スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

結婚にノリ気じゃない彼へ、さりげなくプレッシャーをかける方法


0d2ebf26f170c710a98ba16ee5cca4b4_m
恋人とのお付き合いが続くなかで「彼とずっと一緒にいたい」「結婚して幸せな家庭を築きたい」と、結婚への思いを膨らませる人もいるでしょう。しかし、結婚は簡単に決められることではありません。お互いの意思を確かめ合い、両親に挨拶をして……とひとつひとつのステップを踏んだ先にあるものです。

女性からプロポーズをした末にゴールインしたというカップルもいますが、一般的に女性から話題をふりにくいとされる内容でもありますし、男性からのプロポーズに憧れを抱く女性もいるでしょう。

そこで、ここでは男性に結婚の意識を持ってもらうために、さりげなくプレッシャーをかける方法を考えていきたいと思います。わざとらしいものではなく、良い意味で結婚をあと押しするような方法で、彼との幸せな結婚生活を手に入れましょう。

 

彼にプレッシャーをかける前に考えよう


彼に対し、結婚を意識させるための行動をとることは簡単ですが、まずは改めて彼の気持ちや今の状況について考えてみましょう。彼は何故結婚にノリ気じゃないの?彼の結婚や子どもに対する考えは?今は結婚について話せるタイミング?など、冷静になって考えると見えてくるものもあります。

相手の状況を把握することは、さりげなく結婚を意識させる手掛かりにもなるでしょう。

 

どうして結婚にノリ気じゃないの?

まず、どうして彼が結婚にノリ気じゃないのかを考えてみましょう。今は仕事に集中したい、勉強や資格取得などやりたいことが優先されているなど、それぞれ理由があるはずです。

女性を思う気持ちはあるけれど、結婚するのは時期の問題という考えの人もいるでしょうし、家庭を持つことへの責任から結婚の覚悟が決めきれていないという人もいるかもしれません。

結婚したいという気持ちは大切ですが、結婚というゴールに向かうためには相手の気持ちをまず理解することも重要なポイントです。独りよがりになって結婚したいと思っていても、男性にとっては逆に重圧になってしまいます。相手の状況によっては、「結婚するか別れる」といった究極の選択を迫ってしまうことにもなり得るので、慎重に行動するべきでしょう。

 

彼の結婚観や子育てに対する考えは?

彼の結婚観や子育てに対する考え方を知ることも大切です。例えば、兄弟や親しい友人の初婚年齢が遅かったり、何か事情があって結婚というものに抵抗感を抱いていたりするかもしれません。全ての人が、結婚は幸せなものであり、○○歳までに結婚すると思っている訳ではありません。

子育てに対する考え方も同じです。子供が欲しいと考えている女性であれば、早く結婚したいと思うかもしれませんが、妊娠を経験しない男性は子育てを特別に意識して結婚を考えるのはなかなか難しいようです。

人それぞれ、色々な考えがあるので、彼の思いや考えを知ることで、その後の行動へと繋げていきましょう。

 

結婚の話ができるタイミング?

彼の仕事が忙しい時期など、彼が疲れているときに結婚の話を出すのは避けるべきでしょう。結婚の話は、彼にとっても大切な話題のはず。さり気なくアピールをしているつもりでも、彼にとっては大きなプレッシャーとなってしまうかもしれません。

とくに疲れているときは、結婚のような重要な話題は避けたいと思う人もいるでしょう。忙しい彼に結婚の話をして、「今は忙しくて結婚のことは考えられない」と切り返されてしまうことのないよう、落ち着いて話ができる時間を見つけ、自然とアピールをしていきたいものですね。

 

さりげなくプレッシャーをかける方法とは?


結婚への第一歩として、彼に結婚を意識してもらうことは大切ですが、結婚へノリ気ではない彼への、アピールのし過ぎは逆効果となることも。あくまでも“さりげなく”アピールすることで、自然と結婚への歩みを進めていきましょう。ここからは、彼にさりげなく結婚を意識させる方法についてご紹介していきます。

 

友人や同僚の結婚話をする

友人や同僚の結婚話を会話に盛り込んでみるのもひとつの手です。とくに同年代の結婚話は、自分の結婚に置き換えやすく、結婚にノリ気じゃない彼にも「自分も結婚する年齢なんだ」と意識してもらうのに効果的。

「○○ちゃん、来月入籍するんだって」「今度、同期が寿退社するんだ」など、会話のなかで自然と結婚の話題を入れて、彼にも結婚を意識してもらいましょう。

 

同棲を提案してみる

今現在、同棲をしていないカップルであれば、同棲することで彼に結婚を印象付けることができます。というのも、同棲をすると必然的に料理や洗濯、掃除などをお互いに協力してこなすことになるので、結婚を自然と意識できます。

実際に一緒に住むことで、自分自身が結婚している姿を想像しやすく、結婚へも結び付けやすいでしょう。料理や掃除などを積極的におこなうなど、家庭的な部分をアピールすれば、彼に「結婚したい」と思わせることに成功するかもしれません。マンションやアパートの更新時期など、同棲の話題を振りやすい時期を狙うのがおすすめです。

 

友人夫婦の元に遊びに行く

結婚にノリ気じゃない男性にとっては、結婚生活はなかなかイメージしにくいかもしれません。そんなときは、周りの結婚している夫婦の自宅に一緒に遊びに行くというのもおすすめです。

実際に結婚生活を送っている友人夫婦の姿を見たり、友人夫婦の子供と一緒に遊ぶことで、「そろそろ自分も結婚のことを考える時期か」と自分の結婚生活を連想させることに繋がります。

 

プレッシャーのかけ過ぎは禁物!


ここまで、彼にさりげなく結婚を意識させる方法についてご紹介していきましたが、プレッシャーのかけ過ぎには注意が必要です。

まだ結婚の話が出ていないのに結婚情報誌を買ってきたり、無理矢理両親に会わせるといった方法は、彼が引いてしまい場合によっては、逆効果となってしまうことも。

また、これまでご紹介した方法を必要以上におこない、結婚へのアプローチをかけ過ぎるのもNGと言えるでしょう。結婚は、お互いの気持ちが固まった上で成り立つものですから、彼が結婚についてあまり考えていない場合は、結婚をプレッシャーに感じる可能性が高まります。

結婚の話題がでたり、ふたりの将来について話す機会が増えるなど、お互いに結婚を考えているカップルであれば別ですが、相手が結婚を意識できていなかったり、そもそも結婚にノリ気じゃないという場合は、とくに慎重に話を進めていきましょう。

結婚に向けて、まずは相手に意識してもらうことは大切ですが、それが原因で嫌われてしまっては元も子もありません。結果的に、大好きな彼と別れなければいけない……ということにならないよう、相手の気持ちも尊重し、お互いのペースで結婚への歩みを進めていきましょう。

 

大好きな彼と幸せな結婚生活を!


結婚にノリ気でない男性に、さりげなくプレッシャーをかけるというのは、思いのほか難しい行動です。なかには、どこか踏み切れない、なんとなく不安があるといった漠然とした気持ちの人もいるかもしれませんね。

しかし、彼があなたとの結婚生活を想像できる、一緒にいることで自分も向上できる、今後の人生の方向が見えてきたと感じられれば、自然と結婚を意識してくれるでしょう。彼にさりげなく結婚を意識させて、幸せな結婚生活を手に入れてくださいね。