家事のときにエプロンをする派必見!エプロンの種類と特徴をチェック | 家族挙式のウエディング知恵袋

家事のときにエプロンをする派必見!エプロンの種類と特徴をチェック



家事をするとき、エプロンをする派ですか、それともしない派ですか? 「エプロンをすると、家事をするスイッチが入ってやる気が出る!」という方も多いかもしれません。お気に入りのエプロンをすると、気持ちが上がって家事も楽しくなります。服も汚れませんし衛生的なので、家事をする際にはエプロン着用がおすすめです。

とはいえ一言でエプロンといっても、さまざまな種類があるので、何を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。好きな柄や色で選ぶのもOKですが、さらに深堀りしてエプロンの種類や特徴から選ぶと、より家事が楽しくなるでしょう。

この記事では、毎日使うエプロンの種類やその特徴を詳しくご紹介します。エプロンを新調しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

 

家事をするのに向いているエプロンは?


エプロンにはさまざまな種類がありますが、家事をする際には家庭用エプロンがおすすめです。コットンやリネンといった軽い素材が多いため、気軽に洗濯できて扱いやすいのが特徴です。

また無地の他、チェックや花柄、キャラクターがデザインされたものなど種類も豊富なうえ、カラフルなものからシックなものまでいろいろあるので、好きなデザインを選びやすいでしょう。

さまざまなデザインがある家庭用エプロンですが、その種類は、大きく胸あてエプロンと腰エプロンのふたつに分けられます。胸あてエプロンと腰エプロン、それぞれの特徴をみていきましょう。

 

「胸あてエプロン」の種類と特徴をチェック!

胸あてエプロンは、上半身と下半身のどちらもカバーできるデザインのものを言います。胸までしっかりと汚れをカバーしたい方におすすめです。胸あてエプロンはさらに、たすき掛けエプロン、H型エプロン、首掛けエプロンと3種類に分けられます。それぞれメリットとデメリットがあるので、用途に合わせて選ぶといいでしょう。

【たすき掛けエプロン】
体にフィットしやすいのでズレにくく動きやすいのが特徴。ウエスト調節でき、スッキリとしたシルエットに。着脱が少し面倒なのと肩こりしやすい点がデメリットです。

【H型エプロン】
後ろ姿がアルファベットのHに見えるのが特徴的なエプロン。着脱のしやすさは群を抜いていますが、すとんとしたシルエットはややスタイリッシュさに欠けます。

【首掛けエプロン】
首ひもをかけて腰ひもで固定するタイプのエプロンです。背中があくデザインのため、スッキリとした印象です。全体的なシルエットもほっそり見えるため女性に人気ですが、首こりや肩こりを引き起こしやすいです。

 

「腰エプロン」の種類と特徴をチェック!

腰エプロンは、腰にさっと巻くタイプのエプロンのことを言い、サロンエプロンやギャルソンエプロンとも言われています。気軽に身に着けたい、肩こりを避けたいという方は、腰エプロンを選ぶといいでしょう。またファッション性が高いのも特徴のひとつ。「家事の時もおしゃれしたい!」という方にもおすすめです。

腰エプロンには、フレアスカートタイプ、ショート丈、ロング丈の3種類があるので、デザインや用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

【フレアスカートタイプ】
ふんわりとしたシルエットがかわいらしい腰エプロンです。正面から見るとスカートのように見えるデザインが特徴的です。デザイン性が高いので、料理教室やお菓子教室にもおすすめ。実用性よりもデザイン性を重要視しているタイプです。

【ショート丈】
活動的なショート丈は、カフェ店員さんのようでとてもおしゃれ。丈が短いので座ったり立ったりがしやすく、動きやすい点がメリットです。お料理以外の家事にも大活躍してくれます。面積が小さいので、汚れはあまりカバーできません。

【ロング丈】
膝下までしっかりと隠れるロング丈は、服が汚れにくいのがメリット。「肩がこるから胸あてエプロンは避けたい、でも実用性も欲しい」という方に向いています。見た目もスマートなので、男性にもおすすめです。少し動きにくいので、お料理以外の家事にはあまり向いていません。

 

番外編!その他のエプロンいろいろ

家庭用エプロン以外にも、家事のときに使いたいアイテムがいくつかあります。まずは、日本人なら忘れちゃいけない割烹着!

もともと着物を汚さないために考案された割烹着は、「昭和のお母さん」のイメージが強いアイテムです。しかし、機能性と着心地の良さが支持されて、令和の今も根強い人気です。加えて、今の時代にも合うデザイン性の高いおしゃれな割烹着もたくさん販売されています。

割烹着のメリットは、洋服をすっぽりと覆うデザインのため汚れにくいということ。袖口が絞ってあるものが多く、洗い物時のわずらわしさもありません。デメリットは、夏場は暑いことと、収納場所をとることです。それなりにボリュームがあるので、エプロンのように空いているスペースに引っ掛けるのは難しいかもしれません。

続いては、男性用のメンズエプロン。家事やお料理をする男性が増えていることから、メンズエプロンの種類も充実してきました。実用的でスタイリッシュなエプロンを用意すれば、旦那様や彼も家事のやる気がアップするかもしれないですね。

他にも、あえて業務用エプロンを家庭用として使ってもいいでしょう。機能性に重きを置いている方やガンガン使いたいという方におすすめ。計算しつくされた機能的でシンプルなデザインが「かっこいい!」と、ひそかに人気のアイテムです。

 

家事がはかどる、種類豊富なエプロン


使う人がストレスなく過ごせるよう、さまざまな工夫がされているエプロン。譲れないポイントを考えながら、自分にぴったりの一着をぜひ見つけてくださいね。お気に入りのエプロンは、家事のやる気スイッチをONにしてくれる、頼もしいパートナーになってくれるでしょう。

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加