スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

彼にプロポーズをさせる為の5つのテクニック


彼にプロポーズをさせる為の5つのテクニック (Unicode エンコードの競合)
「結婚を前提にお付き合いしていたはずなのに、あれからもう5年!そろそろお嫁に行きたい」「あと2年で高齢出産。彼にどうにかして結婚させたい」という彼氏アリ独身女性の皆さん。

その悩みは、珍しいことではありません。昔に比べ特に最近では「草食系男子」と言われるような、「自分が女性を引っ張っていく!」とは正反対のタイプの男性が増えてきたという背景もあります。そういった男性の中には、決断するまで時間がかかったり、結婚という形をとってあなたや未来の子どもの責任を背負うことに自信が持てない人もいます。

また、一人で遊べる娯楽も増え、「結婚は墓場だ」などといったエピソードが蔓延していることで結婚に対して消極的になっている男性もいるのです。

だから、結婚という2文字がちらつくと逃げてしまうことも珍しいことではありません。

独身女性の皆さん、待っているだけでは左手の薬指にキラリと光る指輪は、やってきません!自らの力で、彼の心を揺れ動かして「奥様」という称号をゲットするのです。

そこで今回は、お付き合いしている彼にプロポーズをさせる為の5つのテクニックを伝授いたします。プロポーズは「待つ」ものではなく「させる」ものです。彼のほうからプロポーズさせる方法をご紹介します。要チェックです!

 

相手に結婚のプレッシャーを与えてはいけない

「周りの友達が結婚ラッシュなんだよね。羨ましい。」「早く子どもを産みたい。」などと、細い針で彼のことをチクチク刺すような言い方は、一見すると効果があるように見えます。ですが、実はこの方法は男性側にプレッシャーを感じさせる結果になり、男性が逃げて行ってしまう…という結果につながりかねないものなのです。

特に「子ども」という言葉は、真面目な男性ほど真剣に捉えすぎてしまい「今はまだ子どもを育てる余裕なんてない」「子どもが欲しいのかわからない」からと、結婚そのものまで迷ってしまいかねません。ですから、彼にプロポーズをさせるなら、あえて「結婚」「子ども」というワードは出さないようにするのが賢明です。

それでは早速、究極のテクニックを一緒に確認していきましょう。

 

テクニック1. 彼の体調が悪い時を狙え!母親のように看病して

インフルエンザで彼が寝込んでしまった、仕事のストレスで胃の調子が悪そう…このように彼の体調が悪い時は、言い方は悪いですがあなたにとっては大きなチャンスでもあります。人間、弱っている時には人恋しくなりますし、誰かの優しさが心に染みやすくなります。

そこで体調の悪い彼には少し申し訳ない気持ちもしますが、ここぞとばかりに彼の結婚願望を目覚めさせましょう。

彼の結婚願望をくすぐる看病テクニックはこちら

  • 消化が良く、ほっとする家庭料理のオンパレード(たまご粥・お味噌汁・煮物・茶碗蒸し)
  • 自分ことよりも彼のことを優先させて尽くす(私にはあなたが1番大事とアピール)
  • 目覚めた時に、すぐそばにいる(安心感を与える)
  • ひるまずに何でも看病する(吐いてしまったもの、汗だくの着替えなどを嫌がらず行う)

彼女として看病するというよりも母親のような気持ちで接してあげると、彼の安心感も高まるでしょう。

「自分のためにここまでしてくれるんだ」「こいつがいると、何があっても大丈夫な気がする」と彼に思わせたら、あなたの勝利!プロポーズまでの距離もグンと縮まるでしょう。

ただし、押しつけがましいのはいけません。彼の性格によっては、弱い所を見られたくないと思う場合もあります。そんな時はさっと食べ物やお薬だけを渡して帰る、連絡を控える、などの気遣いを見せると喜ばれるでしょう。

彼の性格をよく考えた上で、喜ばれる手段を取るのが秘訣です。

 

テクニック2. 仕事で多忙な彼…あなたが1番の応援団になってあげよう

毎日遅くまで残業、週末は取引先とのお付き合いでゴルフ三昧。デートする時間が全く確保できないと彼に対する不満が募る女性も多いでしょう。「私と仕事どっちが大事?」「仕事ばかりして、私のこと全然大事にしていないでしょ?」と言いたくなる気持ちは十分に分かります。

ですが、言い放った時点であなたには「男心がわからない女」「重い女」というレッテルが貼られてしまいます。

そしてそのまま結婚というゴールは遥か彼方へ…。

最近こそ女性の社会進出も増え、仕事の大切さは男女で差がなくなってきています。ですが、男女平等が叫ばれていてもやはり男性が責任のある職務につくことが多く、男性にとって仕事は切っても切り離せないものです。

また、転職する方が増えている昨今とはいえ、やはり転職には不安もつきものですし今の仕事を手放したくないと男性が考えるのも無理はありません。

もし結婚や将来のことを考えている男性であればなおさら仕事については真剣なはず。そこで、あなたが彼の1番の応援団になって、縁の下の力持ちとして支えてあげて下さい。

「こいつがいるから、俺は毎日頑張って働けるんだ!」「俺には、必要な人だ」と彼に思わせることが出来れば、他は特に何をしなくてもプロポーズさせることが出来ます。

そのために、あなたが持つべき心構えはこちら

  • 彼に仕事と自分を比べさせない
  • メールや電話の返信が無くてもイライラしない
  • 彼の仕事の愚痴はとにかく受け止める
  • 「仕事を頑張っているあなたが大好き」と理解力を示す
  • 大きな仕事が終わった後は、とにかく褒めちぎる

上記の心構えを常に意識して、仕事に邁進する彼に接するようにしてください。1日で効果はありませんが3か月・半年・1年と続けていけば、確実に彼にプロポーズさせる確率が高まります。

「結婚」「子ども」という2つのワードを使わずに、彼にプロポーズさせるためには地道な努力が必要であると覚悟しておきましょう。

 

テクニック3. 子ども達や妊婦には究極の優しさを

「子どもが欲しい」「早く産みたい」などと直接的な言葉で、彼にアピールをするのは絶対にNGです。なぜなら彼が「俺のことが好きなのではなく、もしかしたら子どもが欲しいだけ!?」と勘違いする可能性が無きにしも非ずだからです。

そこで今回は「目線」だけで、彼に結婚を意識させる究極のテクニックをご紹介します。題して「子どもや妊婦には優しい眼差しを送ろう大作戦」です。

方法は、とても簡単です。彼とのデート中に見かけた赤ちゃん・子ども達や、お腹の大きい妊婦さんに優しさ溢れる眼差しを向けたり、「可愛いね」と言うだけでOK!優しく見つめるだけなんて、子ども好きの女性から見ればごく普通の行動ですが、子どもに興味のない女性はあまりしない行動でしょう。

ですから、子ども達や妊婦さんに優しい眼差しを向ける・電車の中で席を譲る・可愛いねと言ってみるという何気ない行動の1つ1つで、あなたが子ども好きであることをアピールしましょう。

「自分はそんなキャラクターじゃない!」と思う方もいるかもしれませんが、実はそういうタイプの方のほうが効果てきめんです。普段バリバリ仕事をしていて、キャリアウーマン!というタイプの方や、オシャレや美容に余念が無く「母」というよりは「女性」という印象が強いタイプの方が子どもや妊婦さんに優しい姿を見せると、男性はその意外性にやられてしまうのです。

ただし、これもやりすぎは禁物です。やりすぎると無言のプレッシャーをかけることになりますので、あくまで自然に行うことがポイントです。

「こいつ、実は子ども欲しいのかなぁ」「いいお母さんになれそうだな」という気持ちが、彼の中に芽生えたら大成功!とても簡単なテクニックですが、確実に彼にプロポーズさせるまでの期間を縮めることが出来るでしょう。是非、お試しください。

 

テクニック4. 家族を妄想させる!友達親子との食事会を企画

周りは結婚ラッシュ…しかしながら、自分には何の音沙汰もないと、次第に焦りを感じてくるでしょう。しかしながら、彼に対して「結婚したい」「周りは結婚してる」などと言ってはダメ。直接的なセリフは、男性にプレッシャーを与えるだけなので、彼に本気でプロポーズをさせるのなら「外堀」を埋めていく必要があります。

そこで協力してもらうのは、友達親子です。「友達があなたと会いたいと言っているけど、食事でもどうかな?」と、食事会を企画しましょう。あなたの女友達、お友達の旦那さま、お子さま達と一緒に食事をすることで、彼に自分との将来を妄想させるという大作戦です。

積極的に子どもたちの面倒を見たり、友達の旦那さまに「結婚っていいよ。」と何度も言ってもらうなど、きちんと計画を立てて食事会に臨みましょう。自分が思っている以上に、結婚は良いものかもしれないと彼が感じるような環境を、故意的にでも構いませんが作ることが必要です。「もしも、自分に家族が出来たら…」と彼に妄想させることが、プロポーズ・結婚への近道です!

 

テクニック5. 結婚したいなと何回かアピールしたら、ピタっと止める

最後は少しリスクを負いますが、実に効果的なテクニックをご紹介いたします。題して「押したら、引く作戦」です。この作戦では、敢えて「結婚したい」「子どもが欲しい」ということを何度か彼に伝えます。ここで、彼にあなたの結婚願望の強さをアピールするのです。

ポイントは、何気ない会話の中で少し出す…という程度ではなく、少し真剣な面持ちで自分の希望を伝えてみることです。決して冗談にとられて流されてしまう、ということのないようにしましょう。

例えばあなたたちがまだ学生だったり、自立できていない状況であったら、結婚はどこか絵空事のように聞こえてしまうかもしれません。一方、社会に出てある程度時間が経っているカップルであれば、むしろ将来の話をしないほうが不自然です。

しかしながら何度も彼にアピールするのは、彼に結婚に対するプレッシャーを与えてしまう可能性があるので非常に危険です。

ポイントは何回か彼にアピールをしたら、ピタリと結婚や子どもというワードを出さないようにすることです。押して押して…引くのです。そうすることで男性は「あれ?結婚したいってあんなに言っていたのにどうしたのだろう」と拍子抜けしてしまうことでしょう。こうなったら、女性側の勝利!

彼女が結婚のことをピタリと言わなくなったと気づいた彼は、逆にそれが何故か気になって仕方なくなるはずです。そうるつことで彼の頭の中で「結婚」の2文字が自然と増えていき、結婚に対して何も言わなくなった彼女にサプライズプロポーズをしてみようかな?という気持ちになれば大成功です。

最悪のケースとして、結婚の話を出した瞬間に相手に避けられてしまうという可能性も無くはないのですが、むしろそういう相手とは縁が無かったと割り切って、次に進むためのステップとして受け止め、まずは一度真剣に話し合いをして見ましょう。

いかがでしたか?

何もせずにプロポーズを待っているのではなく、女性自ら積極的に動いてプロポーズを男性にさせるのが、1番確実で早い方法です。

「この人と結婚したい!逃せない」と思うような男性に巡り合えたら、今回ご紹介した5つのテクニックを利用して、プロポーズさせるような雰囲気に持ち込みましょう。

この記事を読んで下さった方に、多くの幸せが訪れますように!