アラサー女子必見!結婚に直結する恋の見つけ方4カ条 | 家族挙式のウエディング知恵袋

アラサー女子必見!結婚に直結する恋の見つけ方4カ条


Fotolia_91799106_Subscription_Monthly_M

アラサー世代の女性たちは、だんだんと仕事に慣れてきて責任のある職務を任され出してやりがいを感じられている頃ではないでしょうか。
または、ある程度仕事をこなすことができるようになり、次のステップに向けてどう動き出そうか考え出している頃かもしれませんね。

そして、キャリアプランと同時に気になってくるのが、プライベート面のプランだと思います。つまり「結婚」をどうするかという事に頭を悩ませる頃です。

もちろん、結婚というものはいつするか・誰とするかは個人の自由ですし、そもそも結婚する・しないというものも個人の考えによって左右されるため、どちらが正しいとは一概には言えません。

しかし、もし将来的に結婚したいと思うのならば、アラサー女子はそろそろ本気にならなければいけません。

日本の年齢至上主義もいかがなものかとは思いますが、現実的に見てみても将来子どもを持ちたいという思いがあるのであれば、急いだほうがいいかもしれません。

最近では、日本人の平均初婚年齢が上がっていることや医学の進歩もあって高齢出産も増えてきていますが、女性には子供を産める時間が限られています。

また、家を買ったり保険に入ったりと言うような大きな決断も未婚と既婚とでは変わってきますので、結婚したいけどいつできるのかな、という状態では決断を下しにくくなるのです。

とは言え、早く結婚を見据えたほうが良いのはわかったからといって、すぐに結婚できるというわけではありません。結婚は一人でできるものではないですし、相手が誰でもいいというわけではないですから当然ですよね。

そこで今回は、アラサー女子が結婚に向けて注意すべきポイントをご紹介します。

これまでいい相手となかなか巡り合えなかった人はもちろん、歳をとるにつれ出会いのチャンスが減ってきたり、意中の相手とうまくいかないことが増えてきたなと思う方はぜひ、今回の記事を参考にしてくださいね。

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

ドラマチックな恋愛を夢見ない

「結婚」がしたいならば、「恋愛」を夢見ないことも大切です。アラサーともなると自身はもちろん、相手も落ち着き出していくので、歯の浮くセリフやキザなシチュエーションはなかなか実現しません。

これから新しい世界に飛び込む10代や20代前半とは違って、アラサーになるとそうたやすく環境の変化は訪れないものです。また、たとえそういう状況になっても地に足のつき出したアラサー女子には、なかなか自分の環境をすべて捨ててまで恋愛に飛び込むようなことはできないですよね。

もし、アラサー世代の女性が本気で結婚したいと思ったら、「絶対、トキメキを感じる人、運命的な出会いをした人とじゃなきゃイヤ」という気持ちには、ちょっとフタをしてみましょう。

すると、普段はあまり意識していなかったような、周りにいる男性陣が結婚相手候補に挙がってくることもあるのではないでしょうか。

映画・ドラマ・漫画、今は恋愛バーチャルゲームのような世界もありますが、現実にはなかなか叶えるのが難しい夢だからこそ、エンターテイメントとして成り立っているのです。

アラサー世代になり「結婚につながる恋」を見付けたくなったら、そろそろ現実的にならなくてはいけないのかもしれません。

 

何が大切なのかを見極める

年収、職業、容姿、性格、価値観・・・理想の結婚相手の条件を挙げたらキリがないという人もいると思います。

若いころや、彼氏にしたい人の理想を考えた時には「とにかく見た目!」とシンプルだった人でも、ひとたび結婚を視野に入れ出すと「経済力もないと困る」とか「やっぱり性格がとびきり合う人でないと・・・」などと条件がどんどん増えてくるのです。

もちろん、二人で人生を歩んでいく相手となる人を選ぶので、条件が増えていくのは致し方ないかもしれません。

そんなたくさんの理想の条件の中でひとつだけしか選べないとしたら、どれを選びますか?

もしひとつしか選べない、となった時に選んだその条件こそが、自分にとって一番大切な条件になるのです。

安定した人生を歩みたい人は安定的な職業の男性を、自分の仕事を続けたい場合はサポートしてくれる優しい男性を、一緒に楽しい人生を送りたいと思う人は価値観の合う男性・・・というように、自分にとって何が大切なのかを見極めると、おのずと結婚相手に一番に求めるものが見えてきます。

こうして他の条件をいったん排除して、自分にとって譲れないポイントを持っている方を結婚相手としてふさわしいか考えると、結婚相手の範囲もグッと広がるのではないでしょうか。

 

まずは行動する

結婚につながる相手を探すのに、一番早い方法は結婚相談所に登録したり結婚パーティーに参加したりすることですよね。街コンのように気軽に参加できる婚活イベントなどもいいでしょう。

こういう活動を「婚活」と呼び、あっという間に認知度の高い言葉となりました。

このようなダイレクトな結婚に対してのイベントだけでなく、友人の結婚式や2次会も良い出逢いの場ですので、積極的に参加しましょう。感じのいい人がいたら、思い切ってコンタクトをとってみましょう。

2次会の出会いが人気の理由としては、どこのだれかわからない相手ではなくお互いが「自分の友人の友人」なのである程度素性がわかったり、友人経由でどんな人柄なのかを聞けたりすることが挙げられます。

その他、今までとは違う世界に飛び込んでみるのも良いですね。

習い事なども、例えば武道や格闘技系エクササイズ、フィッシング、カメラ・・・など男性会員が多いタイプのものを選んでみるのも出会いのチャンスが広がります。

いずれにしても、出会いを求めるのであれば、自分から行動することが大原則です。何もせずに「家と職場の往復の日々」から抜け出し、まずは行動を起こしてみましょう。

 

期間限定!?プライドを捨ててみる

婚活をする時にジャマをするのが「自分のプライド」という人も多いのではないでしょうか。

「婚活しないと結婚できないと思われるのはイヤ。そこまでガツガツしたくない。」
「男性から誘ってもらう形でないとイヤ。自分からアプローチするなんて考えられない。」
などと、心の中で思っている人は多くありません。

しかし、対面を気にするあまりにせっかくのタイミングを逃してしまうのはあまりにも残念なことです。

周りの人にどう思われるか、という事と人生の伴侶を見つけること、このどちらが自分にとって大切ですか?
おそらく人生の伴侶探しの方が大切になってくるでしょうし、そもそも周りはそこまで他の人のことについてみていません。あなたが思うほど相手は気にしていないものです。

自分の中で「今年だけは」というように期間限定でも構いません、少しだけ、素直な気持ちを口に出してみてはいかがしょうか?

素直な気持ちを表に出すことで、もしかしたら、新しい出会いや進展があるかもしれません。

あとで振り返って、「アラサーの頃にもっと素直になっていれば結婚できたかも・・・」と後悔だけはしたくないですものね。

 

いかがでしたか?

結婚に直結する恋の見付け方をご紹介しました。

結婚につながる相手と出逢うには、まずはこれまでの恋愛観やライフスタイルをちょっとだけ変えてみるのが良さそうです。

実はそれだけで、運命の人がごく身近にいることに気付けるかもしれません。
アラサー世代は女性として一番美しく輝いている年齢です。

素敵な相手を見付けて下さいね!

3月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加