スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

男性と女性の脳の違い これがわかれば結婚生活は上手くいく!


lachendes paar schaut in verschiedene richtungen

「男は金星から、女は火星からやってきた」

この言葉は、ジョングレイというアメリカのパートナーシップに関する著書を多く出す、ベストセラー作家、兼男女の関係における心理カウンセラーのものです。

彼は著書の中で、男と女の脳の構造の違いを指摘、お互いを完全に理解し合うことはおよそ不可能であるということを述べています。
ですが彼は同時に男女の行動・思考パターンの決定的な違いを理解することで、男女間のトラブルを避けることができ、敬意と信頼、純粋な愛情の上に成り立つパートナーシップを築けることが可能だと締めくくっているのです。
男性と女性の脳の構造が異なる特徴を持つことは度々耳にしますが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
脳の構造が違うということは、思考パターン、行動様式など、さまざまなことに違いが生まれるということです。
それを十分に理解しないと、知らず知らずのうちにパートナーとの間に溝が深まっている、なんていうこともあるかもしれません。

みなさんも、男性の言動が理解できなかったり、自分が言った些細な言葉に過剰な反応を見せられて、「なんでこんなに怒るんだろう?」と首を傾げる経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
男女の脳の構造、働きの違いを理解することで、そうした「どうしても理解し合えない感情のすれ違い」を防ぐことができるのです。

以下、一緒にみていきましょう。

 

基本的に男性は論理性、女性は感情に基づいて行動する

男性の脳は論理性を重要視しており、女性の脳は感情に重きを置きます。
そのため、男性の行動はすべて大なり小なり、「目的」というものに志向性を持つ、と言えます。
一方女性は、どんな行動にも「共感」が大きなモチベーションとなっているのです。

これは、人類が狩猟をして生活していた時代の遺伝子情報の影響なのです。
命がけで行う狩猟の際、男たちは最も効率的に獲物を捕らえることが必要だったため、
目的志向の脳が発達したと言われているのです。

それに対して女性は、獲物からいつ襲われるかわからないため、常に周囲と頻繁に会話をしてお互いの存在を確認し合っていたのです。
そのため、女性にとってはコミュニケーションに目的があるのではなく、コミュニケーション自体が一つの目的であったという見方もできます。
また自分たちの住処の周辺で食料の採集を行ったり、衣服をつくったり、料理をしたり子供の世話をしたりしていたため、コミュニティ内での協調性が非常に大切だったのです。
女性は人の表情を読み取る能力が、男性に比べて20倍以上も高いと言われてます。他者との関係性がとても大切な要素だったために、表情を読み取る能力が発達したと言われています。

論理と感情という、相反するものが行動の根底にあるのだとしたら、お互いの言動にカチンときたりわかり合えない瞬間があるのは当然です。

女性からすると男性がいつも理路整然と物事を語るのに冷たい印象を受けるかもしれませんし、男性は女性の、感情的な言動にうんざりしてしまうことがあるかもしれません。まずはこの男女の決定的な違いを頭に置きましょう。

 

会話は男性にとっては”陳述・報告”、女性にとっては”親密さの象徴”

やはり男性は会話にもある種の「目的」を持って行います。
そのため、男性が話しているとき、そこには要点がしっかりあったり、相手にその内容を伝える、という明確な目的があります。

一方女性にとっては、話すこと自体が親密さの象徴のため、会話をしている最中も「目的」や「明確に伝えたいこと」があるわけではありません。

そのため、脈絡なく会話があっちに行ったりこっちに行ったり迂回するため、男性にとっては要点は何なのかをつかめないままストレスを感じる、という状況が生まれます。

会議中や職場などの外では男性の発言が圧倒的に目立つのに対し、家庭での会話はというと、男性はじっと黙ったまま、女性が一人で話し続けている、なんていう状況は、なじみのある家庭像ではないでしょうか。

女性が何かを話をするときは、自分の話に感情移入してもらい、共感してほしいだけなのです。
例えば、「今日は上司にこんなことを言われたんだけどさ〜」などと、その日に起こった出来事を彼に伝えるとします。
それに対して「そういう時はこうするべきだ、こうやって言えばいいんじゃない?」
などと彼からアドバイスが返ってくるということを、みなさんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
男性にとっての会話には目的が常にあります。ですから、ただ話すという行為に欲求がある女性の心理を理解できないのです。
そのため、女性が何か話した時に「これは何かアドバイスをあげなくては、僕に助けを求めているのでは」と思ってしまうのです。

女性からしたら、ただうんうん、と自分の感情に寄り添って聞いてくれることを求めているのです。
アドバイスをもらった女性は、自分の感情に共感を得られなかったと感じ、すれ違いを感じます。男性側からすると、アドバイスを与えたのにあまりありがたく受け取られなかったことで、自分の意見が尊重されていない、ゆえに自分の存在が軽んじられている、という気にすらなってしまいます。

こうしたすれ違いを防ぐためにも、男性と女性の思考パターンをしっかり理解することが大切です。

 

男性は挫折を、女性は拒否されることを恐れる

男性は「何かを自分でやり遂げること」が、存在証明になっているのです。というのは、先にも述べた通り、全ての行為には目的への志向性を持つからです。
狩猟時代からの影響で、獲物を仕留めることが男性の使命だったのです。途中で男性の仕事が失敗してしまったり、何かを解決できぬまま終えることは、男性にとっては能力を証明できなかったということになるのです。男性で仕事の失敗による自殺が多いのはそのためです。

そのことを理解していないと、女性の何気ないひと言が男性を無意識のうちに傷つけてしまうことがあります。
例えば、どこかに向かっているとき、道に迷ってしまったとします。男性は一生懸命地図を見ながら正しい道を探そうと格闘しています。そんなとき、女性が「ねーまだわかんないの?そこらへんの人に聞こうよ」と言ってしまったとき。
女性は助け舟のつもりで言った言葉かもしれませんが、男性は、行き先を自分の力で見つけられなかった、という「挫折」を感じてしまうのです。

女性からすると「そんなことで傷つくの?」ということかもしれませんが、男性の心理を理解し、彼が正しい道を見つけるのをじっと見守ってあげましょう。

それに対し女性は「拒絶される」ということを恐れています。
女性はどんなに仕事上で失敗してしまおうと、自殺を考えることはありません。やはり女性にとっての最大の悩みになるのは、人間関係が圧倒的に多いのです。
女性にとって人間関係というものは生きていく上でとても多きな比重を占めています。よって、「人から拒絶されること」を極度に恐れているのです。

細かな感情には鈍い男性に少し冷たい態度を取られると、自分の存在が拒絶されたかのような心境に陥ってしまうのです。

 

ホルモンの影響による男女の違い

女性には生理周期があり、その周期によってホルモンの量が増減します。
ホルモン量が不安定であるということは、気分や脳の働きにも影響します。
生理前になると気分や食欲、味覚や嗅覚、触覚、聴覚などの五感も変化します。

女性の中には月経前症候群がとても重い方もいて、生理前と後ではまるで別人格のようになってしまうこともあるのです。

一方男性にはこうした体の働きやホルモンに周期はありません。気分のムラはありますが、それらはすべて外的要因によるもの(食べ物などにも影響を受けます)なのです。
一流のレストランのシェフに男性が多いのも、ホルモン周期がないために味覚が一定で、お店で毎回正確に同じ味を再現することができるためです。

女性にはホルモン周期があるため、気分が常に一定ではありません。生理前にイライラしているときは、彼に対して理不尽なことで怒ってしまったり不機嫌な態度になってしまいそうだな、と感じたときは一人で静かに過ごす時間を持ってみましょう。

 

ひとつのことしか見えなくなる男性、過去をいつまでもひっぱりだす女性

狩猟時代から続く男女の遺伝子情報の影響の他にも、男女の脳の構造自体にも性差があることが確認されています。
一般的に言われる男性脳と女性脳の異なる特徴としては、男性は空間認識に優れ、物事を論理的に思考したり分析したりすることに優れると言われます。
一方女性は、言語能力が高く、周囲との協調を図りながら円滑なコミュニケーションを築くことがうまいと言われています。

これは、女性の脳は左脳と右脳を連絡させる経路である脳梁が男性の50倍も太いためです。
女性は脳の左半球(言語、計算などの処理を司る)と右半球(感情、直感、感覚)を連絡する情報が男性に比べて圧倒的に多いので、右脳で生まれる感覚的なものや感情を、左脳が司る言語としてアウトプットすることが上手なのです。

そのため、女性はケンカをすると、「4年前の◯◯のときもそうだったけど」などと、いつまでも過去の記憶をとっさにひっぱり出してきてしまうのです。

ケンカのたびに過去の出来事をひっぱり出されることは、男性にとってはとてもストレスになるのです。
男性側からすると、「今回のケンカには無関係な過去の出来事をいつまでいつまで言っているんだ、毎回昔のことを言われるなんてウンザリだ」となります。
一方男性は、脳梁が女性に比べると50分の1の太さしかありません。そのため、右脳と左脳の情報が入ったり来たりしない分、男性の集中力は女性の50倍、ということになります。
女性が失恋をした直後や、ケンカをしていると仕事中もモヤモヤしてしまうのに対して、男性はどんな状況にいても、仕事中は仕事のことしか頭にありません。

男性の脳が仕事モードに入っているときに、女性のことが目に入っていないような様子を見て不安に思ってしまうことがあるのも、このためなのです。
そのため、「仕事と私、どっちが大事なの?」と女性がよく口にする言葉は、男性にとっては理解できないと同時にとても負担になってしまうのです。
男性は、何かに集中しているときはその対象で頭がいっぱいになっているということをきちんと理解し、彼が仕事モードに入っているときは彼の集中状態を邪魔しないように気をつけましょう。

 

いかがでしたか?
男性と女性の考え方の違い、行動パターンの違いは、多くのみなさんが常々感じていることだと思います。男性と女性のつがいは、お互いにない部分を補完し合うためにこんなにも違いがあるのです。

ですが考え方の違いがときにお互いの気持ちにすれ違いを生んでしまうことがあるのも事実です。違いを否定するのではなく理解を深めることによって、尊敬や信頼に基づいたパートナーシップを築いくことができるのです。