スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

【ゲスト】ガーデンウェディングにお呼ばれ!服装マナーをチェック



緑や色とりどりの花々に囲まれて行われるガーデンウェディング。ホテルなどでの挙式や披露宴よりも開放的な空気を楽しめるガーデンウェディングは、カジュアルでアットホームな雰囲気が魅力です。一方で、ゲストとしてはどんな服装で行けばいいのか迷うところでもありますよね。

今回は、ガーデンウェディングにお呼ばれした際の、ゲストの服装マナーをご紹介します。「ガーデンウェディングに招待されたけど、屋内での結婚式と服装を変えたほうがいいのかな?」とお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

 

ガーデンウェディングでのゲストの服装マナー5選


ガーデンウェディングにお呼ばれした際のゲストの服装マナーですが、基本的には屋内での結婚式のドレスコードを守れば問題ありません。一方で、マナー違反ではないけれども避けたほうが良い格好や、屋外だからこそ気をつけておきたいこともあります。

ここでは、ガーデンウェディングでの服装マナーを5つご紹介します。

 

1.基本的には屋内挙式や披露宴と同様のドレスコード

ガーデンウェディングであっても、ホテルや屋内結婚式場にお呼ばれした際のドレスコードを守っていればマナー違反にはなりません。露出が多い服や毛皮など殺生を想像させるもの、ブーツなど、一般的な結婚式に避けたほうが良いとされる服装はNG。

カジュアルなイメージのガーデンウェディングですが、あくまで結婚式ということを意識して服装を考えたいですね。

 

2.黒などは避けて、ガーデンに映える色選びを

服装選びの1つ目のポイントは「ガーデンに映える色選び」です。青い空、グリーンの芝生、カラフルな花々と、明るい色に囲まれた中で行われるガーデンウェディングですので、服装も明るめの色がぴったり。

女性はベージュやペールグリーンなどのパステルカラーの衣装を選ぶと、ナチュラルさと華やかさを演出することができるはずです。花嫁のカラードレスと服装がかぶってしまわないよう、念のため事前に確認を取っておくのがベター。

また、男性の場合はグレーのスーツにしたり、小物に色を入れたりすると場になじむのではないでしょうか。逆に黒の衣装は重苦しい雰囲気になりますので、できれば避けましょう。

どうしても濃色のドレスやスーツを選びたい場合はネイビーがおすすめです。

 

3.日焼け対策や暑さ・寒さ対策を忘れずに

服装選びでもう一つ気をつけたい点は「季節に合った格好」をすること。屋内での結婚式とガーデンウェディングとの大きな違いは、季節や天候に左右される点といえます。日中のガーデンウェディングの場合は、季節にかかわらず日焼け対策を忘れないようにしましょう。日焼け止めはもちろん、ショールやボレロを使っての日光対策も有効です。

夏のガーデンウェディングの場合は暑さ対策が重要。汗じみ対策にインナーで対応したり、着替えを用意しておいたりするのも手です。熱中症などのリスクもありますので、自分の体調変化にも気をつけるようにしましょう。

冬の結婚式では寒さ対策が大切です。暖房が用意されている場合もありますが、それでも寒さを感じるはず。ホッカイロを準備したり、ドレスやスーツのインナーを厚手のものにしたりして対策しましょう。アウター着用での参列が認められている場合でも、ダウンコートやマウンテンパーカーのようなカジュアルなものは避けるようにしてくださいね。

 

4.女性はハイヒールでなくてもOK

女性ゲストの靴として高いヒールのあるパンプスが主流ですが、ガーデンウェディングではハイヒールでなくても問題ありません。地面が芝生のため、屋内と比較してやや安定感に欠けるためです。また、ピンヒールだと芝生を痛める可能性があるので、ヒールに太さのある靴のほうが好まれる場合もあります。

気になる場合は結婚式場のホームページや新郎新婦に確認してみてください。ハイヒールでなくてもOKですが、ブーツなどは好まれませんので注意しましょう。

 

5.「平服」指定でもカジュアルすぎないよう注意

カジュアルな雰囲気が魅力のガーデンウェディングでは、新郎新婦から「平服でお越しください」と指定されていることもあるかと思います。「平服」とは平常時の服という意味ですが、当然ながらTシャツやパーカー、デニムなどの普段着はNGです。

女性はきれい目のワンピース、男性はジャケット+パンツスタイルにネクタイといった、堅苦しくないけれど、結婚式のような場にもふさわしい格好が良いでしょう。

新郎新婦からの「アットホームに楽しみたい」「気負わず緊張せずに来てほしい」という思いの表れだと理解して、屋外の雰囲気を楽しめるフォーマルな服装を心がけてみてくださいね。

 

ガーデンに映える、季節感のある服装を心がけよう


ガーデンウェディングにお呼ばれした時の、ゲストの服装マナーについて解説しました。キーワードは「色合い」と「季節感」。屋内での結婚式での服装マナーにこの2点のポイントを取り入れれば、ガーデンウェディングにぴったりの衣装選びができるのではないでしょうか。色鮮やかなガーデンに映える素敵な服装で、結婚式を楽しんでくださいね。