スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

気になる「オンラインウェディング」!メリットとデメリットは?



いま、結婚式の新しいスタイルとして注目を集めつつあるのが「オンラインウェディング」です。新型コロナウイルスによる感染症の蔓延により、多くの人々が集まる結婚式で3密を避け、オンラインで行おうというカップルが増えてきました。「オンライン結婚式」や「リモ婚」、「Web結婚式」などと呼ばれることもあります。

これから選択するカップルがもっと増えて行くと思われるオンラインウェディングですが、もちろんメリットがあればデメリットもあります。そこで今回はオンラインウェディングのメリットとデメリットにスポットを当ててご紹介します。

 

オンラインウェディングのメリットとデメリットをチェック!


オンラインウェディングは、自宅や結婚式場などで少人数で結婚式をし、その様子を離れた場所にいる親戚や友人にオンラインで中継するというもの。その場にいなくても結婚式にリアルタイムで参列できたり、メッセージを送ったり。

オンラインウェディングの形は、会場やプロデュース会社、そして結婚式を挙げるカップルによって実に多種多様ですが、共通して言えるのは「リモート会議ツールなどを活用する」ということでしょう。

そんなオンラインウェディングならではのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

【オンラインウェディングのメリット1】感染症対策ができる

ますはオンラインウェディングのメリットから。最も大きなメリットは「感染症対策ができる」ということではないでしょうか。多くの人々が集まることを避けるのは、それだけで感染症の拡大を防ぐことに繋がります。

感染者の多いエリアでの結婚式に参列する方や、感染者の多いエリアから参列される方、ご高齢の方や持病のある方など、さまざまな事情を持つ方達が安心して結婚式に参列することができるのです。感染症は心配だけど結婚式は諦めたくない、そんなカップルにおすすめのスタイルと言えるでしょう。

 

【オンラインウェディングのメリット2】遠方の親戚や友人も呼びやすい

通常の結婚式では、遠方の親戚や友人が呼びにくいケースがあります。遠方からのゲストは宿泊が必要になるケースがあり、新郎新婦側が交通費やホテルを用意していても、都合がつかない可能性も。また、ご高齢の方の場合は、遠距離の移動そのものが難しいケースがあります。

しかしオンラインウェディングであれば、オンライン環境さえ整っていれば距離の問題は全てクリアすることができます。遠く離れた友人や、大切な祖父母に、自分たちの晴れ姿を見てもらうことができるのです。これはとても嬉しいメリットではないでしょうか。

 

【オンラインウェディングのメリット3】コストを最小限に抑えられる

オンラインウェディングでは、ゲストの多くがオンラインで参加することになります。また自宅で開催したり、式場では新郎新婦と家族だけ、という形を取りやすいのも特徴です。そのため、通常の結婚式と比べてコストを大幅に抑えることができるのです。

 

【オンラインウェディングのデメリット1】インターネット環境が必要

続いてはオンラインウェディングのデメリットです。オンラインで結婚式をおこなうことの最大のデメリットは「インターネット環境が必要」ということにあるでしょう。今は誰でもスマホくらい……と考えてしまいがちですが、インターネットの環境がないゲストがいる可能性があります。

家族が利用していてインターネットはあるけど、パソコンやスマホが使いこなせない、そんなご高齢の方も少なくありません。オンラインウェディングをおこなうことで参加できなくなるゲストがいる可能性を考慮し、結婚式の前後に何らかのフォローをすることをおすすめします。

 

【オンラインウェディングのデメリット2】通信の状態が心配

リモート会議などの際、通信の状態が悪くてうまく会議が進まない――そんな経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。オンラインウェディングも同様の心配があります。回線だけではなく機器の不具合も恐いところ。

また、新郎新婦の会場側だけではなく、オンラインで参加するゲスト側の回線が調子が悪いときも、会話の途中で途切れてしまったり、タイムラグが発生してしまったりと、結婚式の進行に影響が出る可能性があります。

しかしそれらのトラブルもオンラインウェディングならでは。トラブルも笑い話に変えつつ、演出のひとつのように受け入れて結婚式を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【オンラインウェディングのデメリット2】ご祝儀はどうする?

オンラインウェディングでご祝儀をどうするのか、気になるところではないでしょうか。ご祝儀の受け渡しに関しては、さまざまな方法があります。

「現金書留」や「プロデュース会社が用意した決済システムを利用」するといった方法が取られるケースが多いです。後者はカード決済であったり、オンライン決済であったりとさまざまな方法がありますが、やはり環境によっては利用できないゲストがいる可能性も。そういった場合にはどうするのか、事前に両家やプロデュース会社などとしっかりと話し合い、ゲストにもご祝儀の受け渡し方法について承諾してもらうようにしましょう。

 

家族挙式でも「友人からのおめでとうLIVE」ができる!


オンラインウェディングについてメリットとデメリットをご紹介してきましたが、どんな形でのオンラインウェディングにするかによって、メリットやデメリットは増えていきます。天気やパーティーの雰囲気など、オンラインだからこそ「気にしなくていいもの」「気にするべきもの」はさまざまです。

また式場でおこなう場合は、対応が難しい式場もあることでしょう。オンラインウェディングをするのなら、しっかりと計画を立てて成功させたいですね。

「家族挙式」でも、「友人からのおめでとうLIVE」としてリモート会議アプリを活用する演出をご提案しています。親戚や友人とメッセージを多元中継するというものです。そのほかにも新型コロナ対策を掲げていますので、ぜひ家族挙式に相談してみてくださいね。もちろん、オンライン相談も可能ですよ。

 
<関連ページ>
【家族挙式】新型コロナ対策&新しい結婚式のカタチ
【家族挙式】オンライン相談のご相談