スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

婚前旅行の意味は?おすすめエリアご紹介


Couple in Rome

聞き馴染みがあるが実は不思議な言葉:『婚前旅行』とは

『婚前旅行』とは文字通り、結婚を予定しているカップルが、実際の結婚を目前にして、2人で旅行に行くことを表す言葉です。この言葉を聞くと、『結婚をするぐらいのカップルって、普通は一緒に旅行をするものではないのか?』と考えてしまう人が多いでしょう。筆者もそう思います。

聞いたことがある言葉ではあるのですが、いざその文字を眺めてみると『?』という反応になりました。この、聞き馴染みはあるが少し不思議な言葉である『婚前旅行』を理解する為には、少し前の時代の結婚状況を理解する必要があります

 

晩婚化が進む日本。昔の結婚年齢はもっと若かった。

現在の日本では晩婚化が進んでいます。結婚をする年齢は、 内閣府の『平成27年版 少子化社会対策白書』を見ると、性別ごとの初婚平均年齢は2013(平成25)年で、男性は30.9歳、女性は29.3歳となっている。これは、1980(昭和55)年には、夫が27.8歳、妻が25.2歳だったので、年々上昇していることがわかります。実は、もっともっと遡るとその結婚年齢は更に若くなります。大正時代に行われた、近代日本の初めての国勢調査では、平均男性25.0歳、女性21.2歳でした。更に年齢が下がりました。この年令は平均です。実際には10代の女性の結婚もかなり多かったことが伺いかもしれません。更に遡り、戦国時代まで結婚の年齢を見ると、織田信長の妻だった濃姫が嫁いだのは14歳の時、豊臣秀吉の妻だった、高台院も嫁いだのは14歳の時です。

そして、戦国時代や江戸時代はもちろん、昭和の時代まで遡っても、結婚というのは当人達だけで決定できる事ではありませんでした。ドラマや映画等でも私たちはよく目にしますが、「親や家の思惑」が絡み合っていたのです。結婚相手を選ぶことはもちろん、自由にその相手と連絡を取り合うことはもちろん、会うことの自由もない時代が存在したのです

 

当時のカップル事情と婚前旅行の位置づけとは

img_trip_area_recommendation01

出典 http://bokete.jp/odai/365233

時が進んで私達の親の世代でさえも、結婚をする前の男女の関係というのは、現在結婚をしようとする男女の関係とは大きく異なっているのです。携帯電話がない時代で実家に住んでいれば、彼氏や彼女からの電話は家の電話に掛かってきます。お付き合いをする相手との交際状況やコミュニケーションは親に知られるのです。

その時代の父親像の代表格はアニメ巨人の星の「星一徹」です。逆らえば、ちゃぶ台が飛び、教育にはギブスが用いられます。そんな時代に、「ちょっと彼氏と旅行行ってくるね」と両親に言えた若い女性は少なかったでしょう。「彼女連れて泊まりでドライブ」へ行ってくるという息子は父親に張り倒されたかもしれません。よく聞く結婚するまでは純血はこの時代においても、まだ残っていました。

もう『婚前旅行』の背景にお気づきなのかもしれませんが、そんな時代に両親の赦しを得て、初めて結婚をするかもしれない相手と泊まりで旅行に行く、双方の家族を巻き込んだ一大イベントが「THE TRAVEL BEFORE MARRIAGE(婚前旅行)」なのです。英語で書くことにより、洋画のタイトルのように、その一大感が出ましたね。

 

そんな一大イベント『婚前旅行』の目的とは、当時とイマ

img_trip_area_recommendation02

出典 http://www.scoopnest.com/user/TelegraphMen/536848495672438785

そんな家族も巻き込んで大騒ぎの一大イベント:『婚前旅行』の目的は、言葉が生まれた当時と、今では当然異なります。まずは共通点から考えてみましょう。

それは、「THE ULTIMATE RELATIONSHP TEST(究極の関係性試験)」です。一生を伴にする相手の理解を深め、本当に結婚をしてもいいのか、理性的にも本能的にも確かめる機会を設けるのです。これは、当時も今も変わりません。

特に、両親の監視下に暮らしていた当時のカップルにとっては貴重な機会だったのです。「二人だけの24時間」を初めて体験できるのが、当時の『婚前旅行』だったのです。

しかし、一人暮らしの相手の家に通ったり、同棲生活をすることが多い現代において、その機会は日常でも確保できるようになりました。現代のカップルが婚前旅行をする意味合いとはどんなものがあるのでしょうか。

現代のカップルが婚前旅行をする意味や目的を筆者なりに考えてみました。

 

現代のカップルが敢えて『婚前旅行』をする5つの意味

img_trip_area_recommendation03

出典 http://howmanydaystillchristmas.net/blog/

よくあるブログタイトルのように「5」を付けることで、興味を持って頂けたのではないでしょうか。(筆者は彼女がいませんが)真剣に「これは婚前旅行だ。」と強く意識して、婚約相手や結婚を強く意識する相手と時間を伴にすることを考えると、とても意味深い旅にできるのだと、わかりました。その理由をお話しします。

1.トラブル時の反応や対応の確認

旅行にはトラブルが付き纏います。予定通りに行かない移動、思わぬ体調不良、盗難や紛失などの事件や事故。これらは旅行を楽しくする要素なのですが、緊急時には相手の素が出るものです。結婚後の長い人生を伴にする彼氏や彼女が、トラブルが起こった時にどのような反応を示し、どのような対応をするのか。これは確認しておいて損はない要素でしょう。

2.妥協できる相手かの確認

旅行とは妥協の連続です。既にお話したトラブルで思い通りに行かないということ以外にも、2人で旅行すれば、必ず希望の違いが出てきます。その時、話し合い妥協ができる相手なのか、そしてどのような提案をしてくるのかを確かめてみましょう

3.金銭感覚や忍耐の確認

旅行に行くとつい財布が緩みがちなのが旅行です。独身の内はどのようにお金を使ってもいいでしょう。しかし、結婚をするということは財布もともにするということです。僕がオススメするのは敢えて、旅行の予算を設定しましょう。二人で計画し、相手がその予算の中で(お酒が入ったとしても)我慢ができるのかを確かめてみましょう。

4.ペースの確認

旅行に行くということは、日常とは違う場所を移動し探検するということです。これは相手のペースを確認するのにうってつけの状況です。普段一緒に過ごす場所はどうしても相手がどのように行動するのかが予測可能なので、ペースということは意識することはありません。相手も慣れた状況の中であなたがどのペースを好むのか無意識にも理解しているでしょう。予測不可能な中で相手のペースを確認しましょう。シンクロするように歩くのが好きなのか、あなたを引っ張って歩くのが好きなのか、フォローするように歩き、付いて行くのが好きなのか。これは長い人生を伴に歩む中で、あなたが歩くペースを示唆してくれます

5.ステップアップ

結婚を強く意識する相手との旅行は、「最後の一歩」を踏み出す事に躊躇しているカップルにとっては大きなチャンスでしょう。「ただのカップルでの旅行」から「婚前旅行」にする、つまり彼氏・彼女から婚約者にステップするチャンスでもあるのでしょう。もしそうしたいのであれば、私のオススメは旅行に出発する前に、「相手の性格や人格のついて確認したいことはないか」、「聞いたり・打ち明けたいことはないか」、これらを事前に用意してから出発しましょう。少しの手間は掛かりますが、後ほどきっと役にたつでしょう。

 

婚前旅行に両親を敢えて巻き込み 新しい時代の「婚前旅行」をやってみる

img_trip_area_recommendation04

出典 https://pandaneo.com/category/family-camping/

『婚前旅行』の目的が時代の変化によって変わったように、『婚前旅行』の在り方も変化してもいいのではないでしょうか。例えば、敢えて両親を巻き込んでみてもいいでしょう。少し緊張しますが、大切な相手を育てた両親を知ることは、大切な相手を知る為の近道かもしれません。何より、結婚した相手はあなたの家族になる相手です。結婚という大きなステップを踏む前に、踏み出す場所を知っておく事は損にはならないでしょう。

現代の若者は両親仲がいいのが特徴です。私も母親とよく出かけます。相手もそうでしょう。相手の父親や兄弟も誘ってみて1泊の旅行に行ってみるのもいいのではないでしょうか。「本当に結婚間近だから、最後の確認をしたいの」、「みんな自然体で集まってみようよ」、という前提の元、両方の家族で集まってみることは新鮮な機会になるのではないでしょうか。

両親にとっても、新たな同世代の友人や、世代を超えた交流の機会になるのではないでしょうか。今、話題のAirbnbなどで、大きめの家を1泊でレンタルするのも面白いでしょう。少し奮発してリゾートに招待してみるのも面白いでしょう。結婚の先輩たちと24時間を伴にして、二人の将来をイメージしてみる。そんな婚前旅行があってもいいのではないでしょうか。

 

おすすめエリア~新しいことにチャレンジできる場所~

ここまでの記事の内容で、「婚前旅行」をしたい!と思われた方も少なくないでしょう。
ここからはオーソドックスな「二人での婚前旅行」を紹介します。

既にお話したように、相手のことをよく知りたい場合で結婚までに時間がある場合は、二人で何か新しいことにチャレンジできる場所がおすすめです

例えば、野外アクティビティにチャレンジする、海外旅行に自分たちの力で行く、キャンプをするなど…。これまでに体験したことの無いことをする過程で、相手の新しい一面を垣間見ることが出来ます。それによって相手のことを惚れ直したり、更に好きになったりすることもあるでしょう。海外で、英語をうまく話せて頼りになった!や、キャンプ場で手際が良くて惚れ直した!など、様々なポイントで相手にアピールできる絶好の機会です。

また、普段同棲をしていない二人であれば、相手の生活習慣を垣間見ることが出来るので、それによって今後の人生を共にしていけそうかを見定めることもできます。こう書くとなかなか厳しい「査定」のようですが、今後の人生を左右することですし、結婚後のハネムーンで気づくよりも断然良い機会だと考えましょう。

 

婚前旅行おすすめエリア~落ち着ける静かな場所を探したい場合

婚前旅行を計画する場合は、温泉などののんびりできるスポットを選ぶこともいいでしょう。誰にも邪魔されることなく、思う存分二人だけの時間が楽しめます。

また、北海道の大平原や沖縄のビーチなどのように、時間を忘れてのんびりできる自然が沢山のスポットもおすすめです。日常の喧騒から逃れ、他のことは何も考えずにリラックスして過ごすことで、お互いの居心地の良さを再認識できるでしょう。

更に、テレビやスマホなどから得られる情報や、娯楽施設の無い中で相手と過ごすことに苦痛を感じたり、つまらないと感じたりすることがないかもしっかりと見定めましょう。二人でいるだけで満ち足りた気持ちになれたなら、その相手が本当にあなたにとって相応しいと言えるでしょう。
いかがでしたでょうか。
婚前旅行の目的は、主に二人の親密さをさらに増すこと、そして思い出作り、その過程で相手が自分にとって本当に相応しいかを見定めることでもあります。たとえこの婚前旅行であまり好ましくない相手の意外な一面を見たとしても、それを含めて愛せるようであれば、相応しい相手ですし、あまりお互いに無理をしたり素を隠したりせずに、本当の自分を見せる良いチャンスにしましょう

同棲をしているか、付き合いの長いカップルは、主に思い出作りの面で今しかできないことを体験してくださいね。二人の結婚に繋がる良い婚前旅行にしましょう。