義実家への帰省におみやげはどうする?気の利いたおみやげの選び方 | 家族挙式のウエディング知恵袋

義実家への帰省におみやげはどうする?気の利いたおみやげの選び方



お盆やお正月など長期休暇を利用して、義実家へ帰省する方も多いと思います。そんな時に頭を悩ますのが、おみやげなのではないでしょうか。せっかくなら、義両親から良い印象を持ってもらえるようなおみやげを選びたいですね!

しかし、おみやげを選ぶ際、どんな点に注意をすれば良いのかわからない、と悩まれている方も多いかもしれません。この記事では、義実家へ帰省する際に持参するおみやげの選び方についてご紹介します。義両親から「気が利くね」と思ってもらえるようなおみやげが選べるよう、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

 

義実家に帰省する際のおみやげは必要?


そもそも、義実家へのおみやげは必要なのでしょうか? なかには義両親から「何もいらない」「気を遣わなくていい」と言ってくれる場合もあるかもしれません。とはいえ言葉そのものを鵜呑みにして、手ぶらで訪れるのはやめた方がよいでしょう。

人間には本音と建て前があるもの。「常識がない」「気が利かない」などと、思われては大変です。その家の風習や義両親の性格にもよりますが、何かしらおみやげを持っていった方が、良好な関係を保ちやすくなります。特に遠方に住んでいて、年に1~2回程度しか帰省しない場合は、必ずおみやげを持参するようにしましょう。

では、歩いて行けるほどの近い距離に義両親が住んでいて、頻繁に行き来する場合はどうでしょうか。このような場合、毎回おみやげを持参するのは大変なので、お盆やお正月といった節目にだけおみやげを渡すくらいで良いと思います。

ただし、子どもをしょっちゅう預かってもらっている、いつも何かしらおすそわけをしてもらっているという場合は、簡単なお礼をした方が良いでしょう。かしこまったものじゃなくてもかまいません。「ありがとう」の気持ちが伝わるちょっとした贈り物をすると喜ばれますよ。

 

義実家に帰省する際のおみやげの選び方は?


義実家へ持っていくおみやげは、どのような点に注意したらいいのでしょうか。義両親から「せっかくいただいたけど、いらない」と思われないよう、ポイントを押さえたおみやげ選びが大切です。

よほどのことがない限り、おみやげには食品を選ぶようにしましょう。趣味ではないものや処分に困るものを贈るのは、相手の迷惑になってしまいます。「消えもの」と呼ばれる食品が、おみやげにはベストです。

 

【義実家へのおみやげの選び方1】義両親が好きなものを事前にリサーチ

事前に義両親が好きなものをリサーチしておくと、おみやげ選びに困らないうえ、確実に喜んでもらえるためおすすめです。「好きなものを覚えていてくれた」と、義両親からの好感度もアップ!

例えば、甘いものが嫌いな義父にケーキやおまんじゅうなどを贈るのはNG。おせんべいやお漬物などの方が喜ばれるでしょう。お酒が好きな義両親には、地元の地酒をおみやげにしてはいかがでしょうか。なかなか手に入らない地方の地酒は、ポイントが高いです。話のタネにもなりますね。

 

【義実家へのおみやげの選び方2】日持ちするものが無難

持参したおみやげをすぐに食べるとは限りません。特にお盆やお正月の時期は来客も多く、他の親戚からいただいたおみやげが既にたくさんあるという場合も。そのような状況を考えると、常温で保存できて日持ちするものの方が喜ばれるでしょう。

生菓子や果物など日持ちのしないものは、季節によってはすぐに傷んでしまったり、場合によっては食中毒の危険もあったりと何かとリスクがあります。また、冷蔵庫がいっぱいでおみやげを保管する場所がない場合もあるので、そういった意味でも常温保存でき、日持ちするものの方が無難です。

 

【義実家へのおみやげの選び方3】食べきれない量はNG!

他の親戚が大勢集まるタイミングで帰省する場合は、念のためおみやげの量を多めにした方がいいでしょう。しかし親戚が集まる予定もなく、義両親ふたりだけ、もしくは義父か義母だけの場合は、たくさんおみやげをもらっても食べきれず、困ってしまいます。

少なすぎるのも寂しいですが、賞味期限内に無理なく食べきれる量のおみやげを選ぶと良いでしょう。

 

【義実家へのおみやげの選び方4】食べやすい個包装が便利

バウムクーヘンやパウンドケーキ、ホールケーキなど、そのままの状態のお菓子は、切り分けたりお皿を用意したりと何かと手間がかかります。その点、個包装のものなら、そのまま出せるので便利です。親戚が集まっている場合は、おみやげとして持ち帰ってもらうことも。手も汚れにくいので、お子様にもいいですね。

 

義実家へのおみやげは、相手のことを考えながら選んで


義実家に帰省する際のおみやげの選び方をご紹介しました。義実家に持っていくおみやげは、必ずしも流行しているスイーツやデパ地下の高級焼き菓子である必要はありません。義両親のことを思いながら、今回ご紹介したポイントを押さえておみやげを選べば、きっと喜んでもらえることでしょう。義実家に帰省する際には、ぜひこの記事を参考にしながら、とっておきのおみやげを選んでくださいね。

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加