スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

男性が結婚を意識する瞬間はどんなとき?



結婚に至るまでには、さまざまな「パターン」があります。「恋愛結婚」や「お見合い結婚」、近年は「交際0日婚」や「友達婚」という結婚も増えてきています。しかしどんな結婚の形にも、必ず「結婚を意識する瞬間」があるもの。「この人と結婚をしてもいい」と思ったからこそ、結婚に繋がっていきます。

では、「結婚を意識する瞬間」にはどんなものがあるのでしょうか。男性と女性では、それぞれ結婚を意識する瞬間が異なります。もちろん男女で共通するものもありますが、カップルの数だけ、バリエーションもあると言えるでしょう。

そこで今回は、男性が「結婚を意識する瞬間」について、数多くあるなかからいくつかピックアップしてご紹介します!

 

男性が結婚を意識する瞬間は?経済面の安定と、精神面の安心感!


男性が結婚を意識する瞬間はさまざまで、経済面の安定と、精神面の安心感が多く見られます。とくに経済面の安定については、日本に古くからある「一家の大黒柱」を意識しているものも多くあります。「結婚したいから結婚する」のはもちろんですが、「結婚して生活できるかどうか」もまず念頭にあるようです。

精神面の安心感については、長い年月を一緒に暮らしていくうえで、とても大きなポイント。「一緒に生きていけるか、暮らしていけるか」と考えたときに、どんなパートナーなら「大丈夫」と思えるのかによって、結婚を意識するかどうかが変わってきます。

 

仕事と経済力が安定!結婚して家族を養える力がついたとき

男性が結婚を意識する瞬間のひとつに、仕事と経済力の安定が挙げられます。いまは男女共働きも多いですが、やはり男性の経済力が大きなウェイトを占めているのも避けられない事実。経済的な安定がある程度得られた時点で「そろそろ結婚を」と考え始める男性も多くいます。

 

パートナーとの経済観念の一致や、仕事への理解が得られたとき

結婚はそれまで他人だったふたりが夫婦になり、長く一緒に暮らしていくということ。価値観の一致はもちろん、互いへの理解がないと、一緒に暮らしていくことが難しく感じてしまうケースも。そのため、パートナーとの経済観念の一致や、自身の仕事への理解が得られたときなどに、「この人となら一緒に生きていける」と結婚を意識することがあります。

逆に言えば、あまりにも浪費家であったり、仕事に一定の理解を示してくれなかったりする場合は、結婚を意識するステージに至らないことも。長い年月を共に過ごしていくのですから、結婚を意識する際には大きなポイントでもあります。

 

パートナーと一緒にいて当たり前、一緒にいて心地よいと感じたとき

これは男性に限らず女性でも言えることですが、パートナーと一緒にいることがとても自然で、当たり前のように感じたときに結婚を意識することがあります。また、一緒にいるだけで楽しく、笑顔が浮かんできてしまう場合も、「この人となら」と結婚を意識するきっかけに繋がります。

一緒にいることで心地よさを感じたり、これから先も一緒にいる様子を簡単に想像できてしまったり。そんなパートナーであれば、結婚してもずっと一緒にいることができると思えるのでしょう。

 

パートナーが見せる家庭的な一面や母性に、心が安らいだとき

パートナーがふと見せる家庭的な一面や母性に心が安らいだとき、男性は結婚を意識することがあります。家庭的な一面や母性には、さまざまなものがあります。

  • 手料理を作ってもらった、家事をしてくれた
  • 体調が悪いときに看病をしてくれた
  • ボタンを付け直してくれた
  • 細やかな気配りや、思いやりのある姿を見せてくれた
  • 辛いときには静かに一緒にいてくれる
  • 迷子や困っている人を、自然に手助けする

どんなことを「家庭的」「母性」と捉えるかは人によって異なりますが、上記はその代表的な例です。

 

周囲が結婚すると、自分もそろそろだと思い始める

結婚を意識する瞬間のひとつに、「周囲の結婚」が挙げられます。これは男性も女性も同じで、友人や同僚などが結婚をすることで、「自分も結婚していてもいい年齢だ」と認識します。また同様に、周囲に子どもが生まれたときにも同じように結婚を意識する男性も。「結婚もして、子どもがいる」という同世代の存在は、自身の結婚への意識を大きく変えるきっかけにもなるのです。

 

男性が結婚を意識する瞬間は人それぞれ!慎重な面も


「男性が結婚を意識する瞬間」をいくつかピックアップしましたが、もちろん人それぞれです。ピックアップしたものが当てはまる男性もいれば、全く別のきっかけで結婚を意識する男性もいます。経済面を重視する慎重なケースも多く、結婚に対しての責任感なども強く意識してくれるのはうれしいですね。

どんなきっかけであれ、共通しているのは「この人と結婚したい」「一緒にいたい」と思う気持ちです。男性も女性も、パートナーと暮らしていく将来を想像しながら、共に一緒にいたいと思える関係性を築き、素敵な結婚に繋げていけるといいですね。