スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

長く使える物がオススメ!結婚指輪は素材にもこだわってみよう


長く使える物がオススメ!結婚指輪は素材にもこだわってみよう (Unicode エンコードの競合)

結婚式は1日で終わってしまいますが、結婚指輪は一生身に着けるとても大切なものです。2人が永遠の愛を誓った証ですから、結婚後どれだけ時間がたったとしても、いつまでもピカピカの状態で身に着けておきたいですよね。

そこで、購入した当時と同じような輝きと品質をキープし続けるためには、結婚指輪の素材にこだわる必要があります。

毎日身に着けるものですから、もちろんデザインへのこだわりも大切ですが、それと同時に長く使うものは素材へのこだわりを強く持って商品を選んで行くことが大切なのですね。

そこで今回のテーマは、「結婚指輪の素材」です。
アクセサリーはデザイン重視で選んできたという人も、結婚指輪に関しては素材も重視して行きましょう。

一生ずっと身に着けるものですから、多少お金がかかっても仕方ありません!
また、今後買い替えたりメンテナンスを頻繁に行う必要がなければ、買うときに出費が大きく感じられたとしても長い目で見れば結果的に安上がりになります。

さて、良い状態で長く使い続けるためにはどのような素材の結婚指輪を選べば良いのでしょうか?一緒に確認していきましょう。

 

結婚指輪の素材で一番人気はどれ?

プラチナ、シルバー、ゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドなど、結婚指輪には色んな素材がありますが、果たして一番人気は何の素材なのでしょうか?

ずばり結論から申し上げると一番人気は、プラチナです。どうして良いのかはハッキリ分からないけれど、とにかく「プラチナは素晴らしい」や「結婚指輪と言えばプラチナ」というイメージをなんとなく持っている人も多いですよね。

ジュエリーショップの店員さんに強く勧められたとか、両親がプラチナの指輪をしていたからという理由でプラチナの結婚指輪を選んでいる人も少なくありません。

定番デザインを好む人は、やはり周りと同じように定番のプラチナ素材をお選びになるようですね。とてもいい選択だと思います。

また結婚指輪にファッション性を求める人は、ピンクゴールドやホワイトゴールドなどを選ぶ傾向があるようです。

これらの素材はシンプルな普通の結婚指輪では物足りない!自分のファッションに合わない!などのこだわりがある人に特に人気です。

カジュアルな服装にもしっくりと馴染みますし、オリジナル性もアップするので、一目置かれる存在の指輪になることが出来ます。

特にピンクゴールドは暖色系の色味が女性らしさを引き立たせるということもあって、特にガーリーなファッションやメイクが好みの女性に人気です。

 

結婚指輪の素材を1つ1つ確認していこう

それでは、結婚指輪の素材を1つ1つ確認していきましょう。それぞれにメリットとデメリットがあるので、今後の結婚指輪選びの為にもしっかり確認していきましょう。

 

定番素材!プラチナ

日本人から絶大な支持を得ている「プラチナ」は、光沢感のある魅力的な輝きと、宝石としての強度が高いので指輪に加工しても、変色・腐食がしないと評判です。

酸やアルカリにも強いので、プラチナの結婚指輪なら温泉に入っても変色しないのも魅力ですよ。

また、結婚指輪はあまりつけ外しをしないので、家事や・入浴などの最中に色んな負荷がかかってしまいます。

けれども、プラチナなら耐久性に優れているので、ずっと着けていても傷や変色が気になりません。

長年身に着けることを考えれば、プラチナに勝る素材はないと言っても過言ではないでしょう。
結婚指輪の素材で迷ってしまった方は、ぜひプラチナをお選び下さい。

プラチナにデメリットはあまりない様に見られますが、唯一カップルたちを悩ませるのはその「価格」ではないでしょうか。
素材として価値の高いものですので、どれだけシンプルなものでもある程度費用が掛かってしまいます。

結婚後何十年先までも使うと考えると、後々のことまで考えると確かにそこまで高いものではないかもしれませんが、ただでさえ出費の多い結婚イベントの中では、そこまで結婚指輪に予算を回せないカップルも多くいます。

しかも、新婚旅行などと違って時期をずらすこともできず、結婚式で必ず必要なものですので、予算の面でデメリットに感じるカップルがいるのは確かです。

 

最近急増!パラジウムとチタン

最近のアクセサリーで増加傾向にある素材としては、パラジウムとチタンが挙げられます。

確かに強度も高いですし、価格もプラチナに比べると非常に抑えられますが、すり減ってしまうというデメリットがあります。

価格は魅力的ですが、結婚指輪がすり減ってしまうなんて、考えたくもありませんよね(笑)

そもそもパラジウムはプラチナよりも軽い素材ですし、チタンはアレルギー体質の人でも問題なく使うことができるので、最近は指輪だけでなくピアスやイヤリングにもたくさん使われています。

これらの素材はプラチナに比べて宝石としての価値は低いので、普段使いのジュエリーとしては良いですが、一生身に着ける結婚指輪としてはあまりオススメできません。

ただ、予算の都合や金属アレルギーのことなどがある方にはおススメの素材です。
すり減ってしまうというのは気になりますが、あらかじめお互いに相談しておき、結婚〇〇年ごとに買い替えるというつもりで揃えるのもいいですね。

普通は結婚指輪と言えば一生ものの買い物で、ずっと同じものを付けていくものですが、二人で決めた記念日ごとに買い替えるというのも面白いアイデアです。

 

女性に大人気!ピンクゴールド

女性に人気の結婚指輪の素材として、最近オーダーが急増しているのがピンクゴールドです。あたたかみのある優しい輝きと可愛らしい雰囲気が、オシャレ女子から絶大な支持を受けています。

ガーリーなファッションはもちろん、意外にもカジュアル系や清楚系など、どのファッションスタイルにも合うので、結婚指輪としての使い道は確実に広がって行くでしょう。

ピンクゴールドは、金に銅を混ぜ込んだ素材で強度は抜群ですが、加工しにくいというデメリットがありますので結婚指輪を作る際にはお気を付け下さい。

また大きなデメリットとしては、銅が含まれているので変色しやすいという点です。プラチナと違ってピンクゴールドは、温泉に入る時は必ず外すようにしましょう。

せっかくの結婚指輪が台無しになってしまう可能性がありますので、要注意です!

 

指にしっくり馴染む☆イエローゴールド

指にしっくり馴染むことで評判なのは、イエローゴールドです。プラチナやゴールドに比べて比較的肌馴染みが良いので、毎日のファッションにも合うでしょう。

日本ではプラチナのようなシルバーカラーの結婚指輪は一般的のように見えますが、実は欧米ではイエローゴールドが主流だったりします。その理由としては、やはり肌なじみの良さと、伝統的だからということが挙げられます。

結婚しても年をとっても、海外の女性はいつでもファッションに敏感です。そんな彼女たちがこぞってつけるイエローゴールドの指輪は、特にクール系のファッションが好みの方に大人気です。

結婚指輪の素材としての実力はいかがなものかと申しますと、金ですから変色には強くなっています。けれども、純金度が高まるほどに強度が弱くなるというデメリットも持ち合わせています。

極端にもろくなることはありませんが、ジュエリーショップの店員さんがオススメするのは、やはり18金以上の結婚指輪のようですね。

一生に一度購入する結婚指輪ですから、あまり雑味が加わっていない、質の良い素材で作ることをオススメします。

 

ホワイトゴールドもオススメ!

ホワイトゴールドは光沢があり、優しい色合いで非常に人気の素材ですが、メンテナンスが必要なちょっと難しい素材でもあります。

実は、イエローゴールドにパラジウムなどを施したのがホワイトゴールドで、剥げてしまいやすいというデメリットがあるのです。

ですから注意して扱わなければ、せっかくの結婚指輪が傷ついたり、剥げてしまったりする原因になってしまうのです。

ホワイトゴールドは家事をよくする女性の方や、仕事上手先をよく使う方には、あまりオススメ出来ない素材です。

家事をするたびに、結婚指輪を外してまたはめて…としているといつの間にか指輪をなくしてしまったり、つけなくなったりしてしまいそうですね。
かといって、指輪がすぐに傷つくのも避けたいところです。

よって、ホワイトゴールドを結婚指輪の素材に選ぶのは、あまり良くないと言えるでしょう。しっかり吟味して選んでいくようにしてくださいね。

 

実録!この素材を選んで良かった、後悔している体験談

  • 外すのを忘れて結婚指輪をしたまま温泉に!でも、プラチナだから安心だった。
  • ピンクゴールドにして家事をしたら、すぐに傷ついた。
  • ホワイトゴールドの素材でできた結婚指輪を着けて温泉に入ってしまった。見事、変色した。
  • ピンクゴールドは細かな傷がたくさんついて、お手上げだった。
  • プラチナは、本当に強固な素材だった。

と、結婚指輪の素材に関する体験談としては、やはりこれまでまとめてきた通りプラチナ以外は変色や傷がつくことを防げないようです。もちろん常に気を配っておけばよいのでしょうが、実際は毎日身に着けるものに四六時中気を遣うこともできないものです。

逆に、プラチナで作ったカップルたちはその強い素材に助けられた場面も多いようです。筆者もプラチナで作り、毎日つけっぱなしで家事もしていますが、何年たっても輝きが衰えることがありません。

 

いかがでしたか?

以上、良好な状態で結婚指輪を使うために知っておきたい「結婚指輪の素材」をご紹介いたしました。

やはり多くの皆さんが使っているように、一番のオススメはプラチナです。プラチナはとても強度が高いので、安心して使うことが出来ます。

次にお勧めできるのは、欧米で人気のイエローゴールドでしょう。純度が高くなればなるほど強度が弱くなりますが、18金以上の質の良いものをぜひチョイスしてくださいね。

またホワイトゴールドやピンクゴールドなど、アクセントを効かせたオシャレ素材も人気ですが、傷がつきやすい変色しやすいというデメリットがあるので、素材の性質をしっかり理解しておきましょう。

一生に一度購入する大切な結婚指輪ですから、しっかりと吟味して納得いくものを購入してして下さいね。ファッションだけでなく素材にこだわって選ぶ方が、後々ショックを受けたりすることがありません。

ぜひ、皆さんの結婚指輪選びの参考にして頂ければと思います。