スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

新郎だってトスしたい!最も盛り上がるアフロトスとは 


img_afro_kids

挙式で行われるイベントで定番のものは花嫁からの「ブーケトス」ですが、あまりにも定番化しすぎているという印象すら覚えます。もちろん、定番の演出を行い伝統的な結婚式を行うのも素敵ですし、それを期待しているゲストもいるでしょう。

ですが、せっかくの結婚式ですので自分たちならではのオリジナリティあふれる演出がしたいと思う方もいらっしゃることでしょう。そんなカップルにおすすめするのが、一味違った「トス」イベントです。

その中でも最も盛り上がるのが「アフロトス」です。ブーケトスと違い花婿と男性ゲストとの間で行われるこのアフロトスは、ブーケトスと同じイベントだとは思えないほど、迫力や臨場感に溢れたイベントとなり、厳粛なイメージの挙式に抜群のスパイスを加えるものでもあります

今回はそんな「アフロトス」をご紹介します。

 

アフロトスとは

アフロトスとは、ブーケの代わりにアフロヘアのウィッグを男性ゲストに向かって投げて、男性ゲストがそれを奪い合う、というイベントです。

アフロヘアのウィッグはよくパーティーグッズ売り場などで売られているもので構いません。それを新郎が背中越しに勢いよく男性ゲストに向かって投げます。

アフロトスには、ブーケトスとは違い細かいルールなどは一切ありません!ですので、ブーケトスのように独身ゲストに限るということもありませんし、アフロを受け取った方が次の新郎になれる…という言い伝えもありません。

そのため、例えば「アフロを受け取った方にはディズニーチケットをペアでプレゼント!」といったようにプレゼントをオリジナルで設定することもできます。そこまで豪華なものでなくても、ちょっとしたプレゼントでもなんでも構わないのです。

また、ウエディングのイベントで意外と参加する機会が少ないのが「既婚女性」です。そこで、新郎だけでなく新婦もアフロを持ち、既婚未婚関係なくゲスト全員でアフロを奪い合うというスタイルにしても盛り上がることでしょう。

取ったゲストはアフロを身に着けて新郎新婦と記念写真を撮ったり、ノリのいいゲストだとその後の披露宴中もずっとアフロを身に着けてくれたりと、トスの瞬間だけでなくその後も楽しめるところが他のトスイベントと比べても優れた点です。

 

他にはどんなトスが

ブーケトスのように昔からの伝統的なトスと言えば「ガータートス」があります。こちらは新郎が新婦のガーターベルトを片方取ってそれを投げるイベントですが、新郎が新婦のウェディングドレスの中にもぐりこんでガーターベルトを取るので、なかなかインパクトが強く親戚やゲストを選ぶイベントでもあります。

他には、ブーケの形に似ていることからブロッコリーを投げるブロッコリートスというものもあります。ブロッコリートスも最近人気が出てきていますが、ブロッコリートスに比べてアフロトスは、アフロ自体が軽いため投げたり跳ねたりしやすいだけでなく、奪い合いもしやすいので奪い合い時の迫力が増します

 

アフロトスに込められた意味

アフロトスは、ブーケトスなどの伝統あるイベントから派生して生まれたものですので、アフロトス自体に伝統はありません。ですが、せっかく結婚式で行う演出ですので何らかの意味付けをしたいものです。そこで、かなりこじつけな感じもしますが、(愛に満ちた)(フワフワに愛され)(ロンリーとおさらば)という意味が付けられています。

 

アフロトスに向いている結婚式は

アフロトスは取り合う瞬間の迫力と、その後身に着けてもらうというユーモア性に富んだイベントですので、どちらかというと体育会系のノリや、ワイワイ楽しい結婚式にしたい人たちに向いています

一方、親戚や年上のゲストが多く落ち着いた式の場合に、このユーモアあふれるアフロトスを行うのはやや勇気がいりますが、いっそ行ってしまうことで場の雰囲気がガラリと変わり和気あいあいとした式となるかもしれません。

そんな「アイスブレーカー(場を和やかにするもの)」な役割を持つアフロトスですので、思い切って行ってみるのも良いですね。

このように新郎新婦が自分たちから盛り上げよう!と意気込んでいる場合、ゲストも乗ってきてくれるものです。

 

アフロトスを行うメリット

アフロトスは、ブーケトスの代わりに行われることが多いものです。そのメリットとしては、上述のように場を盛り上げるだけでなく、「ブーケトスをためらわれるゲストに配慮する」ということも挙げられます。

というのも、ブーケトスというのはそもそも、それを受け取った独身女性が次に結婚できるという言い伝えがあり、その幸せを勝ち取るために女性同士がブーケを取り合うイベントです。

例えば10代や20代前半の、まだ結婚していない方が多いグループの場合は楽しいイベントとして行えます。ですが、結婚適齢期の女性が多い場合や、未婚の方が少ない場合はゲストの方にとっても参加しづらいイベントとなってしまうのです。

沢山のゲストの前で、自分が独身だという事がわかってしまうことに気が引けるゲストもいるでしょうし、ブーケに向かってガツガツと取り合うなんてことはしたくない!という方もいるでしょう。

そんな複雑な女心を汲み取り、男性が代わりにアフロトスを行えば、円満に結婚式を行うことができるでしょう。

いかがでしたか。

厳かな挙式の中に臨場感と独特性、ユーモアを提供するイベント、アフロトスをご紹介しました。結婚式の演出を考える時は、特にそれがゲスト参加型の場合はゲストの雰囲気に合わせて演出を選ぶ必要があります。

友人関係のゲストが多く盛り上がりそうな結婚式の場合はもちろん、厳かになりそうな式の場合でもアクセントとして取り入れると意外性があって思い出に残ることでしょう。

アフロは簡単に手に入りますし、持ち運びもしやすく値段も張らないものですので、準備が楽で取り入れやすい演出です。

新郎新婦にとっては人生の節目となる結婚式。大切なゲストをお招きして楽しく盛り上がる式にしたい!とう思うカップルは、ぜひアフロトスをご検討下さい。