スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

婚活にはさまざまな種類が!婚活の種類を紹介



「結婚したい」「婚活を始めたい」と思っても、結婚相談所や婚活パーティー、婚活サイト、街コンなど、さまざまな種類があるため、どれを選んだら良いのかわからない…と二の足を踏んでいるという方も多いかもしれません。すぐにでも結婚したいのか、2、3年後をめどに結婚したいのか、それによっても選ぶ婚活方法も変わってくるでしょう。

婚活が多様化した今、本人に合った婚活方法を選ぶことが大切です。そこでこの記事では、婚活の種類やその内容について、詳しくご紹介します。相性の良い婚活の種類を選んで、結婚への第一歩を踏み出しましょう。

 

婚活にはどんな種類があるの?


2000年代に登場した「婚活」という言葉は、今では広辞苑に載っているほどポピュラーになりました。ニーズにあわせて生まれた、比較的新しい婚活サービスである街コンや婚活サイトも今では一般的です。

婚活の種類やその特色を知って、自分にぴったりあった方法を見つけましょう。やみくもに婚活をはじめても、時間ばかり経ってしまい、理想の相手にはなかなか出会えないもの。婚活は、若さが重要な武器になるため、無駄なく効率よくおこなうことが大切です!

それでは、婚活の種類を挙げていきましょう。

 

【婚活サービスの種類1】結婚相談所

婚活という言葉ができる前から、結婚相手を探す場所として利用されてきた結婚相談所。希望条件に合わせて、ぴったりの相手を見つけてくれます。専任のアドバイザーがいるため、さまざまなサポートを受けられる点が大きなメリット。サポート力の高さは、他の婚活サービスと比べても群を抜いています。

手厚いサービスの分、費用がかかる点はデメリットですが、コストがかかる分、本当に結婚したい人しか登録しないため、決まれば成婚までは早いと言えるでしょう。また、結婚相談所によっては入会条件があるため、好条件の異性と出会えるチャンスも。

結婚相談所は、すぐに結婚したい人、本気で結婚相手を探している人にぴったりなサービスです。

 

【婚活サービスの種類 2】婚活パーティー

結婚を意識した男女が集まる婚活パーティーは、一度に8~20人ほどの異性と出会えるため、効率が良く人気です。婚活パーティーにはさまざまな種類があり、大人数が参加できるものから少人数のものまであります。

また、年代や職業に特化したり、同じ趣味のメンバーが参加したりと、条件を絞ったものも多いので、自分に合った婚活パーティーを選ぶといいでしょう。結婚相談所や婚活サイトなどとは異なり、パーティーの費用だけで済むため、まずは気軽に婚活を始めてみたいという方におすすめです。

ただし、何度も婚活パーティーに足を運んでいると、参加メンバーがいつも同じ顔ぶればかりになることも。その場合は、違うエリアや、今まで参加していたものとは異なる趣旨の婚活パーティーに参加してみるといいでしょう。

 

【婚活サービスの種類 3】街コン

2000年代半ばに生まれたとされる街コンも、婚活の場として浸透しています。当初は地域活性のためのイベントで自治体が開催するものが多くありましたが、最近では多くのイベント会社が参入しています。

街コンは多くの異性と出会える場として、若い人を中心に人気が高まっています。気軽に参加できる点はメリットですが、イベント自体に興味があって来ている人もいるため、結婚を真剣に考えている異性と出会う確率は低めと言えるでしょう。まずは、異性と知り合いになりたいという方には向いています。

 

【婚活サービスの種類 4】婚活サイト、マッチングアプリ

近年人気が高まっているのが、結婚相手や恋人を探す目的に特化した婚活サイトやマッチングアプリです。

かつて、こうした男女の出会いを目的としたサイトは、危ないイメージがありました。しかし平成15年に制定された「出会い系サイト規制法(インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)」により、身分証が必要となり、18歳未満は使用できなくなりました。

加えて、婚活サイトもマッチングアプリも社会的信用のある上場企業が参入しており、個人情報の取り扱いも厳重に管理されているため、安心して利用できます。20代から40代を中心に登録者数も増えているため、出会いのチャンスが多くある点もメリット。

料金は、月額3,000円台くらいのものが多く、結婚相談所に比べてリーズナブルと言えます。マッチングアプリは女性会員のみ無料という場合もありますが、婚活サイトでは、男女どちらも有料であることが多いようです。

デメリットは、なかには真剣に出会いを求めていない人がいる点、職業や年収などの真偽が保証できない点が挙げられます。どちらも同等のサービスですが、マッチングアプリは結婚相手ではなく恋人探しに特化しているものもあるため、婚活サイトの方がより結婚向きと言えるでしょう。

 

いつ結婚したいのかを明確にして、婚活の種類を決めましょう


「婚活」とひとくくりに言っても、さまざまな種類があり、特徴があります。まずは、出会いの場を増やしたいという方は街コンに参加してみるといいでしょう。

また、数年後に結婚を考えている方には、婚活パーティーやマッチングアプリ、婚活サイトをおすすめします。「すぐにでも結婚したい!」という方は、結婚相談所に登録すると間違いないでしょう。

自分自身の結婚に対する「真剣度」を見極めて、ぴったり合った婚活を始めてください。