ナイトウエディングならではの素敵な演出ベスト4! | 家族挙式のウエディング知恵袋

ナイトウエディングならではの素敵な演出ベスト4!


57bd9e2e409cbf8a8bd6679765f07863_m

これから結婚式を行う予定の皆さま、ナイトウエディングってご存知ですか。

ナイトウエディングとはその名の通り、夕方から夜にかけ行う結婚式のことです。

最近人気が出てきており、親しい方をリゾート地に招いて旅行を兼ねて行うリゾート・ナイトウエディングや、平日でもゲストが仕事帰りに出席出来るウィークデイ・ナイトウエディングなど、さまざまなスタイルが確立されています。

最近人気が出てきている注目のウエディングスタイルですが、参加したことがある方もまだ少なく、いざ自分が行おうとしてもどうすればよいかわかりにくいものです。

そこで今回は、ナイトウエディングの魅力やおすすめの演出についてご紹介します。

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

ナイトウエディングの魅力は?

まずは、ナイトウエディングの魅力についてお伝えします。

ナイトウエディングが近年流行してきている背景には、現代の若者の仕事の多様化やスタイルの変化が挙げられます。

サービス業の方は特に土日が仕事の方も多いですし、皆が皆カレンダー通りに休めるわけではありません。そんな場合、平日の夕方から始まるナイトウエディングであれば仕事に忙しい友人たちにも集まってもらいやすいという利点があります。

そして、休日の昼間というウエディングの「ゴールデンタイム」を避ける分、会場の費用がリーズナブルになるという新郎新婦にとって嬉しい利点もあります。

ですが、実際にナイトウエディングを行ったカップルたちが決め手にしたものはなんといっても、日中のウエディングには無いゴージャスな雰囲気や、カジュアルでありながらゲストと一体感を覚えることができるような素敵な演出ではないでしょうか。

ナイトウエディングならではの素敵な演出はたくさんありますが、今回はその中でも厳選したものを「ナイトウエディングならではの素敵な演出ベスト4!」と称してご紹介します。

 

1.キャンドルの灯りで雰囲気のある式に

ナイトウエディングで欠かせないマストアイテムといえば、なんと言ってもキャンドルを使用した演出です。

日中の結婚式でも、ゲストテーブルの真ん中にキャンドルを置いて、キャンドルサービスをする、という演出がありますが、やはり日中はさんさんと輝く陽の光を取り入れた演出が主役となります。

その点、ナイトウエディングはどうしても灯りが必要になりますので、キャンドルが大活躍するのです。以下にキャンドルを使った演出をご紹介します。

 

キャンドルの灯りでお出迎え

会場のガーデンやエントランス、ゲストのウエイティングスペースなどをキャンドルの灯りで飾ってゲストをお出迎えしてみてはいかがでしょうか。

ゲストは会場内に足を踏み入れたその瞬間から非日常的な別世界の雰囲気を味わってもらえます。ゲストが足を運ぶたび、そして新郎新婦が動くたびに揺らめく光は、幻想的でありながらあたたかな空間を創り出します。

キャンドルの柔らかな光は、ゲストの心を落ち着け、癒す効果もありますので、かしこまらずにリラックスした披露宴を行うことができます。

また、厳かな雰囲気もプラスされますので、自然と落ち着きのある大人のウエディングを楽しんでもらえることでしょう。

キャンドルリレー

キャンドルを使った演出というと、新郎新婦が各ゲストのテーブルを周ってテーブルの中心にあるキャンドルに火をともすキャンドルサービスがまず挙げられます。

他にも、例えば「両家が2人の結婚によって1つになり、新しい家庭の誕生を意味するセレモニー」として、両家のご両親の手元のキャンドルから、新郎新婦がそれぞれのキャンドルに灯りを貰い受け、祭壇のメインキャンドルに新郎新婦が火を灯す…というキャンドルリレーはいかがでしょうか。

キャンドルリレーで両家のご両親から新郎新婦へ移るのは灯りだけでなく、家族の絆だとも思わせる、厳粛な中にもアットホームな雰囲気を味わえる素敵なセレモニーになります。

また、それをゲスト全員で行ってみるというキャンドルセレモニーもおすすめです。

ゲスト全員で行うキャンドルセレモニーとは、ゲスト1人1人にあらかじめキャンドルを配っておき、新郎新婦から「感謝」の気持ちを込めた灯りを点け、それをゲスト全員に繋いでいってもらうキャンドルリレーです。

古来、キャンドルの灯りにはその1つ1つに小さな天使が宿っていると言われ、1日の無事を感謝しながらその炎を吹き消すと明日の幸せを約束してくれる…という言い伝えがありました。

そんな言い伝えを紹介しながら、1人1人のキャンドルに火をともしていき、全員のキャンドルに炎が灯ったら、「新郎新婦の幸せとともに、今、ここにいる全ての皆様の幸せを願って」と、全員で一斉に手元のキャンドルの吹き消しを行います。

主役の2人の幸せは勿論のこと、ゲスト全員の幸せをも願う素敵な演出となり、ゲストの心にも深く刻まれることでしょう。

こういったゲスト参加型の演出は、会場全員の心を一つにし、ゲストにも式に参加している実感をよりよく味わってもらえるのでぜひ取り入れてみることをおすすめします。

 

2.ナイトウエディングならではのサプライズ!

結婚式にサプライズはつきものですが、ナイトウエディングは「死角」が多くなるためサプライズのバリエーションが増えます。

 

ゲストの皆様に景色のサプライズ!

例えば夜景がきれいに見える窓辺の会場であれば、最初のうちは敢えてカーテンを閉めておき、「乾杯!」の合図と同時にカーテンを開けて目の前に広がる夜景を楽しんでもらうというサプライズが挙げられます。

会場に入った瞬間から夜景が見えているのももちろん素敵ですが、あるタイミングで一気に披露することでゲストの感動もひとしおとなるでしょう。

特に街中のビルの高層階や、山の上から町の夜景が見渡せるような会場を予約した場合はこの演出を使わない手はありません。

 

新郎新婦の登場もサプライズ!

もし、会場に「サプライズ登場」が出来る動線があれば、是非、新郎新婦が入場する時にもナイトウエディングならではの演出を用意してみましょう。

例えば、通常のドアからの入場かと思いきや、テラス側のカーテンが開くと、そこにライトアップされたガーデンの中に新郎新婦が並んでいるというものはいかがでしょう。

 

3.プールやガーデンは絶好のデコレーションポイント

ガーデンテラスにプールがついた会場というのも人気がありますが、日中はともかく夜になると真っ暗で使い道に困りそうなのがプールです。

ですが、実はプールこそがナイトウエディングの絶好のデコレーションポイントとなるのです。例えば、プールに照明がある場合は、時間によって色が変化するイルミネーションでゲストの方々の目を楽しませることができます。

また、フローティングキャンドルをプールに浮かべたり、たくさんのキャンドルをプールサイドに並べたりすると水面に灯りが映ってより幻想的な空間が演出できます。

また、ガーデンならではの演出としては、木々や草木の周りに小さなライトを巻きつけてガーデンの持つナチュラルさを活かしたデコレーションがおすすめです。

 

4.豪華に花火で盛り上げよう!

夜空を飾る最高の演出といえば、やはり花火!手持ち花火ならともかく、打ち上げ花火なんて自分たちで手配できないのでは?と思ってしまいますが、実は会場によっては打ち上げ花火がプランに組み込まれているところもあるのです。

手持ち花火でも、ゲストの皆様に手持ち花火を持ってもらい、新郎新婦の登場シーンで花道を作ってもらい花火シャワーを行うというのも素敵な演出です。

いかがでしたか?

今回は、最近人気が出てきているナイトウエディングについて「ナイトウエディングならではの素敵な演出ベスト4!」をご紹介しました。

間接照明やキャンドルを多用したナイトウエディングでは、明かりの量が減ることで式全体を落ち着いた雰囲気にさせます。

室内の明かりが少なくなることで新郎新婦とゲスト、またはゲスト同士の距離感が近くなりアットホームで和やかな式になりやすくなります。

そのため、ナイトウエディングは大人な雰囲気の式をお望みのカップルや、あまり騒々しいのは苦手だというカップルには特におすすめです。

そんなナイトウエディングですが、せっかくならナイトウエディングならではの演出を加えて、更に思い出に残るような素敵な式にしてみてはいかがでしょうか。

新鮮な驚きとどこか心温まるナイトウエディングの演出は「ゲストに楽しんでもらいたい」という新郎新婦の気持ちも伝わるでしょう。

2人からの感謝とおもてなしの気持ちをナイトウエディングの演出で伝えてみてはいかがでしょうか。

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加