結婚前に同棲したほうがいい?同棲のメリット・デメリットを徹底解説 | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚前に同棲したほうがいい?同棲のメリット・デメリットを徹底解説



恋人同士が一緒に暮らしたいと思うのは、ごく自然なこと。いずれ結婚して一緒に暮らす予定ならば、なおさらでしょう。しかし、結婚前に同棲した方がいいのか、いまいち踏み切れないカップルも多いかもしれません。

そこでこの記事では、結婚前の同棲について、メリット・デメリットを含めて解説します。結婚と同時にパートナーと暮らし始めるか、もしくは結婚前に同棲を始めるか、迷われているカップルはぜひ参考にしてくださいね。

 

結婚前に同棲するメリット・デメリットは?


結婚していない男女が一緒に暮らす同棲。同棲を始めるきっかけはカップルによっていろいろです。「一緒にいたいから」「将来結婚する予定だから」といったラブラブな意見があるなか、「家賃が半分になるから」といった堅実な理由で同棲を始めるカップルも。

結婚はお互いへの想いが一番大切ですが、それだけでは成り立たないのも事実。将来を見据えて、結婚の準備として同棲を始めたいというしっかり者のカップルも多いようです。

それでは、同棲のメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。具体的にみていきましょう。

 

【結婚前に同棲するメリット1】知らない部分が見えてくる

まずは同棲のメリットから見ていきましょう。交際期間の長いカップルでも、相手を100%知るには限界があります。しかし一緒に暮らし始めることで、今まで知らなかったパートナーの一面が見えてくるでしょう。結婚前に価値観のすり合わせができるのは、同棲の大きなメリットです。

「結婚=生活」ですので、ただ好きという気持ちだけでは長続きしないのが現実です。結婚してから「こんなところがあったなんて!」と思っても、簡単には別れられません。

その点同棲ならば、もしどうしてもお互い譲れないとき、最悪の場合はお別れするという選択肢を選ぶこともできます。もちろん、できればそのような事態は避けたいところですが、人生を共に歩んでいく伴侶は慎重に選びたいもの。

お互いが生涯のパートナーにふさわしいか判断する期間として、同棲という手段を取るのは有効と言えるでしょう。

 

【結婚前に同棲するメリット2】生活費を抑えられる

お互いにひとり暮らしをしている場合は、一緒に暮らした方が生活費をぐんと安く抑えられます。家賃や光熱費といった、月々必ず必要になる固定費を安く抑えることができれば、その分貯蓄に回せるでしょう。

まずは「結婚式や新婚旅行の資金を貯めたい」と考えているカップルが多いかもしれません。さらに、マイホーム資金をはじめ、子どもを望んでいるのであれば教育費など、結婚するとさまざまなお金が必要です。

それぞれがひとり暮らしをするより、ふたりで一緒に暮らせば、収入が増え、支出が減ります。その分、貯蓄をスムーズに始められるというメリットがあるのです。「将来に備えて、お金を確実に貯めたい!」という方は、結婚前に同棲することをおすすめします。

 

【結婚前に同棲するメリット3】安心感が増す

精神的な安心感を得られるのも、同棲のメリット。病気で寝込んだり、仕事で落ち込んだりしても、一緒に暮らすパートナーがいれば、心強いでしょう。

またひとり暮らしの女性の場合、アパートやマンションでのひとり暮らしは不安という方も多いはず。同棲して彼と一緒に暮らすことができれば、防犯面でも安心できますね。

 

【結婚前に同棲するデメリット1】結婚するタイミングを逃す場合も

ここからは同棲のデメリットを見ていきましょう。矛盾するようにも思えますが、「同棲して結婚のタイミングを逃してしまった」というカップルが多いのも事実です。特に同棲期間が長いと、わざわざ結婚する必要性を感じなくなってしまうという場合も。

結婚するきっかけがないまま、ずるずると同棲を続けて、結果的にお別れしてしまうカップルも少なくありません。覚悟や責任を持てない状態で同棲を始めると、このようなことになりがちです。結婚する時期をあらかじめ決めてから、同棲期間を設けることをおすすめします。

 

【結婚前に同棲するデメリット2】自分の時間を持ちにくい

パートナーと一緒に暮らすと、仕事帰りや休みの日などに同僚や友人と飲みに行ったり、出かけたりしづらくなることが多いようです。結婚していれば仕方がないと分かってもらえますが、同棲の場合、周りから理解が得られにくいことも。

また常にパートナーと一緒なので、ひとりの時間を持ちづらくなるのもデメリットと言えるでしょう。なかには、ひとりの時間が絶対に必要なタイプもいます。お互いストレスを溜めないよう、自分だけの時間を持つ努力も大切です。

 

【結婚前に同棲するデメリット3】不公平・不平等に思うことも

家事や日々の生活費をすべて平等にできればいいのですが、どちらかに負担がかかることも十分考えられます。例えば、あまり家事が得意ではない男性と、世話好きな女性のカップルの場合、家事のほとんどを女性が担う可能性も。

両者が納得したうえでならばいいのですが、フェアじゃないと思う場合は、同棲を始める前に家事や生活費をどのように分担するか、しっかり話し合うことをおすすめします。

モヤモヤした気持ちのまま一緒に暮らすのは、不仲のもと。はじめにルールを決めてから、同棲をスタートできるといいですね。

 

結婚前の同棲にはメリットもデメリットも!しっかり考えて決めよう


結婚前の同棲におけるメリット・デメリットをご紹介しました。同棲と結婚は、男女が一緒に暮らすという点では、大きく違いがないように見えます。しかし、同棲は法的な縛りが何もないため、簡単に関係を解消できます。

逆に籍を入れないまま、ずるずると事実婚状態を続けることにもなりかねません。結婚を前提としていない同棲は、親からの許可も得にくいでしょう。もしどうしても一緒に暮らしたいという場合は、結婚のゴール日を決めてから同棲を始めることをおすすめします。

同棲のメリットとデメリットをしっかり理解して、有意義な同棲生活を送ってくださいね。

新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加