結婚式の「後撮り」をしたい!後撮りのメリット・デメリットを解説 | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚式の「後撮り」をしたい!後撮りのメリット・デメリットを解説



結婚式の写真と言えば「前撮り」が一般的ですが、近年では「後撮り」も人気急上昇中なのをご存じでしょうか?

  • 「結婚式前は忙しくて時間が取れない」
  • 「結婚式で撮影した写真が気に入らなかった」

など、さまざまな理由で後撮りを選ぶカップルがじわじわと増えています。そこでこの記事では、人気が高まっている後撮りの特徴やメリット・デメリットについて徹底解説! 結婚の記念写真にこだわりたいカップルは、ぜひこの記事を参考にしていただき、一生に一度のウェディングフォトをお気に入りのものにしてくださいね。

 

記念撮影の後撮りって?そのメリット・デメリットは?


「後撮り」とは、結婚式の後に記念写真を撮ることを言います。今までは結婚式当日やそれよりも前に記念撮影をおこなう「前撮り」が一般的でしたが、ゆとりを持って写真撮影をおこなえることから、後撮りを選ぶカップルも急上昇。結婚式後のハネムーン先で記念撮影をおこなうカップルも多くいます。

これから結婚式を迎えるカップルのために、後撮りのメリット・デメリットについて、詳しくご紹介します。

 

【結婚式の後撮りのメリット1】リラックスして撮影に臨める

まずは後撮りのメリットからご紹介します。結婚式前は、決めることやしなければならないことがたくさんあって忙しいもの。気持ち的にも落ち着かず、前撮りをする余裕がないというカップルも多いかもしれません。なんだかよく分からないまま、撮影が終わってしまったというケースもあるでしょう。

その点、後撮りなら結婚式を終えてから記念撮影をおこなうため、時間も気持ちも余裕がある状態で臨めます。フォトスタジオや衣装、どんなイメージの写真を残したいかなど、しっかりと準備する時間もあるため、気に入った写真を残しやすい点がメリットです。

 

【結婚式後の後撮りのメリット2】思い通りの写真を残せる

結婚式や披露宴でも写真撮影はおこないます。しかしスナップショットは、自然な表情を残せる半面、いつの間にか撮影されているため、なかにはあまり気に入らない写真が混ざっている場合もあるのが難点。

後撮りならば、結婚式、披露宴での後悔や失敗など活かして記念撮影に臨めるため、お気に入りの写真を残せます。「気に入った写真をどうしても残したい!」というカップルには、リカバーできる後撮りプランがおすすめです。

 

【結婚式後の後撮りのメリット3】好きな季節を選べる

結婚式は、招待するゲストが参加しやすい季節だったり、結婚式場が空いている日程だったりと、必ずしも写真撮影に最適な季節を選べるわけではありません。

  • 「満開の桜をバックにした写真を残したい」
  • 「新緑のさわやかな季節で撮影したい」
  • 「美しい紅葉を背景に写真を撮りたい」
  • 「クリスマスの飾りやイルミネーションをバックに撮影したい

このように、自分たちの好きな季節での記念撮影を希望しているカップルも多いのではないでしょうか。結婚式の日程に関係なく、四季を感じられる季節で写真撮影をおこなえるのも後撮りのメリット。ロケーションフォトを残したいカップルに後撮りは特におすすめです。

 

【結婚式後の後撮りのメリット4】新婚旅行先で撮影できる

結婚式後に新婚旅行を控えているのなら、旅行先でも写真を撮りたいですよね。新婚旅行先で撮影できるのも、後撮りの大きなメリットです。

新婚旅行先が海外ならば、美しい街並みや有名な観光スポットの記念写真を残してみてはいかがでしょうか。思い出深いフォトジェニックな写真が残せますよ。

国内であれば、神社仏閣や日本情緒あふれる風景などを背景にした写真を残すのも素敵です。後撮りならば、衣装も自由。風情ある街並みに馴染む、和装での写真撮影も素敵ですよ。

 

【結婚式後の後撮りのデメリット1】コストがかかる

ここからは、後撮りのデメリットを見ていきましょう。メリットが多いように思える後撮りですが、もちろんデメリットもあります。一番気になるのは、やはりコスト面でではないでしょうか。

別撮りになるため、衣装やヘアメイク、着付け代、カメラマンなどを再度手配する必要があり、どうしてもコストがかかってしまいます。その費用はおよそ10万円から15万円ほど。後撮りを考えているならば、あらかじめ結婚式の予算に組み込んでおくといいでしょう。

なかには撮影日を平日にすることで、コストダウンを図れる場合もあるため、詳細をチェックしておくと無駄がありません。

 

【結婚式後の後撮りのデメリット2】日程を確保しなくてはいけない

結婚式以外で写真撮影をおこなう場合は、日程を決めておく必要があります。結婚式の準備がないため、前撮りよりは日程に余裕があると思いますが、それでもふたりの予定を確保しないといけないのは負担かもしれません。

また、ロケーション撮影の場合は、天候にも左右されます。撮影日が悪天候だと延期することもありますが、そのまま撮影がおこなわれることも多いようです。

せっかくのウェディングフォトが雨だと残念な気持ちになりますが、雨ならではの雰囲気のある写真に仕上がるので、それもまた良い思い出になるのではないでしょうか。

 

後撮りで結婚式の思い出とお気に入りの写真を残しましょう


結婚式後におこなう後撮り撮影のメリット・デメリットについてご紹介しました。自分たちの好きなタイミングでおこなえる後撮りは、写真にこだわりたいカップルや余裕を持ってゆったりと記念撮影をしたいカップルにおすすめです。

後撮りをいつするかという決まりはありませんが、1年以内にはおこなうといいでしょう。あまりずるずると先延ばしにすると、結果的に記念撮影をしそびれてしまった……ということにもなりかねません。

結婚式の日取りを決める段階で、後撮りの日程も予定に組み込んでおくといいでしょう。後撮りで素敵な写真とともに、結婚式の思い出を残してくださいね。

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加