スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

満足度断然アップの”ダイヤモンドプロポーズ”とは


6b72245cce0bdfd64133b4ef3cade8be_m
最近、巷で注目を集めているダイヤモンドプロポーズをご存知でしょうか。

プロポーズと言えば、男性が女性の前に片膝をついて行うイメージがあります。その手にはダイヤモンドが輝く婚約指輪が入ったケースが。女性なら一度は夢に見るようなロマンティックなシチュエーションですが、最近ではこのプロポーズが形を変えてきているというのです。

プロポーズや婚約指輪について結婚適齢期の男女に聞くと、男性は割とロマンチストなためこのシチュエーションにあこがれを持っているものです。

一方、女性は現実的でシビア。ロマンティックなシチュエーションを望みながらもその反面、「婚約指輪は自分で気に入ったデザインを選びたい」などと受け取る婚約指輪について不満があることも。

確かに、人生でそう何度ももらうことがない婚約指輪。他の指輪と比べてもずっと高価で思い出にも残る大切な指輪ですから、自分の好きなものを身に着けたいですよね。

そうなると、片膝をついてのプロポーズが遠くなってしまいます。

今回ご紹介するダイヤモンドプロポーズは、ロマンティックに彼女にダイヤモンドをプレゼントが出来、その際に起こる男女両方の悩みを解決する策として人気が出てきているものです。

プロポーズを控えた男性はもちろん、プロポーズに憧れる女性は必見です。

 

ダイヤモンドプロポーズとは?

ダイヤモンドプロポーズとは、その名の通りプロポーズ時に相手にダイヤモンドを贈ることです。

え?それって普通のプロポーズではないの?と思いますが、違いはダイヤモンドの指輪ではなくダイヤモンド本体を贈るプロポーズという点です。

プロポーズの仕方は通常のプロポーズ同様、指輪のケースを差し出します。ただし、その中に指輪はなく、ダイヤモンドの石が直接入っています。

その後、彼女とともに宝石店に赴き、そのダイヤモンドを使って好きなデザインに加工して婚約指輪にすることができる新しいスタイルのプロポーズです。

 

婚約指輪にはダイヤモンド

婚約指輪の宝石に、ダイヤモンドを選ぶという人は9割以上だといいます。ダイヤモンドは、天然の物質のなかで最も硬く傷つくことなく輝きを保ち続けるので、婚約指輪のイメージとして定着していますよね。

現在、婚約時に記念品を購入するカップルは7割ほど。そのうちの9割は婚約指輪を購入するそうです。婚約指輪は、結婚後も身内・友人の結婚式やお祝い事でも使用できますので、長きにわたってつけることができます。

結婚してから、日常的には結婚指輪をつけますが、特別な日に婚約指輪もつけると婚約当時の思い出が浮かんできてとても幸せな気持ちになります。

また、海外に目を向けると女性たちは日常的に婚約指輪を身に着けています。その風潮が少しずつ日本にも浸透して来ていて、結婚後も結婚指輪と婚約指輪を重ね付けしている方が増えてきているのです。ダイヤモンドなんて高価なものを毎日つけるなんて・・・!と思いがちですが、最も硬いダイヤモンドですから意外と安心してつけられますし、輝きもずっと保ちます。

ダイヤモンドプロポーズは、そんな一生もののダイヤモンドを相手のために贈るプロポーズです。聞き慣れない方もいるかもしれませんが、男性にとっても女性にとっても、メリットの多いプロポーズのひとつです。

では以下に、ダイヤモンドプロポーズのメリットを男性編と女性編とに分けてご紹介します。

 

ダイヤモンドプロポーズのメリット~男性編~

プロポーズをすることに決めた男性を悩ませるのは、その方法と婚約指輪のデザインです。婚約指輪の相場は給料の3ヶ月分とも言われ、決して安い買い物ではありません。

そもそも、婚約指輪でなく普通のジュエリーであったとしても、それを女性に贈るのは男性にしてみるとかなり難しいことです。いくら彼女の好みを把握していても、ジュエリーを選ぶにあたっては細かい好みを把握したり、センスが問われたりします。

そんな難しいジュエリー選びに加え、婚約指輪という高額なプレゼントであれば、彼女に「少し好みと違うな」とがっかりさせるのはどうしても避けたいところです。

そのため、多くのジュエリーショップではデザインを変更できるようになっていますし、お店によっては「プロポーズ用の指輪」まで用意していたりします。

もちろんそのサービスも良いのですが、プロポーズの場と実際の婚約指輪が変わってしまうのに違和感を覚える方もいるでしょう。ダイヤモンドプロポーズであれば、そんな心配が不要です。

また、婚約指輪のデザインが選べないからと、後から一緒にジュエリーショップをまわる予定だとしても、プロポーズ時にダイヤモンドが無ければ、彼女をがっかりさせるかもしれません。

このプロポーズ時の指輪の有無については女性の性格によって意見が変わりますので、何が正解かわからない上に、事前に彼女に相談するわけにもいかないので、どうすべきか非常に悩ましい所ですね。そんな悩みを解消するのがダイヤモンドプロポーズなのです。

また、もう一つ男性に嬉しいメリットがあります。

それは後日指輪を買いに行く際に起きる問題です。彼女に好きなものをどれでも選んでほしい!とは思いながらも、予算があります。彼女に予算を伝えて、その範囲内で選んでもらうのもあまり格好良いものではありませんね。

しかし、ダイヤモンドプロポーズであれば、すでにダイヤモンドを購入しているので、彼女に予算を伝える必要もなくよりスマートに指輪作りができます。彼女の方も、気兼ねなく好きなデザインを選ぶことが出来るでしょう。

 

ダイヤモンドプロポーズのメリット~女性編~

愛する男性に片膝をついてダイヤモンドの指輪を差し出されるのは、女性の永遠の憧れですね。

男性が大枚をはたいてプレゼントする高価なダイヤモンドリングですので、どんなものでも嬉しいに違いはないのですが・・・できれば自分が好きなデザインの指輪がほしいというのも女性の本音ではないでしょうか。

そういう事情もあり、プロポーズの後、未来の旦那様と一緒にジュエリーショップへ行ってお気に入りの指輪を買ってもらうというケースも多いと思います。これだと、好きなデザインの指輪が選べます。

ですが、これって少し・・・いえ、かなり現実的であまりロマンティックとは言えません。

プロポーズ時にダイヤモンドを贈られるロマンティックさと、好きなデザインが選べる嬉しさの両方をかなえるのがこのダイヤモンドプロポーズなのです。

婚約指輪は指輪にこめられた気持ちが大切だから、デザインはあまりこだわらない・・・と思ってはいても、いざジュエリーショップで様々なデザインを見るとつい目移りしてしまいますし、せっかくならば自分で好きなデザインを選びたくなるものです。

また、婚約時にはあまり気にしていなかった婚約指輪のデザインも、時が経つにつれ「違ったデザインにしておけばよかったな」などと思うことになるかもしれません。

そんな場合に自分で選んだデザインであれば納得がいくと思いますが、彼に選ばれた場合は不満が残るという事も。

もちろん、女性から男性に向かってダイヤモンドプロポーズを提案するのは至難の業ですが、折につけて「プロポーズで婚約指輪を差し出されるのシチュエーションには憧れがあること」と「婚約指輪は自分で選びたい」ということをそれとなく伝えるようにしておくと、男性側がダイヤモンドプロポーズにたどり着いてくれるかもしれませんね。

 

いかがでしたか。

プロポーズの中にある男女ともに悩ましく思っている問題をさくっと解決してしまうダイヤモンドプロポーズをご紹介しました。プロポーズの形は昔から変わらずにあるのに、何故これまで無かったんだろうと思う様な、画期的なサービスですね。

もちろん、通常の指輪を贈るプロポーズや、指輪無しのプロポーズがいいなど、カップルによって理想のプロポーズの形は千差万別です。しかし、ダイヤモンドプロポーズは男性側・女性側共に、気がかりな点や不満に思うことが無くなり、満足度が断然高いものとなります。

これからプロポーズをお考えの方は是非、ダイヤモンドプロポーズを取り入れてみてはいかがでしょうか。