スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

家電は一つあればOK!安い家電回収業者を見つけてスッキリ処分


家電は一つあればOK!安い家電回収業者を見つけてスッキリ処分

独身時代にお互いに一人暮らしをしていると、それぞれの家に冷蔵庫や洗濯機、掃除機など、暮らしていくのに必要な家電は一通り揃っていますよね。

けれども、結婚を機に二人暮らしをスタートすることになるとどうしても、被ってしまって不必要な家電が出てくるものです。

自宅の中に冷蔵庫や洗濯機を2つ置いておくスペースを確保するのは無理がありますし、場所だけでなく経済的にもエコではありません。

また、それぞれの家電が一人暮らし用のコンパクトすぎるものだとか、年数が経っている場合は、結婚を機にファミリー用の家具に買い替えるカップルも多くいます。

「あの冷蔵庫が欲しいなぁ」「彼の自宅にあった洗濯機を使おう」などと、新たな家電購入や、元にあったもののうちどちらが使っていたものを今後も使うかなど、使い回し方法を考えている人はいるものの、使わない家電を処分する方法まではなかなか頭が回らないこともあります。

そして家電は意外と捨てるのが大変で、いつでも気軽にごみの日に出せる…というものでもありません。

使わなくなったものは、ルールに従ってきちんと処分しなければいけません。自治体によっては決められた日に無料で回収してくれるところもありますが、有料のところや、そもそも回収をしてもらえないところもあります。

まずは自分の住んでいる自治体がどのようなシステムになっているのか調べてみましょう。

それでも実際は、自治体が引き取ってくれる場合でも日が限定されていて引っ越しの予定と合わないことも多く、結局業者に頼むことになるカップルがほとんどです。

そこで今回は、絶対に役立つ「安い家電回収業者」をまとめてみました。不必要な家電はお得にスッキリ処分して、新たな生活をスタートさせましょう。

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

私達、こんな状況で家電回収業者を利用しました

家電回収業者を利用した人には、どのような事情があったのでしょうか?過去に利用した人の意見をまとめてみました。

  • お互いに一人暮らしだったので、不要な家電がたくさんあった。
  • 不要なものはなるべく友達に譲るようにしたけれど、結局いくつかの家電が残ってしまった。
  • 家電の処分方法がわからなかった。
  • 家電処分の方法を調べたら、すごく面倒だったので専門の回収処分業者にお願いした。
  • 引っ越し前はバタバタしていたのでまとめて引き取ってくれる業者にお願いした。
  • 周りの友人が、家電回収業者を利用していてすごく便利そうだった。

このように、いざ不用品が出てしまったときには案外どう処分して良いかわからず、とりあえずまとめて処分できる業者にお願いする方が多いようです。

不用品が出るとわかってはいても、多くの家電は引っ越す直前まで使用するものですし、処分はどうしても引っ越し日直前になります。そうなると、みなさん取りあえず業者さんに来てもらって回収してもらう、という手段を取っているのです。

しかし、せっかくならばお金を支払って回収してもらうよりも、買い取ってもらえた方が良いに越したことはありません。また、最近ではネットオークションなどで個人間で受け渡しをすることも増えています。

様々な処分方法を見ていきましょう。

 

不用品はまず買い取り業者に査定してもらおう

結婚を機に不要になる家電のほとんどが、引っ越し前まで問題なく使用できていた、家電としての機能を失っていないものではないでしょうか。

まだ使える冷蔵庫・洗濯機・空気清浄器などを、何も考えずに処分してしまうのは、非常にもったいないことです。価値のあるものを捨ててしまうだけでなく、回収費用を取られてしまうことが考えられます。

もし、処分品の中に中古品として買い取って貰えるものがあれば、それが一番お得で効率的なことですよね。また、回収・処分・買い取りの3つの作業を一度にして貰えるのであれば、それが一番楽で良い方法だということです。

買い取り業者は全国に沢山ありますが、おすすめの業者をご紹介します。

 

家電買取は株式会社エンタープライズへ

世界的な大手Eコマースである「Amazon」のアカウントで簡単に申し込める「買取センター」、そして家電の買取で人気の「家電高く売れるドットコム」は、どちらも上場会社の株式会社エンタープライズが運営しています。

家電は本やCDの買取とは違って、持ち込みがしづらいのですが、「買取センター」「家電高く売れるドットコム」は全国各地へ出張買取のサービスを行っています。

北海道・沖縄や北陸エリアなど出張買取ができないエリアも無料の宅配買取があるのがありがたいですね。

買取センターは、査定や宅配にかかる送料だけでなく、宅配買取の際は梱包材なども無料で手配してもらえるという特徴があります。また支払いはAmazonギフト券か現金から選べます。

家電高く売れるドットコムでは、お客様満足度が高く何と99.7%ものお客様がまた利用したい!と答えているのです。

その理由の中には、「こんなに古いものでも売れるのかな?」と思う様な中古品や傷のある家電でも査定してもらえるという理由の他、スピードも速く引っ越し前の忙しい時期に嬉しいというものもあります。

買取センターのURLはこちら
家電高く売れるドットコムのURLはこちら

 

個人間の受け渡しはどんどんポピュラーに

インターネットが普及しだしたころから、インターネットオークションが人気を集めていましたが、最近では「メルカリ」や「ジモティ―」など、更にお手軽に不用品の受け渡しが行えるサイトが流行しています。

個人間の受け渡しは商品がちゃんと受け取れるのか、お金がちゃんと支払われるのか、と不安が付きまとうものですが、メルカリでは、間にメルカリが入るため安心ですし、ジモティ―では代引きや直接引取りに来てもらう方法などでやり取りができて安心です。

 

とにかく早く処分したい場合は回収業者が

以上のように、不用品でも買い取ってもらえるサービスをご紹介しましたが、結婚式や入籍の準備が忙しく、その上引っ越しの準備までしなければいけない未来の新郎新婦は、忙しくてじっくり査定してもらったり広告を掲載するような時間がない場合があります。

そんな時に役立つのが家電回収業者です。家電回収業者はエリアに特化した業者が多いのですが、そのうちのおすすめ業者をご紹介します。

 

東京・大阪なら One UP(ワンナップ)

査定時の電話対応がわかりやすいと好評で、クチコミの評判がとても良いのがOne UPです。回収料金が相場より安めに設定されているだけでなく、実際にどうすれば最安値で回収できるかをスタッフの方が真剣に考えてくれる、ありがたい業者です。

エリアは首都圏の東京・神奈川・千葉・埼玉と、関西の大阪・兵庫が対応しています。

One UP(ワンナップ)のURLはこちら

 

エコにも力を入れているエコランド

One UPと同じく、首都圏エリアと関西(大阪・兵庫)で展開しているエコランドは、ただ回収するだけでなく、資源を無駄にしない「エコ回収」を行っています。

エコ回収とは、スタッフがあなたに代わって不用品を回収し、それを国内外で中古販売したり、専門の業者に買い取ってもらったりしてリユースを推進するサービスです。

リユースできた場合は、回収金額がキャッシュバックされるという嬉しいシステムで、その費用をそのまま寄付することもできます。

不用品を回収してもらってすっきりするだけでなく、社会貢献もできるなんて気分の良い回収サービスですね。

エコランドのURLはこちら

 

日本全国対応 ハヤブサ

上述の業者が首都圏・関西エリア対応だったのに比べ、ハヤブサはなんと日本全国に対応しており、価格がとても安く、サービスも充実していると評判の良い口コミが多い業者です。

エリアによっては即日対応が可能な上に、出張費が無料という嬉しいサービスもあります。即日対応については、状況によりますので事前に問い合わせて確認しましょう。

ハヤブサのURLはこちら

 
いかがでしたか?

以上、安い家電回収業者を厳選してご紹介しました。

首都圏や関西圏を対象にした業者は対応エリアに位置する人には絶対チェックしてほしいところですし、対応エリア外の方でも、全国区に対応している業者をぜひ利用してみてくださいね。

使わなくなった家電をただ処分しようとすれば、回収費用がかかってしまうだけですが、上記のような業者に問い合わせると回収費用がお得になるだけでなく、中古品として売れるものを買い取って貰うこともでき、無駄なくお得に新生活のスタートが切れるでしょう。

同じ家電は一家に1つあれば大丈夫です!二人暮らしで部屋が広くなるとはいえ、お部屋のスペースは限られています。無駄なものを置いてスペースを取るなんてもったいないですよね。必要のないものを減らして、スッキリとした環境を整えていきましょう。

ぜひ今回ご紹介した家電回収業者のホームページをもう1度確認して、自分の状況に合った家電回収業者を選んで下さい。

きっとお部屋の中がもっとスッキリして、快適に新しい生活を始めることができるようになるでしょう。