スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

両親も一緒に挙式!? ステキ結婚式での真似したくなる演出


ここに感動した!ステキ結婚式での真似したくなる演出 (Unicode エンコードの競合)
結婚適齢期になると同僚や友人などの結婚式に参加する機会も多くなり、結婚式に対して見る目も養われてきますよね?

最初のうちはただただ珍しかった結婚式も、何度も足を運ぶうちに「家族の絆が感じられる、とても素敵な結婚式だった」という時もあれば、「何だか、疲れだけが残ってしまった」という時もあるでしょう。

色んな結婚式のスタイルを見ていくうちに、自分が真似したいと思える感動的な演出に出会うこともあれば、辟易してしまうような自己満足の演出も経験することになります。

だからこそ、これから結婚式を挙げるカップルの皆さんには、ぜひゲスト全員が感動して、にっこり笑顔が出るような結婚式の演出をして頂きたいと思うのです。

さぁ、ゲストの皆さんを思いっきり泣かせましょう。心の底から笑わせましょう。そして、目頭の奥をじーんとさせましょう。

とは言え、いざ自分が結婚式を行う立場になると、いったいどんな演出がゲストの心に響くのか、わからないという事も。そこで今回は、自分の結婚式に絶対に真似したくなる「結婚式の感動演出」をご紹介いたします。一緒に確認していきましょう。

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

結婚式でゲストを感動させるには、どうしたらいい!?

結婚式でゲストを感動させるには、たった一つ「今までお世話になった皆さんに今日という良き日を迎えられたお礼がしたい」と感謝の気持ちを抱くことが大切です。

結婚式とは、そもそも二人のためのだけのものではありません。もちろん主役は新郎新婦ですが、その二人から周りの皆様に感謝を伝える場なのです。

その気持ちを持ちながら演出を考えると、自然とゲストの皆様に喜んでもらえるものとなるはずです。

間違っても、「結婚式の主役は、私達よ!」「自分達が楽しむのが、結婚式の最大の目的だ」と思わないように気を付けてくださいね。わかっているつもりでも、実際は結婚式を挙げられる嬉しさに舞い上がってついつい自分たちの事ばかり考えてしまいがちです。

誰かのために、何かをしたい。また、誰かが自分のために何かをしてくれている。この2つの感情が会場内に溢れた時に、感動という素晴らしい感情が生まれてきます。

つまり、自分達の事ばかり考えていては、感動は生まれないというわけです。

 

感動!結婚式で真似したくなる演出5選

ここからはゲストが感動して、思わず真似したくなってしまった素晴らしい結婚式の演出をご紹介していきます。ゲストを感動させるには、オリジナテイストを強めた結婚式にする必要がありますのでぜひ参考にして下さいね。

 

素敵演出1:新郎・新婦のご両親も、皆で結婚式を挙げよう

新郎・新婦を今まで大切に育てて下さったご両親も、結婚式が一つの区切りとなります。そこで、新郎・新婦のご両親も一緒に式を挙げてしまいましょう。

ご両親にも参加してもらうには、様々な方法で行っていただけます。例えば以下のような方法はいかがでしょうか。

<1. 3組の夫婦で同時にケーキカット!>
結婚式の定番イベントであるケーキカット。定番中の定番ですので外すことができない演出の1つですが、ここでお互いの両親も呼んで3組の夫婦としてケーキカットをしてもらうというアイデアがあります。

一つの大きなケーキを3組で同時にカットすると「これから家族として皆で仲良く頑張っていこう」というようなメッセージになり、ゲストからすると新しい家族の絆を確認できたように感じられて心が温まります。

結婚とは個人だけのものではなくて、家族と家族がつながることなんだと再認識できるよい演出ですね。

また、ケーキを3台用意してそれぞれのケーキをカットしてもらうという手もあります。
この場合、ご両親のケーキには「今まで育ててくれてありがとう」などといったメッセージを加えるととても喜ばれることでしょう。

 
<2. 最後の挨拶の時にお母様が花嫁に変身!>
結婚式・披露宴の演出の中で唯一両家の家族と新郎新婦が並ぶタイミングが、式の最後を締める新郎の父・そして新郎の挨拶の場です。

そこで、新郎の挨拶の中でお互いのご両親にこれまで育ててくれた感謝を述べながら、お母さまにウエディングベールとブーケを用意してあげるというのはいかがでしょう。

その場で両家のお母さんの頭に付けてあげれば、ご両親だけではなく会場のゲストも驚くことは間違いありません。

ご両親にとって新郎新婦の結婚式は、新郎新婦を育てるという役目を終えられて新たなスタートを切るタイミングでもあります。そこで、子供達を無事育て上げた後の新たな夫婦2人の人生のスタートを記念して一緒に門出を祝いましょう。3人の花嫁さんがいるなんて、とても幸せな光景が広がりますよね。

 

素敵演出2:新郎・新婦の為にサプライズソングを準備しよう

ゲストから、新郎・新婦に「サプライズソング」をプレゼントしてはいかがでしょうか?新郎・新婦にとっては、ゲストをおもてなしするための結婚式のはずなのにいつの間にかゲストにサプライズを仕掛けられているという驚きの展開となります。

新郎から新婦に捧げる歌の演出はありますが、ゲストから新婦に捧げるのはあまりないことなので、喜んでくれること間違いありません。

サプライズを始めるタイミングは、新郎・新婦がお色直しのために中座している時がオススメです。2人が中座をしたら、すぐに司会者が中座の間にゲスト全員で「新郎・新婦に捧げる歌を練習しましょう」と音頭をとります。最初は会場内がザワザワするかもしれませんが、ゲストも乗り気になって一緒に練習してくれるでしょう。

お色直しの時間は、約15分。とても短い練習時間になりますので、サプライズソングは皆が良く知っている定番ソングが良いでしょう。参考までに、以下の楽曲はいかがですか?

  • 木村カエラ(Butterfly)
  • モンゴル800(あなたに)
  • ウルフルズ(バンザイ~好きでよかった~)
  • いきものがかり(ありがとう)
  • 福山雅治(家族になろうよ)
  • シェネル(Baby I Love U)

馴染みのある楽曲の方が、ゲストも覚えやすくサプライズソングの仕上がりも良くなります。

ご兄弟や友人が企画して、ゲスト全員の協力のもと、新郎・新婦に最高の瞬間をプレゼントするなんて、とても素敵な試みですね!ゲスト全員の新郎・新婦に対する熱い想いが伝われば、きっと2人の心に響き、感動してくれることでしょう。

そして訪れるゲストにとっても「自分たちが結婚式に参加した」「新郎新婦のために何かができた」という充実感が得られるほか、「新郎新婦にこんなに素敵なご兄弟・友人がいるんだな」という事を改めて知れて心がじーんとくるはずです。

こちらの演出は、新郎・新婦以外の人の企画演出が必要となりますので、ぜひご家族や友人の結婚式で試してみてはいかがでしょうか。

 

素敵演出3:定番だけど感動する!新郎から新婦への手紙

「定番の演出だけど、やっぱり感動する」「じわじわと感動してきて、本当に結婚式に来て良かったなぁと心から思える」などの嬉しい声が聞こえてくるのは、手紙の演出です。

新婦から父親への手紙が涙を誘う一番の演出ですが、新郎から新婦への手紙というのも違う涙に誘われるものです。

新婦の手紙は親子愛に対する涙で、読んでいる間どのゲストも新婦が幼いころのお父様と過ごした時間を想像し、その少女が今美しい花嫁となってお父様のもとを離れることに涙します。

一方、新郎から新婦への手紙は、新郎側のゲストは自分の友人が一人前の男として一人の女性を守る決心をしたこと、また奥様となる新婦のすばらしさを知れて感動するものです。そして新婦側のゲストは、大切な友人を一生守ってくれる素敵な伴侶に出会えたことを知れて胸が熱くなります。

日本はあまりパートナーに対しての感情をオープンにすることが少なく謙虚な姿勢が好まれるため、どうしても人前で愛を語るのに抵抗がある方は多いと思いますが、結婚式に限っては素直に感情を伝えることが一番です。

新郎の新婦に対する熱い想いは、きっと新婦だけではなくゲストまで届くはずです。パーフェクトな堅苦しい文章など誰も望まないので、自分の素直な気持ちを伝えてみましょう。

定番の演出かもしれませんが、感動することは間違いなし!定番演出には、安定感抜群の定番の良さがあると覚えておきましょう。

 

素敵演出4:サプライズで超感動!教え子達からのメッセージ

幼稚園の先生、小学校の先生、中学校の先生、高校の先生の結婚式の場合、教え子達が結婚式にサプライズ参加するという演出が見受けられます。

教え子達がわざわざ来てくれたことへの感謝の気持ちや喜びが新郎・新婦を感動させてきっと会場内が感動的な雰囲気になることでしょう。子供に秘められたパワーは本当にすごいのです!

幼稚園や小学校の教え子達が可愛らしい声で、一生懸命歌ってくれる姿も素晴らしいですし、中学生や高校生の教え子達から心のこもったメッセージを送るのも素敵ですね。

子供達が会場内に来てくれるだけで場の雰囲気が盛り上がり、結婚式に良いアクセントを加えてくれますよ。

 

素敵演出5:ゲスト1人1人への感動メッセージ

時間はかかるかもしれませんが、新郎・新婦からゲスト全員にメッセージを送るという演出も会場内に感動の風を巻き起こします。貴重な時間を割いてわざわざ来てくれたのですから、ゲスト1人1人に感謝の気持ちや大好きな想いを伝えるのは、とても素晴らしいことですよね。

実際に自分がメッセージを伝えられた側になって考えてみてください。

通常の結婚式ではなかなか新郎新婦と直接言葉を交わすことすらままなりません。そんな中、皆の前で自分にメッセージをくれたとなると、来て良かったと心から思えるのではないでしょうか。心がポッと温かくなるのを感じるはずです。

ゲストもメッセージを聞いていくうちに、新郎・新婦とゲストがどのように関わってきたのか?ということが明確に分かるようになるので、会場内の雰囲気も和むでしょう。

とは言え、ゲストの数が多すぎると時間がかかりすぎてゲストも疲れてしまいます。少人数のゲストで時間的な余裕があるカップルは、ぜひこちらの演出をお試しください。

 

いかがでしたか?

自分の結婚式の時にこんな演出があったら・・・と考えるだけで、何だか目元がウルウルしてきますよね。

式次第に添ったありきたりな演出では、ゲストを心から感動させることは難しいでしょう。他の人とは違うオリジナル要素をたくさん取り入れることで、きっとより深みのある素晴らしい結婚式になるはずです。

結婚式を素晴らしいものにするために、ぜひ今回ご紹介した記事を参考にして下さいね!皆さんの結婚式が、素敵な演出によってより素晴らしいものになることを、心よりお祈りしています。