スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

新婚っぽい朝食 旦那さんが食べたい人気メニューランキング!



私たちの多くが、栄養を取るため毎朝何かしらの朝食を食べていますが、新婚カップルにとって朝食は食べる以外に「結婚したことを実感する場」でもあります。ふたりで一緒に食べる朝食に憧れを抱く独身男性も少なくありません。

だからこそ、新婚生活の象徴とも言える朝食作りには気合が入りますよね。そこで今回は、既婚者の朝食事情や旦那さんが食べたい朝食メニューなど、新婚カップルが食べる朝食に焦点を当ててお話をしていきます。

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

新婚っぽい朝食って、どんな朝食?


「新婚っぽい朝食」と言われてもパッとどんな朝食かはなかなか思い浮かばないものです。夫婦の朝食事情や男性が理想とする朝食から新婚っぽい朝食とはなにかを探っていきましょう。

 

実際の新婚生活 みんなの朝食事情は?

新婚生活の夢や理想はあるけれど、実際のところ夫婦の朝食事情はどうなっているのでしょうか。

ゼクシィが既婚女性にふたりで食べる朝食のメニューについてアンケートを取ったところ、1位となったのが「洋食系」という回答。2位以降は、「和食系」「単品メニュー(おにぎりなど)」「前日の残り物」「お手軽食(シリアル食品など)」と続いています。

独身時代は、シリアル食品のような準備に時間のかからないもので済ませていたという人もいるかもしれませんが、今回ご紹介したアンケートでは、1位、2位が「洋食系」「和食系」となっており、しっかりと朝食をとる夫婦が多いことがわかりました。

<参考> セキララゼクシィ/一緒に食べる?新婚夫婦の朝ごはん事情!

 

理想の朝食はパンよりも断然ごはん!

先ほどのアンケートでは、実際に食べているのは和食よりも洋食の方が多かったですが、理想の朝食という観点でみるとどうなのでしょうか?

マイナビウーマンによる、独身男性が彼女や奥さんに作ってほしい理想の朝食というアンケートによると、7割を超える人が、パンよりもご飯が食べたいという結果になりました。

回答がパンとご飯という2択のアンケートなので、先ほどのアンケートと同じ条件ではありませんが、彼女や奥さんに作ってもらいたいという視点で朝食を見てみると、洋食よりも和食を選ぶ男性の方が圧倒的に多いようですね。

<参考>マイナビウーマン/独身メンズに「理想の朝食」をドラフトしてもらった

 

新婚っぽい朝食って?

では、新婚っぽい朝食というのはどんな朝食なのでしょうか?料理という観点でみると “手の込んだメニュー”というのがひとつのキーワードとなりそうです。

自分ひとりで朝食を食べるときは、前日の残りものやシリアルなど簡単に用意できるものを食べてしまいがちですが、パートナーと一緒に食べるとなると手の込んだ料理を作るという人も多いと思います。

一人暮らし時代で食べていたときよりも手の込んだメニューが並ぶと、改めて結婚したんだなという新婚っぽい雰囲気を感じることができますよね。

ただ、独身時代から考えると、夫婦で一緒に朝食を食べること自体が新鮮で、新婚っぽい雰囲気があるので、必ずしも手の込んだメニューでなかればいけないかというと、そうではありません。

平日の朝は仕事や家事などで忙しい人も多いですから、ふたりで朝食を食べるだけでも新婚っぽい雰囲気は味わうことができるでしょう。

 

和食派、洋食派 朝食ではどんなメニューを出せばいいの?


前述したアンケートによると、一般的には朝食は和食派という男性が多いようですが、旦那さんが必ずしも和食派とは限りませんよね。和食と洋食それぞれ、どんなメニューを出せばいいのか見ていきましょう。

 

和食派に欠かせない、ご飯とお味噌汁

和食派ならば、炊きたてのご飯にお味噌汁は欠かせません。とくにお味噌汁は、家庭料理の定番とも言える存在です。

しかし、ひとえにお味噌汁といっても具材や出汁、味噌の種類で味は全く異なります。実家でどんなお味噌汁が出ていたか、好きな具材は何か、パートナーの好みに合ったものを出すと喜ばれますよ。たかがお味噌汁されどお味噌汁、心を込めて作りましょう。

ただ、和食は洋食に比べると準備が大変というイメージを持っている人も多いかもしれません。確かにお味噌汁を出汁からとるとなるととても手間がかかりますが、具材と味噌を一食分にまとめておく「味噌玉」を用意しておくと大幅に時短ができます。

朝はどうしても忙しくなりがちですから、手の込んだ料理を作ると負担が大きくなってきてしまいます。時短も考えつつ、料理を出せるようになると良いでしょう。

 

洋食派の定番メニュー

洋食派といえば、パンや卵料理、サラダなどが定番のメニューです。とくに卵料理は、スクランブルエッグ、オムレツ、ポーチドエッグなど、様々なメニューがあるので、旦那さんの好みに合わせて作ってあげると喜ばれますよ。

休日、ゆっくり時間の取れる朝食であれば、フレンチトーストやちょっと贅沢にパンケーキを取り入れるのもおしゃれですね。

 

結局、旦那さんの食べたい朝食メニューを作るのが一番!


一般的には、朝食には和食が食べたい男性の方が多いようですが、最も喜ばれるのは、旦那さんが食べたいメニューを出すことです。なかには、どうしても朝は和食が食べたいという人もいますし、逆になんでもOKという人もいますからまずは直接聞いてみるといいでしょう。

ただし、好きなメニューばかり出すというのはあまりおすすめしません。栄養バランスが偏りがちになってしまうのはもちろんですが、同じものがずっとでてくると飽きてしまうことも考えられます。

和食が良いということであれば、味噌汁の具材や魚の種類を変えたりと、同じメニューでも毎日飽きずに食べることができる工夫をするといいでしょう。

 

新婚生活を彩る朝食の時間を大切に!


共働きの世帯はとくに平日の朝は忙しく、バタバタしてしまいがち。

あまり張り切りすぎると折角の幸せな時間が憂鬱な時間になってしまいますから、無理なくふたりで朝食の時間を取ることを優先しましょう。その代わり、休日はゆっくりふたりで朝食を楽しむ時間が取れると良いですね。
こだわり過ぎず、お互いに楽しみながら新婚生活の朝に彩りを加える朝食の時間を作ってみてはいかがでしょうか。