海道は海鮮物・ラーメン・スープカレー・ジンギスカン・とうもろこし・牛乳など、北海道にはさまざまな名物があるので、挙式の出席者の人も楽しむことができます!

 

高原リゾートはいかが?爽やかな那須高原

海もいいけれど、爽やかで心地よい風が吹き抜ける高原リゾートはいかがでしょう?国内の定番高原リゾートスポットと言えば、那須高原です!

ミュージアムで結婚式を挙げることができたり、風が吹き抜けるガーデンウェディングを楽しめたりとバリエーション豊かなところが、那須高原の最大のメリットです。

 

やっぱり沖縄!超定番スポット

国内リゾート挙式の定番スポットと言えば、やっぱり沖縄です!青い海、華やかに咲くハイビスカス、温暖な気候は、私達にスペシャルな感覚を与えてくれることでしょう。

沖縄は海外リゾート地に負けない海や空の美しさがありますので、海外リゾートも本音では気になる…という方は折衷案として沖縄にするのも良いアイデアです。

また、最近人気なのが「離島ウェディング」です。沖縄本島とはまた違った離島の魅力は、離島だからこそ味わえるゆっくりとした時間の流れや、開放的でのどかな雰囲気にあります。

石垣島にある日本最南端のチャペルや宮古島にある最高級のラグジュアリーウェディングもオススメです。

日本に居ながらにして、1番異国感を味わえるのが「沖縄」です。ただし、沖縄は挙式の季節には注意する必要があります。梅雨や台風の季節には避けたほうが無難ですので、日程を決めるときには十分に気をつけましょう。

 

いかがでしたか?

以上「国内のリゾート挙式ってここが素敵!人気の秘密を探ってみよう!」と題してご紹介しました。

都心にある豪華なホテルや屋内結婚式場で盛大に挙式・披露宴を挙げるのも1つの方法ですが、アットホームで非日常的な雰囲気を楽しむことができる国内リゾート婚もぜひ候補に入れてみてください。毎日を忙しく過ごしていて、のんびりリフレッシュしたいと思うカップルには特にオススメですよ。

わざわざ海外に行かなくても、日本国内でロケーションバッチリのリゾート気分を味わえるなんて、最高ですよね?

どのような挙式スタイルにしようか迷っている方は、是非国内のリゾート挙式も選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。きっと充実して、最高に有意義な時間を味わうことができるはずです。