スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

【ゲスト】結婚式に和装で参加!和装の注意点などをチェック!



結婚式や披露宴にお呼ばれしたときに、“和装”で参加したいと考える人も多いのではないでしょうか? 結婚式を華やかな印象にしてくれる和装で参加すると、新郎新婦などから喜ばれることも多いです。

しかし、普段から和装を着る機会がないという方は、和装の選び方や立ち居振る舞いなど、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。そこで今回は、結婚式や披露宴に招待されたゲストが、和装で参加するときの注意点をご紹介します。

 

結婚式&披露宴に和装で参加! ゲストが意識したい注意点は?


和装は、神前式などの和婚はもちろん、人前式やチャペル式などに着ていってもすてきです。ドレスより着付けに時間がかかるなど大変な面もありますが、結婚式に彩りを添えるのに相応しい華やかな衣装ですよ。これからご紹介する注意点をしっかり押さえて、結婚式に和装で参加してみてはいかがでしょうか?

 

【ゲストで参加・和装の注意点1】格を意識した和装選び

結婚式や披露宴には、どんな和装で参加しても良いわけではありません。和装は種類によって「格」が異なるため、新郎新婦との関係性などによって着ていくべき和装も異なります。たとえば、未婚の人が友人の結婚式や披露宴に招待された場合は「振袖」がおすすめですが、既婚の場合は、「色留袖」「訪問着」「付け下げ」などから選ぶことが多いです。

一方で「小紋」「紬(つむぎ)」などは、カジュアルな和装なので、結婚式や披露宴に着ていくのにはあまりふさわしくありません。どれを選べばいいか悩むという人は、一度呉服店などに相談してみるのも良いでしょう。

 

【ゲストで参加・和装の注意点2】帯がつぶれないように座る

和装で参加するときは、椅子の背もたれに帯を付けるような座り方はNG。背中の帯がつぶれてしまい、着崩れをおこしてしまうこともあります。和装で椅子に座るときは、背筋をしっかり伸ばし、背中に帯が付かないよう浅くこしかけてください。

また足は、つま先をそろえるようにするのが正解。足を組んだり広げたりすると、裾が広がってしまい着崩れの原因になります。結婚式や披露宴の間、ゲストは着席していることが多いため、和装での座り方はしっかりマスターしておきたいですね。

 

【ゲストで参加・和装の注意点3】背筋を伸ばし、小股で歩く

和装で歩くときは、猫背にならないよう背筋をしっかり伸ばしましょう。手は大きく振らず、ゆっくり歩くようにすると上品な印象です。また、歩幅が大きいと着崩れにつながるため、洋服のときよりも狭く歩きます。その際、足先はまっすぐ、または内股気味で歩くと良いでしょう。

 

【ゲストで参加・和装の注意点4】裾を抑えて階段を上る

和装は裾が長いため、自分でも気づかないうちに裾を踏んだり、汚してしまったりすることがあります。人によっては、レンタルした和装を身に付けることも多いですから、汚れなどはとくに気を付けたいですよね。

なかでも注意したいのが、階段の上り下りをするとき。階段にさしかかったら、裾を少し持ち上げるようにして移動しましょう。ただし、持ち上げすぎると足が見えてしまうので、裾が階段に触れない程度を意識してください。

 

【ゲストで参加・和装の注意点5】腕が見えないよう手を伸ばす

披露宴では、出席者全員で乾杯をするのが定番の演出ですが、和装で乾杯をするときは少し注意が必要です。というのも、和装は腕を上げると袖が下がり、二の腕が丸見えになってしまうことがあります。この状態はあまり上品とは言えませんよね。

そこで、乾杯をするときは、グラスを持つ手とは反対の手で袖口を軽く押さえるようにしましょう。もちろんこれは、乾杯のとき以外にも覚えておきたい所作です。和装で腕を上げるときは、基本的に腕が見えないように袖を押さえることを意識してください。

 

【ゲストで参加・和装の注意点6】ナプキンを膝にかける

披露宴では、食事を楽しみながら過ごす場面も多いので、食事中に気を付けたいポイントについてもご紹介します。まず「ナプキン」についてですが、和装の場合も洋装と同じく膝にかけるようにしましょう。カジュアルな場面では帯や襟元に挟むのもOKですが、フォーマルな場面では、人によってはマナー違反に捉えられることもあります。

また、食事中は、袖が汚れないように意識するのも大切です。気づいたら、ソースが付いていたということもあります。手を伸ばすときなどは、袖を抑えるようにしましょう。

 

スマートに和装を着こなして、結婚式に華を添えましょう!


結婚式にゲストとして参加するときは、招待してくれた新郎新婦に失礼がないようにするためにも、マナーや立ち居振る舞いは押さえておきたいところ。今回は、和装のマナーや立ち居振る舞いのなかでも、基本的なことをご紹介しました。

日ごろ着ることが少ない和装ですが、今回紹介したポイントを意識するだけで、まわりからの印象も違って見えますよ。衣装を選ぶときや結婚式当日を過ごすときなどに意識して、幸せな結婚式に華を添えてくださいね。