ガーデンウェディングがしたい!会場選びのポイント4選 | 家族挙式のウエディング知恵袋

ガーデンウェディングがしたい!会場選びのポイント4選



結婚式の準備を始めたカップルのなかには、ガーデンウェディングが気になっている方もいるのではないでしょうか。「開放的で楽しめそう」「演出にこだわりたい」「ナチュラルテイストな結婚式がしたい」など、ガーデンウェディングならではの魅力はたくさんあります。

一方で、天候などに内容が左右されるリスクがあることなどから、ガーデンウェディングを行うことに尻込みしてしまったり、会場選びに悩んだりしてしまうこともあるのではと思います。

今回は、ガーデンウェディングを検討しているカップルのために、会場選びのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ガーデンウェディングの会場選びのポイント4選


ガーデンウェディングができる会場選びで大切なのは「天候対策」、そして「ガーデンでしかできない演出が可能か」です。ここではこの2つの面から、会場選びのポイントをご紹介します。

 

ポイント1.屋内会場の雰囲気をチェック

ガーデンウェディングにあたって一番心配なのは「雨や雪が降ったらどうする?」ということ。季節を選ぶことで悪天候のリスクは減らせますが、どうしても運に左右されてしまいます。

多くの結婚式場では、ガーデンウェディングが悪天候でできなくなってしまった場合、屋内会場に変更して結婚式を行えるようになっています。ですので、ガーデンウェディングを検討しているカップルは、ガーデンだけではなく、屋内チャペルや披露宴会場の雰囲気も確認することを忘れないようにしましょう。

例えば、屋内でもガーデンの雰囲気を感じられるガラス張りの会場だと、雨でも結婚式のコンセプトを変えずに楽しめそうですよね。逆にナチュラルテイストな結婚式を挙げたいのに、屋内会場は重厚感のあるゴージャスな雰囲気だと、イメージと合わないかもしれません。

そのほか、雨でも屋外挙式が可能な全天候型のガーデンや、テントなどの雨避けを準備し、小雨程度ならガーデンウェディングに対応しているような会場もあります。絶対に屋外でやりたい!とお考えの方は、こういったタイプの式場を探してみるのもおすすめです。

 

ポイント2.暑さや寒さ、日差し対策などの設備や準備

当日天候がよくても、長い時間屋外にいることで、日差しで疲れてしまったり、暑さや肌寒さで体調を悪くしたりしてしまうゲストなどもいるかもしれません。日よけテントや屋内の休憩スペースを設けてくれる会場や、ヒーターなどを準備してくれるところであれば、ゲストにも喜んでもらえるでしょう。

子どもや高齢のゲストにも配慮した、全員が快適に過ごせる会場かどうかをぜひチェックしてみてくださいね。会場設備での対応が難しい場合は、日傘やうちわ、ブランケット、ホッカイロなどを準備しておくと安心です。

 

ポイント3.希望する演出を行うことができるか

ガーデンウェディングの醍醐味といえば「屋内ではできない演出ができる」点ではないでしょうか。人気の演出としては、バルーンリリースやピジョンリリース、車や馬での入場、デザートビュッフェ、プロジェクションマッピング、花火など。どれも華やかで派手なので思い出に残りますし、結婚式も盛り上がます。

演出にこだわりたいカップルが、会場選びの際に忘れずにチェックしたいのが「その会場で、その演出は可能か?」ということ。特にリリース系のイベントや花火などは、周辺地域にも景観や音で影響を与えてしまうことや、安全上の理由などにより対応NGの会場もあります。特に都市部や街の中心エリアにある会場を検討している場合は要注意。

事前に結婚式場に確認して、対応できることとできないことを明確にするようにしておきましょう。

 

ポイント4.ウェディングフェアなどでスタッフの対応も見てみよう

屋内での挙式や披露宴に比べ、予想していなかったトラブルが起きがちなガーデンウェディング。晴れていたのに急に雨が降ってきたり、逆に雨だと思って屋内で準備をしていたら晴れてきたりといった天候変化。そのほか大掛かりな演出におけるトラブル、ゲストの体調不良なども起こりえます。

ガーデンウェディングでの突発的なトラブルにスムーズに対処できるかは、スタッフの質次第ともいえます。ウェディングフェアや会場の下見でスタッフと話す機会があれば、過去のトラブルやそれに対する対応などをぜひ聞いておきましょう。

また、ウェブ上の口コミサイトなどで、先輩カップルのレポートを見ておくのもおすすめです。

 

悪天候やトラブルがあっても安心できる、後悔しない会場選びを


ガーデンウェディングにおける会場選びのコツを4つご紹介しました。会場選びにおいて、一番チェックしておきたいのは「天候対策」。雨や雪が降った際に会場はどうなるか?スタッフの接遇はどうか?といった点をよく確認しましょう。

そして「演出」。自由度の高い演出が可能なガーデンウェディングだからこそ、自分たちの希望することができる会場かを事前に調べておくことが大切です。一生に一度だから、後悔のない結婚式にしたいですよね。この記事を参考にして、素敵なガーデンウェディングを叶えてくださいね。

家族挙式CMギャラリー 私より、楽しみにしてくれる人がいる。
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に