結婚式の前撮りに!おすすめのシチュエーションやポーズを紹介 | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚式の前撮りに!おすすめのシチュエーションやポーズを紹介



結婚式の前に衣装を着て撮影をおこなう“前撮り”。細部までこだわるカップルも多く、スタジオ撮影とロケーション撮影どちらが良いのか、ウェディングドレスと和装どちらを着ようかなど、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

前撮りを満足のいくものにするためには、場所や衣装にこだわるのはもちろん、撮影時のシチュエーションやポーズも大切なポイントです。そこで今回は、結婚式の前撮りにおすすめのシチュエーションやポーズをご紹介します。結婚式の前撮りを検討しているカップルは、ぜひ参考にしてみてください。

 

結婚式の前撮りにおすすめの、シチュエーション&ポーズとは?


ここからは、前撮りにおすすめのシチュエーションやポーズをピックアップしてご紹介します。前撮りで撮影したいシチュエーションやポーズがある場合は、事前にカメラマンに「こんな写真を撮影したいと思っている」と伝えると良いでしょう。さっそくどんなシチュエーションやポーズがあるのか、見ていきます!

 

【前撮りにおすすめのシチュエーション・ポーズ1】結婚式のシーンを再現

チャペルなどで前撮りをおこなう場合は、結婚式の様子を再現するような写真を撮るのもおすすめ。結婚式当日は緊張や忙しさからあっという間に時間が過ぎてしまいますが、前撮りなら時間をかけてこだわりの一枚を撮影できます。

また、前撮りプランのなかには、両親や友人を呼んで写真撮影が可能なものもあります。指輪の交換や誓いのキス、ケーキカットなど、本当の結婚式をおこなっているかのような写真を残したい方にもピッタリですよ。

 

【前撮りにおすすめのシチュエーション・ポーズ2】キスショット

新郎新婦が向かい合ってキスをする写真は、結婚式の前撮りで定番の一枚。ふたりの幸せな雰囲気をバッチリ写真におさめてはいかがでしょうか? 唇はもちろん、頬やおでこにキスをする先輩カップルも。キスの位置によって違った雰囲気になるので、いろいろなキスショットを撮影するのも良いですね。

キスショットを撮影するのが恥ずかしいというカップルには、小物で口元を隠すアイディアがおすすめ。例えば、洋装の場合はウェディングブーケを、和装の場合は毬や扇などを使い口元を隠します。口元が見えないので、恥ずかしさを軽減して撮影できますよ。

 

【前撮りにおすすめのシチュエーション・ポーズ3】新婦だけ振り返る

新郎新婦がカメラに背を向けて並び、新婦だけがカメラ目線で振り返る写真も、前撮りで人気のポーズです。写真を撮られるのが苦手という新郎も、表情が写らないのでチャレンジしやすいです。

彼と腕を組んだり、手を繋いだりした状態で、くるっと新婦だけが後ろを向いて撮影をしてもらいます。新婦は、とびっきりの笑顔で写真に写りましょう!

 

【前撮りにおすすめのシチュエーション・ポーズ4】ファーストミートを再現

結婚式でファーストミートをおこなう予定というカップルもいるかもしれませんが、前撮りでもファーストミート風の写真を撮影できます。おすすめは、背中を向けて待っている新郎に後ろから新婦が近づき、カメラ目線で「シーっ」とポーズを取るシチュエーション。

どこかいたずらっぽい雰囲気もあり、とても可愛らしい一枚です。ほかにも、ファーストミート直前の背中をたたく瞬間を撮影したり、新婦を待つ新郎のソロショットを撮影したりするのも良いですね。

 

【前撮りにおすすめのシチュエーション・ポーズ5】プロポーズを再現

新郎からプロポーズを受けたけど、写真は残っていないというカップルも多いはず。そんなカップルにおすすめなのが、プロポーズの様子を再現する一枚。新郎が新婦の前に膝をつき、箱に入れた指輪や花束を差し出す姿を撮影すれば、まるで映画のワンシーンのような写真が撮影できますよ。

ほかにも、新郎がカメラマンに背を向けるようにして立ち、背中に隠した指輪にフォーカスを当てるというのも素敵です。どちらも、プロポーズのロマンチックな雰囲気を再現できる一枚ですよ。

 

【前撮りにおすすめのシチュエーション・ポーズ6】花嫁を抱き上げる

新郎が新婦を抱き上げるシーンを撮影するのも、前撮りでおすすめの一枚。新郎が向かい合った新婦をぎゅっと抱き上げるシーンは、動きのある一枚になってくれます。

二人の表情が分かるように横から撮影してもらうのはもちろん、新婦の表情が良く映るように撮影するのも良いですね。撮り方によってイメージが異なる写真になるので、いろいろと撮影してみるのもおすすめです。

 

シチュエーションやポーズにもこだわって最高の一枚を!


今回ご紹介したのは、あくまでの前撮りにおすすめのシチュエーションやポーズの一例にすぎません。今回ご紹介した以外にもさまざまなシチュエーションやポーズがあるので、どんな写真が取りたいのか、ふたりでしっかり話し合うようにしましょう。お気に入りのシチュエーションやポーズで、納得のいく前撮りの時間を過ごしてくださいね。

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加