スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

結婚後の新居、どこにする?賃貸住宅のメリット・デメリット



結婚後の新居をどこにするのか、決めるためにはさまざまな話し合いがされるのではないでしょうか。賃貸住宅や持ち家、親との同居など多くの選択肢があります。複数の選択肢のなかから、自分たちの生活に最も合うものを選ぶため、それぞれの住居に関するメリットやデメリットを知ることはとても大切です。

前回、「結婚後の新居は賃貸?持ち家?それぞれのメリット・デメリット」では、賃貸住宅と持ち家、それぞれのメリットとデメリットをリストアップしてご紹介しました。今回は賃貸住宅にスポットを当てて、前回ご紹介したメリットとデメリットについて、より詳しく解説いたします!

 

【結婚後の新居】賃貸住宅のメリットは?


まずは賃貸住宅のメリットから見ていきましょう。賃貸住宅のメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • メンテナンスが不要
  • 住み替えがしやすい
  • 最初に必要な費用が少なくてすむ
  • 希望の立地条件で物件を見つけやすい

 

【賃貸住宅のメリット】メンテナンスが不要

メンテナンスが不要なのは、賃貸住宅の大きなメリット。持ち家では、建物の修理やリフォームなどは、自分たちで業者選定から支払いまで全て行わなければなりません。いっぽうの賃貸住宅は、家主側が行ってくれるケースが多く見られます。とくに共用部分の設備は、家主側が負担する代表的なものです。

ただ、入居時に持ち込んだエアコンや家電などが故障した場合は、入居者側で修繕が必要です。また入居者側に過失がある損壊などの場合は、家主側との話し合いや、入居時の契約内容によって、全額負担になったり、数割負担になったりするケースが見られます。

 

【賃貸住宅のメリット】住み替えがしやすい

賃貸住宅は家族の数や生活の状況、収入などの変動に合わせて、住み替えがしやすいという大きなメリットがあります。持ち家では簡単に住み替えができないため、購入するときにはより慎重にならなければなりません。

まずは新婚生活は少ない間取りで節約を。そして子どもが産まれる頃に広い部屋に引っ越すか、家を買う、というように、賃貸住宅ならではの人生設計をするカップルも少なくありません。

 

【賃貸住宅のメリット】最初に必要な費用が少なくてすむ

持ち家と違い、賃貸住宅では初期費用が少なくて済むというメリットがあります。持ち家の場合、住宅購入時に頭金や登記関連の費用、保険料など、実にさまざまな費用がかかります。

しかし賃貸住宅の場合は、敷金と礼金、前家賃や保険料、仲介料などがかかるものの、その額は持ち家の初期費用よりも圧倒的に少なく済みます。物件によっては敷金や礼金がないケース、仲介手数料が不要なケースも。

また、賃貸住宅でも持ち家でも、家具家電の新調や、引っ越し費用などは別途必要です。

 

【賃貸住宅のメリット】希望の立地条件で物件を見つけやすい

新居を探す際には、「職場から近い」「駅から近い」など、さまざまな条件を求めて探すことでしょう。賃貸住宅の場合は、マンションやアパートなど部屋数が多い物件がメインのため、希望する立地条件で物件を見つけやすいというメリットがあります。いっぽう持ち家の場合、条件が良い土地は高かったり、なかなか理想に合う物件が見つからないケースも。

 

【結婚後の新居】賃貸住宅のデメリットは?


続いて、賃貸住宅のデメリットを見ていきましょう。賃貸住宅のデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 退去時に原状復帰が必要
  • 壁に穴を開けたり、DIYでリフォームしたりできない物件が多い
  • ローンと違い、家賃には終わりがない
  • 似たような間取りが多い
  • 老後に転居する場合は、借りられる部屋が少ない

 

【賃貸住宅のデメリット】退去時に原状復帰が必要

賃貸住宅の大きなデメリットとして、退去時に原状復帰が必要という点が挙げられます。これは、前項でリストアップした「壁に穴を開けたり、DIYでリフォームしたりできない物件が多い」と共通のデメリット。

賃貸住宅は退去するときに、入居時と同じ状態に戻さなければなりません。物件によっては、画鋲を刺していいスペースがあるケースもありますが、壁に穴を開けるのは避けたいところ。また、DIYなどでリフォームをしたくても、原状復帰の必要性からリフォームは難しく、リフォームそのものを契約などで禁じているケースもあります。

 

【賃貸住宅のデメリット】ローンと違い、家賃には終わりがない

賃貸住宅では家賃を支払う必要がありますが、住宅ローンとは違い、賃貸住宅を借り続ける限り家賃の支払いが続きます。そのため、家賃を支払い続けることを想定した生活設計や、貯蓄の計画が必要に。持ち家とは違ってリフォームなどの必要がない分、家賃負担が続くのは大きなデメリットでもあります。

 

【賃貸住宅のデメリット】似たような間取りが多い

賃貸住宅には、似たような間取りが多く見られます。賃貸住宅を何回か借りると、外観を見ただけでなんとなく「ここのマンションの間取は……」と想像がついてしまうことも。ただ似たような間取りであっても、必ず違いはあります。部屋を借りるときには、しっかりと間取り図を見比べて決めてくださいね。

 

【賃貸住宅のデメリット】老後に転居する場合は、借りられる部屋が少ない

高齢化社会ではありますが、高齢者が賃貸住宅を借りる際にハードルが高いケースは少なくありません。賃貸住宅に住み続ける場合、老後の転居では借りられる部屋が少ないというデメリットがあります。

 

結婚後の新居は、メリットとデメリットを理解して選択を!


結婚後の新居を選ぶときには、どんな形になっても「新居」となる場所のメリットとデメリットをしっかりと理解して選択するようにしましょう。今回は賃貸住宅にスポットを当てましたが、賃貸住宅ならではの良さはたくさんあります。新婚生活がより楽しく、幸福なものになるように、納得の行く新居選びをしてくださいね。